スラムダンク るい。 八村塁への海外の反応は本当にすごい?アメリカでの評価を検証!

バスケ歴20年の僕がおすすめする厳選バスケマンガ

スラムダンク るい

2019年6月20日に日清食品と契約したことをSNSで公表した八村塁選手 引用:公式インスタグラム 名前:八村塁(はちむら・るい) 年齢:21歳(2019年6月20日現在) 誕生日:1998年2月8日 身長:204.5cm 体重:108kg 出身:富山県 所属:ゴンザガ大学3年 八村塁さんは日本人の母とベナン人の父を持つ、日本生まれ日本育ちの日本人です。 高校では3年連続で日本一になり、必死に英語を勉強をして18歳でアメリカのゴンザガ大学に進学し、現在3年生の年です。 アメリカ人もうらやむ体格の持ち主で、アメリカのスポーツチャンネルなどでは、2019年6月20日に行われる NBAドラフト2019で上位ピック(早い段階で球団から指名される)の予想がされています。 その秘密は 1年で25センチも身長が伸びてポジションの幅が広がったことにあります。 ダンクシュートはもちろん、シュートレンジ(シュートが打てる範囲)も広く、体格は八村塁選手よりも劣るものの、 プレイスタイルは 赤木よりも河田兄の方が八村塁選手に似ていると思います。 全国大会2連勝を経験し、経験・自身に加え度胸が据わっているという意味でも、高校時代3連覇した八村塁選手に似てると言えるのではないでしょうか! 八村塁選手がまるでゴリ!の声が多数! テレビ見てて、 八村塁選手を見た第一印象… slam dunkの誰かに似てると思った。 — 美希 m1k1n0k0 八村塁選手ってスラムダンクの漫画の中に出てくる人にしか見えない。 そして声が良い。 — みつ。 Bリーグだけじゃまだ厳しいかもしれんが、八村塁って言う才能も間違いなくバスケ人気に火を付けるはず。 コメントも面白いし、スラムダンク以来の救世主。 バスケ面白いやん。 — まつなっつ matsunattsu ねぇバスケの八村塁さんてすごんスラムダンクのゴリさんだよね — むきたむ RollingMikanz 高校バスケットウインターカップ男子決勝見たが、明成高校のスーパースター八村塁がスラムダンクのゴリそのものだ。 身長もゴリと同じだし体もごっつい。 ただ、ゴリよりスピード、ドリブル、シュート力は上回っている。 アフリカ系ハーフだけあって身体能力が素晴らしい。 今 日本で1番 NBAに近く、日本で1番スラムダンクっぽい男。 リアルゴリラダンク 決めれる リアルゴリ。 もちろん褒め言葉 そんでもって 妹に勝利を捧げちゃったりするんだからバスケファンだけでなく 漫画好きのましゅまろも お熱! — ましュまろ 上海蟹座 p57iE7DKPnoQZc2.

次の

八村塁への海外の反応は本当にすごい?アメリカでの評価を検証!

スラムダンク るい

不朽の青春バスケ漫画スラムダンクの人気キャラクター三井寿。 中学時代には神奈川県のMVPに輝いた三井は、高校に入ると膝の怪我でバスケから離れ不良になるが、3年生のときにバスケ部に戻ってきて湘北のインターハイ出場に貢献するという、なんとも憎いキャラクターである。 そんな絶頂とどん底を味わった三井は様々な名言を残している。 あきらめの悪い男三井寿のベスト名言集をまとめてみます。 得意なプレーは何と言っても3ポイントシュートだが、バスケセンス抜群でどんなポジションでもこなすことが出来る。 中学時代の恩師である安西先生に恩返しするため湘北バスケ部に入部するも、膝の怪我によりバスケを離れ不良になってしまうが、体育館で安西先生と再会し隠していたバスケをしたい気持ちが爆発。 再び全国制覇を目指すことに。 ブランクがあるため体力が少ないのが目立つが、得意の3ポイントシュートを武器に湘北のピンチを何度も救う活躍を見せ、スラムダンクの中でもトップクラスの人気を誇っている。 三井寿ベスト名言集 「まだ時間はあるぞ!!絶対勝てる!このスーパースター三井がいるかぎり」 湘北バスケ部に入部した新人の三井は自己紹介の際に、ポジションはどこでも出来ることを宣言した。 絶対的な自信を持つ三井らしいん名言だが、三井は実際に複数のポジションをこなすことができ、練習中にはセンターを務め桜木を完全に封じ込めている。 三井は3ポイントシュートだけでなく、バスケットセンスがずば抜けているのだ。 「目標は湘北高校全国制覇!!日本一です!!」 湘北バスケ部に入部した新人三井は、自己紹介をしたあとに全国制覇を宣言した。 このとき三井だけでなく、赤木も全国制覇を目標にしていた。 「何言ってんだおめーら。 いい脇役がいないと主役も生きないだろ!!」 武石中バスケ部の連中が小暮に対し「これで俺たち3年間脇役で決まりだよ」と言うと、三井が、「いい脇役がいないと主役も生きないだろう!!」という。 生粋のスター選手である三井らしい自信に満ち溢れた名言である。 「安西先生... 」 「バスケがしたいです... 」 神奈川県予選決勝リーグ出場をかけた翔陽との試合中に放った名言。 神奈川県2位の翔陽に対し劣勢を喫した湘北だったが、逆境でこそ燃える三井が後半に爆発し見事湘北を勝利に導いた。 バスケ部に復帰した三井が湘北を救った初めての瞬間である。 「ここで働けなけりゃ、オレはただの大バカヤロウだ」 「さっさと続きを始めるぞ!!」 「オレの気持ちが冷めないうちにな!!」 翔陽戦でブランクにより激しく体力を消耗した三井は、フリースローを貰った。 通常なら少しでも体力を回復させるために時間を使うところ、三井はすぐさまフリースローを放ってしまう。 体力は限界だが気力はまだまだこれからといったところだろう。 三井はプレーだけでなく精神面でも湘北バスケ部を引っ張ている。 「ウチのセンターは赤木だぜ!!」 勝てばインターハイ出場が決まる陵南戦で、自信たっぷりにセンター赤木にパスをしながら放った名言。 陵南には身長2mセンター魚住がいるが、同級生の赤木に絶対の信頼を持つ三井は赤木が魚住に勝つことを信じ切っている。 スポンサーリンク 「しかし今日の三井寿はいいぜ.... 山王よ」.

