ファーストサマーウイカ 黒歴史。 [B!] ファーストサマーウイカさん「黒歴史も全部、旨味になりました」

ファーストサマーウイカの売れるための緻密な戦略にオードリー若林が「あなたオンラインサロンで稼げる!」と感嘆

ファーストサマーウイカ 黒歴史

誰しも人生で何人かはいる「あこがれた人」や「嫉妬する相手」。 「他人と比べない社会」を良しとする風潮の中で、それでも自分の中にある「羨ましい」「あの人みたいになれたら」の声に耳を傾けることで、次に頑張るべき課題や目標が見えてくるかもしれません。 今回は、2019年12月のライブを機に解散するBILLIE IDLEのメンバーで、タレントとしても活躍中のファーストサマーウイカさん、後編では「嫉妬」との付き合い方について伺いました。 前回、前々回のベッド・インちゃんまいさんと、夢眠ねむさんは「しないです」という2人だったのですが。 ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ): 私はめっちゃしますね。 橋本環奈ちゃんのCM観て「わぁええなぁ……こんなんに生まれたら最高やん!」とか広瀬香美さんが歌ってるのとか聴いたら「こんなに歌うまかったら幸せやろなー!」とか。 人に対してすぐ羨ましいと思います。 ウイカ: ただ、嫉妬といっても、自分を卑下するようなことはあんまりないです。 「私なんて」みたいな感情よりは「ええなぁー!」っていう方。 ファミレスで友達の頼んだメニューを「そっち頼んだらよかったわぁ、一口ちょうだい!」みたいな羨ましさです。 たとえば、最近BiSHというグループがすごく人気があって、私はBiSという姉貴分の、血の繋がったようなグループにいたので、タイミングが違ったらBiSHにいる未来もあったかもしれない、なんて人に言われたり、自分でも思うことはあるんですけど。 でもそこで「あー!BiSHにいたらもっと売れてたのかもしれないのに!」じゃなくて「私がいなかったらBiSHは存在してなかったな」って思えちゃう。 ウイカ: 私の大好きな芸人さんと共演してたらそりゃもう、その度に血の涙を流して観てますよ(笑)。 でも、よく「嫉妬心があるから頑張れる」っていうじゃないですか。 私まさにそれで。 歌が上手い人が羨ましい、じゃあ、自分はどうやったら違う部分で魅力が出せるだろう?って考えたり、「BiSHが人気?オッケー、ここは人気に乗っかったろ。 どや、うざい先輩やろ?」って、おいしいとこどりでバネにしようと思えちゃう。 いわゆる「私が良いと思ってたものって、売れていくねん!」っていうあれです。 だから、いいなぁって嫉妬できる存在のまさにその「いいなぁ」の部分をうまく取り入れたら、自分の良さにできるんじゃないかって。 この「いいなぁ」とか「すてきやなぁ」ってフラットに思える感覚は消さないようにしていますね。 羨ましいって思える性格でよかった。 ウイカさんにとってどういう場所でしたか? ウイカ: 「唯一の、クリエイティブな種を撒いて花を咲かせるということをする場所」ですかね。 私、あまり率先してものづくりをするような人間ではないんです。 グループの活動として作詞をすることはあっても、普段からポエムを書いてきたというわけではない。 作詞や振り付けは、プロジェクトの中で人から勧められて「私がやったらおもしろいんじゃないか?」という感じで、戦略的にやらせてもらっていた。 あくまで自分のことはパフォーマー側だと思っています。 なので、そういう場がなくなるというのは結構大きいことかもしれません。 一貫して「来たモンは全部やる精神」って感じだったんですね。 よく、「流木のように生きたい」言ってるんです。 「バンドをやりたい」「女優になりたいかも?」発端はいつも自分、でもそこからは波に揺られるままに、たどりついた島に滞在していくような人生。 波や風という人や縁に左右されながら、どこかへ連れて行ってもらえるような生き方をしていきたいと。 だから、次にバンドなのか劇団なのかわからないけど、もしそういうものをゼロから作るような活動をするとしたら、それは人生で初めてのことになるかもしれないです。 流されるにしてはあまりにも涙も多い荒波すぎる20代だったように見ていて感じました。 ウイカ: たしかに、波に逆らうこともできたかもしれないし、何ならこの先、朽ち果てて沈んじゃうこともあるかもしれない。 でも、そんな自分をおもしろがれるか否かが大事だって思います。 ウイカ: そうそう。 29歳の女性がこの世界で戦っていくってなったら、相当ふんばらないと一瞬で消えちゃうだろうとか、どうやったら嫌味な感じに見えないだろうとか、いろんなことを考えます。 でも、私っていう流木、相当、稀有(けう)なところに流れ着きながらここまできてるんじゃないかと。 こんな変な経歴そうそういない。 それは、私が「圧倒的に普通な人間だったから」だと思うんです。 何ひとつ人より秀でてると自分では思ってません。 でも、それをできるだけ払い落とさない、要は、やってきたこと全部無駄にはしてこなかったつもりです。 実は私、声優の専門学校に1年だけ通って中退したんです。 こんな風に後々の人生に役立つんだなぁって思いました。 だから、困難なことや辛いことがあっても、全部明日のネタにしてやろうって思ってやっています。 たまに収録で滑って大泣きして帰ることもありますけど……。 ーーかなり落ち込むタイプですか? ウイカ: 新幹線で2時間半泣いて帰ってくるときとかありますけどね(笑)「なんであそこであれ言われへんかったんやろ」ってボロボロ泣きながら。 でもそれも次の収録でその話をしたら大ウケしたりすることもあるから、拾ったものは全部使うし、自分の身から出たサビですら使う。 多分これからも、そうやって生きていくと思います。 取材後記:「声優になりたい」という夢は黒歴史だったと話してくれたウイカさん。 「でも小学校の卒業文集の時に書いた「声優」という夢を、進路を決めるときに思い出して繋がって、その学校に通ったことが今、仕事に繋がって。 ずーっと昔の自分からバトンを繋いでもらってるんです。 グループの解散も、今ここで話していることや、この記事も、なにか次のバトンになるかもしれない。 これ『憧れバトン』って企画なんですよね? 私が次にバトンを渡す人にも、新しい発見があるかもしれない、それが私に返ってくるかもしれない。 そんな風に思います」。 とうれしい言葉をくださいました。 ウイカさんが「憧れた」次のバトンを受け取る人は……? 次回もぜひお楽しみに。 2014年、NIGO R プロデュースのもと「BILLIE IDLE R 」を結成。 女性5人組で楽曲リリースとライブ活動を行う。 本年12月の「LAST ORGY」ツアーをもってグループは解散する。

