スペーシア カスタム mk53s。 スズキ スペーシア カスタム のホイールサイズ

新型 スペーシア MK53S カスタム パーツ フロントグリル グリルガーニッシュ + フォグガーニシュ カバー メッキ カーボン調 外装 :mpfgcsz0166p:くるまドットコム

スペーシア カスタム mk53s

標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 ) 機種名 HYBRID XSターボ HYBRID XS メッキインサイドドアハンドル ドアアームレスト加飾[ブラックパール] ドアトリムクロス パーソナルテーブル[ドリンクホルダー各2個、ショッピングフック各3個、折りたたみ格納式](後席左右) アクセサリーソケット(後席右側) ラゲッジルームランプ その他の全車標準装備• 標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 ) 機種名 HYBRID XSターボ HYBRID XS インパネドリンクホルダー(運転席、助手席) インパネアッパーボックス(助手席) インパネボックス(助手席) インパネセンターポケット 助手席シートアンダーボックス フロントアームレストボックス 助手席シートバックポケット ユーティリティナット(4ヶ所) その他の全車標準装備• 標準装備• メーカーオプション(ご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 対応ナビゲーションを装着することで、全方位モニター、3Dビュー、左右確認サポート機能が使用可能となります。 また、字光式ナンバープレートは取り付けることができません。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 *ESPはDaimler AGの登録商標です。

次の

【楽天市場】スペーシアカスタム パーツ MK53S スペーシア MK53 メッキ スズキ アクセサリー 新型 カスタム ドレスアップ フォグランプ フォグ フォグカバー ガーニッシュ ベゼル フロントグリル グリル 6P セット カーボン バンパー パネル フロント 外装:くるまドットコム

スペーシア カスタム mk53s

「スペーシア」は、手ごろなファミリーカーとして女性ドライバーを中心に拡大している軽ハイトワゴン市場に向け、「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発した軽乗用車。 今回、全面改良を行った。 ラインアップは、0. 6L DOHC吸排気VVTを搭載する「ハイブリッドX」、「ハイブリッドX 衝突被害軽減ブレーキ非装着車」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドG 衝突被害軽減ブレーキ非装着車」を用意し、共にCVTを組み合わせる。 軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載。 安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実させた。 衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、軽自動車で初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備した。 エクステリアは、厚みのあるフロント部、切り立ったフロントガラス、丸四角いボディーに高いベルトラインで、実際の広さだけでなく見た目にも広さや大きさを感じるデザインで「ワクワク、楽しさ」を感じる新しいスタイルとした。 また、より広い室内空間に、低床で開口を広くした乗り降りがしやすい後席両側スライドドアや、荷室高を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームなど、利便性をさらに向上させたパッケージングを採用。 運転する人だけでなく後席に乗る人にも快適な機能や装備を充実させた。 主な型式 Spacia 主なEG型式 R06A 取扱いカスタムパーツ.

次の

【楽天市場】スペーシアカスタム パーツ MK53S スペーシア MK53 メッキ スズキ アクセサリー 新型 カスタム ドレスアップ フォグランプ フォグ フォグカバー ガーニッシュ ベゼル フロントグリル グリル 6P セット カーボン バンパー パネル フロント 外装:くるまドットコム

