オムロン コロナ。 「オムロン」のニュース一覧: 日本経済新聞

オムロン社長に聞く「コロナ前に高収益の車載機器事業を売る決断ができた理由」

オムロン コロナ

立石義雄 オムロン元社長 オムロン元社長で、事業の多角化や本格的なグローバル展開を進めた立石義雄氏(たていし・よしお=現名誉顧問)が21日午前0時27分、新型コロナウイルス感染症のため京都市内の病院で死去した。 80歳だった。 大阪市出身。 葬儀は近親者で行う。 喪主は長男郁雄(いくお)氏。 京都市によると、立石氏は2日に発熱。 5日に医療機関を受診したところ、画像診断で肺炎が確認されたため入院。 6日に新型ウイルス検査で陽性と判明し、治療を続けていた。 オムロン創業者、故立石一真氏の三男で、1963年に立石電機(現オムロン)に入社。 自動改札機の事業化などに取り組んだ後、87年に47歳で社長に就任した。 90年に社名を変更。 在任中の16年間で、海外売上高を4倍に拡大するなど国内外合計の売上高を就任時の1.9倍に当たる約5300億円に引き上げた。 財界活動にも積極的に関わり、オムロン会長だった2007年に京都商工会議所の会頭に就任し、今年3月まで13年間務めた。 17年旭日重光章受章。

次の

立石義雄氏が死去 オムロン元社長 :日本経済新聞

オムロン コロナ

医療現場などで自律走行して消毒・除菌する は26日、工場などで使われる自動搬送ロボットの除菌用途での活用を世界10カ国以上で始めたと発表した。 病院や学校などを自律走行し、紫外線を照射したり消毒液を散布したりする。 新型コロナウイルスの感染拡大で除菌作業の需要は高まっており、ロボットの活用で作業時の二次感染を防ぐほか、作業人員を減らすことにつなげる。 自動搬送ロボットに除菌効果があるとされる紫外線照射器を設置したり、消毒液の散布機能を付けたりする。 時間、ルートを事前に設定し、医療現場や公共施設を自律走行して消毒・除菌する。 フランスやカナダ、シンガポールなど世界10カ国以上のシステムインテグレーター(SIer)と個別に連携。 オムロンがロボットをSIerに販売し、SIerが除菌機能を付けて病院や学校などのエンドユーザーに提供する。 導入コストは1台600万~800万円程度。 国内でも導入に向けて開発を進めており、導入済みと開発検討中のSIerは世界で20社を超える。 自動搬送ロボットは本来、工場などの生産現場や物流拠点で製品などを運ぶ用途で使われる。 オムロンのロボットはレーザースキャナーを使って地図を自動生成し、ルート上の人間や箱などの障害物を自動的に避ける自律走行が可能だ。 一つのコントローラーで複数台のロボットを制御する協調運転もでき、世界で数千台が使われている。 新型コロナの感染拡大で公共施設や医療施設での除菌や消毒作業のニーズは高まっている。 ただ、作業者の負担が増えるほか、作業による二次感染などのリスクもある。 自動搬送ロボットを除菌・消毒に転用することで「こうした課題を解決する」(オムロン)としている。

次の

オムロン名誉顧問 新型コロナ感染の真相がヤバイ?!

オムロン コロナ

オムロンは、お客様と共に 世界中でモノづくり革新を続けていきます 各国で緊急事態体制が敷かれる困難な状況下においても、モノづくりは世界中の医療・生活・社会インフラなどエッセンシャル基盤を支える重要な役割が求められています。 その中で、グローバル生産網、販売・サービス拠点を通じて、世界中のお客様に安定した商品供給、サポートを続けていくことが、長年に渡りモノづくりの源流に携わってきたオムロンの社会的責任と考えます。 「営業窓口・当社事業拠点」の対応• 新型コロナウイルス感染症の終息には長期間を要することが予想されており、今後も感染状況や新たな働き方の施策の進捗に応じて、状況を踏まえつつ、柔軟な運用を行います。 事業所・営業所への電話は、通常通り窓口業務を行っています。 「お客様相談室」の対応 従業員の安全確保と緊急性の高いお問い合わせのサービス継続のため、最小限の人員にて受付時間を短縮し電話相談対応を継続しています。 そのため、電話相談応対では、お呼び出しに大変時間がかかる状況となっております。 できる限り、Webフォーム・FAX相談のご活用をお願い申し上げます。 モノづくり革新の歩みを止めない、 オムロンの豊富なサービス・サポート 設計したい・設備を立ち上げたい・保守を任せたい お客様の業務プロセスに合わせたサービスを幅広くご用意し、サポートさせていただきます。 18時までのご注文なら当日出荷!制御機器を1個からお届け 在庫品なら、Webは18:00、電話・FAXは17:30のご注文まで当日出荷が可能です。 お客様の業務への お役立ちコンテンツ いつでも・どこでも・知りたいときにオンラインで学習 Web環境で受講できるため、職場・自宅で、時間・場所を問わず自分のペースで繰り返し何度でも学習できます。 商品の使い方から、工程や課題解決のヒントがつまった動画ライブラリ 組立・搬送・検査など様々な工程で役立つ商品や、品質向上・効率化といった課題解決のヒントとなる事例を動画でわかりやすくご紹介します。 モノづくり現場の課題解決を実現する、先進の商品・サービス 現場の課題解決に活用できる商品・サービスの最新情報・事例をご紹介した各特設サイトです。

次の