次の

ファーストサマーブレイクきっかけは?面白いキャラは限界で売れた理由は歌うまいから?

ファーストサマーウイカ 黒歴史

ファーストサマーウイカさんがBisで活動していたのは、2013年5月から2014年7月のグループ解散までの約一年間です。 BisはPV(プロモーションビデオ)が過激なことで知られます。 Bisのデビューシングル「My lxxx」では、メンバーは樹海の中で前貼りをしただけのほぼ全裸で樹海の中で撮影されました。 この動画はyoutube視聴に年齢制限がかかりました。 ファーストサマーウイカさんが活動していた期間にBisがリリースしたシングルは• DiE• STUPiG• どれも強烈なメッセージ性がある作品です。 ファーストサマーウイカのBis時代の過激なPV 「DiE」 ファーストサマーウイカさんがBisに所属してからすぐにリリースされた「DiE」。 AV撮影の技術で撮影され話題になり、オリコン最高6位となります。

次の

ファーストサマーウイカの売れるための緻密な戦略にオードリー若林が「あなたオンラインサロンで稼げる!」と感嘆

ファーストサマーウイカ 黒歴史

この日、ウイカANN0の前の番組が「西川貴教のオールナイトニッポン」 ちょっとだけ出演させてもらい、西川のアニキリスペクトのウイカさんは、少し興奮気味。 しかし1時間後、これ以上に興奮することが起こります。 先週の放送で、「高校卒業してすぐ声優の学校に通っていたものの1年で中退。 本人曰く黒歴史」というエピソードを紹介したことからメールテーマは「黒歴史」。 リスナーからのエピソードを聞き、自分の学生時代を思い返したウイカさん。 「フラッシュ動画」「前略プロフィール」「mixi」など懐かしのSNSを振り返っていた所、 3時56分。 その時、歴史が動きます。 番組公式Twitterアカウントに返信が。 会話できませんか?」 このツイートを番組スタッフが発見。 そこからはあっという間。 安田顕さんに電話が繋がっていました。 「このラジオ、4月から始まったばかりなんですけど、みんなからは土手ラジオって呼ばれてて」 『土手って何ですか?』 「土手っていうのは、恥骨の部分が高く盛り上がっているために土手と表現しているんですけど」 と、いきなり土手の話から会話がスタート。 安田顕さんは、エゴサーチをしている時にたまたま見つけてくださったらしく、嬉しくなって連絡をしてくれたそう。 たった15分の電話でしたが、安田さんの口からは名言が飛び出ました。 これまでに番組で紹介した仰天エピソードを紹介したところ、 『間違ったものは一切ございません。 人というものは過ちというものがございますから』 リスナーからの「黒歴史はなんですか?」という質問には、 『黒か白かといったら、私は全て黒いです』 とても深く重い言葉。 ウイカさんだけでなく、全てのリスナーの心に突き刺さりました。 「このツッコミの人、前戯長そうやな〜」 件名は「盗聴」でお願いします。 AMで感覚が麻痺したままFMに行くのは非常に危険です。 リスナーの皆様からメールでいただいたエピソードをウイカさんがFM風に読むので、その文章の中に、こっそり下ネタを潜ませてください。 その「ステルス下ネタ」に気付いて指摘できるかどうかで危機回避力を測ろうというチャレンジコーナーです。 エピソードと一緒に「FMっぽい架空の番組名」を書いて送って頂けると嬉しいです! 件名は「FM」でお願いします。 全てのコーナーの受付メールアドレスは です。

次の