スペーシア カスタム mk53s

気に入って長く使っているスーツケースには、旅の思い出がパンパンに詰まっている。 だんだんとついてゆく汚れや傷もまた、愛着を深める味になる。 スズキの新型「スペーシア」は、そんなスーツケースをモチーフとしたデザインで登場した。 フロントウィンドウを立ち気味にして、いかにも荷物がたくさん入りそうな大きさを表現。 ジッパーのようなフロントグリルを使い、ベルトラインを高くすることでぽってりとした厚みを強調したボディ。 人気のスーツケースブランドを思わせるビードがサイドに入り、ぐるりとドアウィンドウを囲んだ部分もスーツケースのハンドルのイメージだ。 四隅のタイヤはキャスター、2トーンカラーのモデルにはルーフレールが装着されて、今にもコロコロと引いて歩き出せそうなところが面白い。 スペーシア HYBRID X(ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ)。 スペーシアの2トーンルーフ車はルーフレールを純正装着しているため、ほかのモデルより全高が15mm高い インテリアでも同様に、インパネアッパーボックスなどにスーツケースを思わせるデザインが施され、これはなかなか凝っている。 生活感を消すのが難しいスーパーハイトワゴンだからこそ、このデザインはよりユーザーの心に響きそうだ。 ルーフエンドスポイラー、導光レンズを使ったLEDリアコンビネーションランプをスペーシア カスタム全車で標準装備 ただ、1つ悩ましいのはパワートレーンの選択だ。 66リッター直列3気筒ターボエンジンを用意しているが、ターボが選べるのはスペーシア カスタムの最上級グレードのみ。 ファミリーユースを想定し、旅のワクワク感を強調するデザインにしたならば、標準デザインにもターボを設定した方がよかったのではないかと思ったが、チーフエンジニアの鈴木猛介さんに聞いたところ、「確かにそうした意見もありましたが、ひとまずはこれで行こうということになりました」とのこと。 ところが、14インチタイヤを履くスペーシアのHYBRID Xは全ての席で乗り心地に落ち着きがあり、カーブでのしなやかさもあって、自然な感覚で運転できる。 今回は大人4人フル乗車で試乗したので、実際にファミリーで荷物を積んで出かけるシーンでも同じような印象となるのではないだろうか。 自然吸気エンジンは市街地ではややアクセルを踏み込む回数が多いものの、パワーは必要十分。 高速道路でもステアリングにあるパワーモードのスイッチを押すと、エンジンとCVTの制御変更やモーターアシストのトルクアップに助けられ、ここぞの追い越しもラクにできたが、やはり余裕のクルージングを続けるにはもう少しパワーが欲しい。 スペーシアのHYBRID X、スペーシア カスタムのHYBRID XSとHYBRID XSターボで標準装備する「スリムサーキュレーター」。 スリットから小風量の高速気流を吹き出して周囲の空気を誘引。 大きな空気の流れを作り出して車内全体の温度を均一化していく それを解決すべく新採用されたのが、車内の空気を循環させて素早く温度を均一にしてくれる「スリムサーキュレーター」(一部のグレードに標準装備)で、ちょうど前席の頭上あたりの天井に設置されている。 また、エアコンを全開にしても前席の人に風が強く当たらないよう、風量調節だけでなく風を拡散させる機能がついたエアコンルーバーも軽自動車初採用された。 4人乗車で試したところ、スリムサーキュレーターは作動音がちょっとうるさく感じるものの、暖かい風が天井付近に溜まることなく、室内全体に効率よく回っているのが感じられた。 運転席でも、顔に風が直撃するような不快感がなかったのは初採用のエアコンルーバーのおかげだろう。 ただ、これはデビュー当初から「リヤサーキュレーター」を採用している日産「デイズ ルークス」&三菱自動車「eKスペース」も同様なのだが、運転席からはサーキュレーターをとても操作しにくい。 というより、ほぼできないに等しい。 ママとチャイルドシート装着の子供だけで乗っているような場合に、子供が暑がったりしたら運転席からこまめに調節できればもっと便利だと感じた。 後席は前後に210mmスライド。 スライドのロック解除は座面前方のノブのほか、荷室側のトラップでも操作可能 収納に関しては、スズキは「ボックスティッシュをいかにうまく収めるスペースを作るか」ということにこだわるメーカーという印象があるが、今回はインパネの助手席前方に引き出し式の収納スペースを作り、そこにボックスティッシュがすっぽり入るようになっている。 細々とした物をサッと出し入れしやすいポケットも、ドアトリムやセンターパネルなどに豊富にそろっており、スズキお約束の「助手席シートアンダーボックス」も健在で、申し分のない収納力。 鈴木さんに「私はここによくカギやリップクリームを放り込んで重宝していたんですけど」と話すと、「近ごろは乗り降りの際やドアを開け閉めするときに、しっかり握って掴めるグリップがほしいという要望が多いんです」との答え。 確かに、軽自動車としてはドアが大きめとなるだけに、風の強い日の開け閉めや、子供やお年寄りなどの支えとして、グリップがあった方が安心かもしれない。 こうしたユーザーの要望の変化を敏感に感じ取って、素早く商品に活かしてくるところに感心したのだった。 ポケットタイプではなく下まで開放型にすることで、ネイルなどで彩った女性の指先が当たりにくく、ドライブ中に同乗者が握りやすいこともメリットになる 室内空間の広さとしては、天井の高さが1410mmと先代より35mmアップし、N-BOXの1400mm、タントの1365mmを抜いて一気にトップへ。 しかし、室内幅1345mm、室内長2155mmはN-BOX、タントには及ばない。 これは快適性だけでなく、ヒップポイントが前席で30mm、後席で15mm高められ、運転のしやすさや後席の乗降性をアップさせることにもつながっている。 さらに、この高さが大きく効いてくるのが荷室の使い勝手。 フロアの地上高を先代比-25mmの510mmに抑え、開口部の高さを1150mmと大きく取ったことで、通常の荷物はもちろん、27インチ自転車が余裕で積めるようになっている。 掃き出し口には自転車のタイヤを乗せることでスムーズな積み込みを助けるガイド溝があるのも親切だ。 左右分割式でフラットにできる後席との段差もほとんどなく、これは使いやすい。 4人乗車でも各自のバッグやカメラ機材などが収まるスペースが取れたので、工夫すればファミリーの旅行にも使いやすいはずだ。 オプション装備の全方位モニター。 「室外視点」「室内視点」の2種類で自車周辺の状況を表示する「3Dビュー」を軽自動車として初採用した さて、最後は安全装備について。 新型スペーシアはベースグレードとなるHYBRID Gから、「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめとする先進安全技術「スズキ セーフティ サポート」を用意している。 どのグレードにも「非装着車」(5万9400円安)を用意しているが、基本的には全車に標準装備だ。 そして軽自動車初の装備として、後退時にも衝突回避または被害軽減を助ける「後退時ブレーキサポート」を搭載。 N-BOXのようにACCによる追従機能までは付かなかったが、フロントウィンドウ投影式のヘッドアップディスプレイの採用や、全方位モニターには「3Dビュー」を追加するなど、軽自動車初の装備が盛りだくさんとなっている。 追従機能は長距離を頻繁に走行するユーザーには恩恵が大きいが、近所のチョイ乗りがメインならそれほど使うシーンがない。 新型スペーシアは、そうしたユーザー層の使い方を考えて、必要な安全装備を厳選してきたと言えるだろう。 まるも亜希子/カーライフ・ジャーナリスト。 映画声優、自動車雑誌編集者を経て、2003年に独立。 雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディア出演のほか、モータースポーツ参戦や安全運転インストラクターなども務める。 海外モーターショー、ドライブ取材も多数。 2004年、2005年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。 日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。 17~18年日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 女性のパワーでクルマ社会を元気にする「ピンク・ホイール・プロジェクト(PWP)」代表。 ジャーナリストで結成したレーシングチーム「TOKYO NEXT SPEED」代表として、耐久レースにも参戦している。 過去に乗り継いだ愛車はVWビートル、フィアット・124スパイダー、三菱自動車ギャランVR4、フォード・マスタング、ポルシェ・968など。 ブログ「運転席deナマトーク!」やFacebookでもカーライフ情報を発信中。

次の