次の

SLAM DUNKの登場人物

スラムダンク るい

あらすじ中学3年間で50人の女の子にふられた桜木花道。 高校生となった彼は、ふと声をかけてきた女の子・赤木晴子に性懲りもなく一目惚れ。 その「バスケットはお好きですか? 」との問いに花道は…!? スポーツ漫画の最高峰!1億冊売れたバスケ漫画の金字塔 バスケットボールマンガを語るうえでスラムランクを外すことはできません。 僕自身死ぬほど読んできた作品で熱い想いを1万字ぐらいで書いたこともあります。 スラムダンクは主人公でありバスケ初心者の桜木花道が好きな女の子・赤木晴子の気をひくためにバスケをはじめるという典型的なスポーツ漫画です。 特に凝った設定があるわけではなく、弱小高校が全国レベルの強豪と渡り合っていくというのもよくある展開と言ってもいいでしょう。 にも関わらず ここまで多くの人に愛されているのはまさに圧倒的な王道を行く作品だからでしょう。 あらすじ 過去に起きた暴力事件によってほとんどの部員が去り、4人しか残らなかったことでチームが組めず、休部状態になっていた瑞穂高校男子バスケットボール部。 部員の藤原達が2年生の秋、元天童寺高校バスケットボール部キャプテン・哀川和彦の転入、突然の入部により、部員達の心にくすぶっていた「全国制覇」の夢を目指していく。 スラムダンクと双璧をなすバスケットボール漫画 シリーズ累計78巻。 25年連載とバスケ漫画で最も長期間連載し4000万部以上売れた大ヒット作。 バスクを始めたばかりのころに手に取り、当時は都合よく4人の高校にIH優勝校のキャプテン しかもなぜか2年生なのにキャプテン が転校してくるという本当に昔の漫画っぽい展開に違和感を全く覚えず「スラムダンクより面白いバスケ漫画を見つけた」とテンション上がったものでした。 DEAR BOYSの主人公哀川は175センチでダンクするという背の低い日本人にとって本当に夢のある主人公でした。 前半は哀川の個人技+藤原とのコンビネーション主体のゲーム展開でした。 あらすじ 1996年にJ-SPORTSのHPでフルカラーで連載されたウェブ漫画。 西暦2xxx年、地球で生まれたバスケットボールは全宇宙に広まったが、最高峰の宇宙リーグは異星人に席巻され地球人選手は一人もいなかった。 そんな状況 を打破するため大富豪の老人・ヨシムネが私財を投じて地球人だけの最強チーム設立を計画。 集まる地球人選手の中にストリートチルドレンのヒデヨシがいた。 ヒデヨシは地球最強チームのメンバーになるためにテストを受ける。 元祖WEB漫画!すべて無料で読めたフルカラーの傑作! HPで全部無料で読めたオールカラーのバスケ漫画。 今は見れなくっているようです。 当時は逆にインターネットにつないであるPCを持ってる家の方が少なかったので単行本を買うしかなかったわけですが汗。 あらすじ 奥津山高校一年生の小田中雄太。 バスケットボールバスケットボール部 で補欠選手の彼の元に、幼い頃両親の離婚によって生き別れていた兄、英太が10年ぶりにアメリカから帰国する。 兄の指導により雄太はどんどん成長し強豪校を次々と撃破する。 知る人ぞ知るバスケ漫画の隠れた名作 この作品を知っている人はかなり少ないのではないでしょうか。 全6巻とヒットしたとは言えませんが、よくできたバスケットボール漫画です。 主人公がかなり小さいということで背の低い人はかなり感情移入して読める作品です。 私自身身長が低かったのでどっぷりハマりましたね。 小さくて早い、まさに日本のポイントガードを題材にしたバスケ漫画でした。 最後は国体というのがいいね。 古本でさえなかなか手に入れることができないので見つけた人はラッキーです。 電子書籍化が待たれる古き良き作品。 中学ではサッカー部でやっぱ補欠。 大会はいつも応援席で、試合の主役に拍手を送る役だった。 上南高へ入学した俺、成瀬徹が入ったのは今はやりのバスケ部。 かっこいいシューズも買ったし、今度こそ、と気合いを入れて臨んだ初日の練習で大失態。 でもそこで、先輩のものすごいプレ-を目にした俺は……。 当時は珍しくストリートバスケから人気が出た作品。 その後高校部活バスケへと舞台を移すという大胆な展開は今も覚えています。 ただバスケ経験者からすると「エア」とかいって異常なジャンプをしたり、ありえないシュートフェイントや聞き手と逆の手によるジャンプシュートやら目につく描写が多かったのも事実。 好き嫌いがはっきり分かれる作品といってもよいでしょう。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の