歯を白くする方法 中学生。 自宅で簡単に歯を白くする方法5選・NGケアまとめ

自宅で簡単に歯を白くする方法5選・NGケアまとめ

歯を白くする方法 中学生

しっかり歯を磨いているのに、歯が汚く見られるのは嫌ですよね。 汚く見える原因は歯の着色や歯並びなどが関係しています。 今回は歯が汚く見える原因と、歯をきれいにする方法を紹介します。 歯が汚く見える8つの原因ときれいにする方法 ステインの付着 紅茶やコーヒーなどに含まれるステインによって、歯が汚く見えてしまうことがあります。 ステインは普段の歯磨きだけでは、なかなかきれいに落とすことは出来ません。 プロの手入れが必要だから、歯科医院で歯科衛生士にクリーニングしてもらいましょう。 歯石の付着 歯石に覆われた歯は歯茎も汚く見えて、口臭もあって不潔な状態です。 歯医者さんで歯石をきれいにとれば、清潔感があってきれいな歯になります。 歯の色が黄色い もともと永久歯は黄色がかった色で、汚い色ではないのですが、ホワイトニングした白い歯に比べると、どうしても汚く見えてしまうものなのです。 よりきれいな歯に見せたい方には、歯のホワイトニングをお薦めします。 被せ物の劣化 保険で扱うプラスチックの被せ物は2、3年すると黄色く変色し、土台の金属のせいで根元や歯茎が黒くなって汚く見えてきます。 機能的には問題ないのですが、きれいに見せたいなら変色や劣化しないオールセラミックで治療することが薦められます。 虫歯が見える 前歯は歯と歯の間から虫歯になり易く、気づかず進行して、急に穴が開いたり、黒くなって歯が汚く見えたりします。 小さな虫歯ならプラスチックの詰め物で、1日あれば治せるから、早めに治療してもらいましょう。 前歯の神経が死んでいる 神経が死んでしまった歯は、歯の中に血液が流れなくなって、再生能力を失ってだんだん黒ずんだり、歯が欠けやすくなって、歯が汚く見えるのです。 歯の裏側からホワイトニング剤を入れたり、セラミックを被せてきれいにする方法もあります。 銀歯が多い 歯の色は本来白に近いのですが、銀歯が口の中を暗く、汚く見せてしまいます。 小さい銀歯ならプラスチックの詰め物で、大きめならセラミックの詰め物で治療すれば、白くて口の中全体がきれいに見えます。 歯並びが悪い 八重歯が可愛いと思うのは日本だけのようで、先進国では歯並びが悪いと相手には汚いイメージを持たれてしまいます。 歯並びがきれいになるだけで得することは多いようですよ。 水質汚染の心配もない環境に優しい自然物質で、人体にも優しく、口内でも大きな力を発揮します。 飲食した口内は酸性になって細菌が繁殖します。 その細菌が食べカスをエサに腐敗し、歯垢(ステイン)となって歯に付着します。 これが虫歯や歯周病の原因となるのです。 また、口内の酸性が長く続くと、歯のエナメル質が溶け出してゆきます。 でも、アルカリ性の重曹なら酸性を中和して、細菌の繁殖をストップし、歯の再石灰化を促進して丈夫な歯を保ちます。 歯磨きの方法 1-うがいで口内を濡らす 2-歯ブラシにうっすらと乗るぐらい重曹をつける 3-5分程、優しくブラッシングします 4-磨き終わったら、口をゆすぎます 注意点 ・工業用でなく、食用品・医薬品を使うこと ・研磨力で歯の黄ばみや着色を落とすので、やりすぎないこと。 エナメル質を痛めると、逆に歯が変色するので、日数かけても効果が表れない場合はあきらめましょう。 ・成分はナトリウム(塩)だから、高血圧など塩分制限されている方には薦められません。 レモン汁(答え:No) レモン汁成分のクエン酸で歯を白くします。 クエン酸で歯のエナメル質が柔らかくなってしまい、それを強い力でゴシゴシ擦ると、ボロボロになってしまう可能性があります。 激落ちくんスポンジ(答え:No) 大掃除の頃には、100円均一ショップで人気の汚れ落としスポンジです。 レンジ周りの頑固な汚れや水回りの水垢落としによく使われています。 スポンジには強い研磨成分が入っているので、歯の表面の凸部分は取れ易いですが、凹部分は残ってしまい、線のように黄ばみが残ってしまいます。 この凹部分まできれいにしようとすると、歯のエナメル質を削り過ぎ、内部の象牙質が透けて見えて、歯が黄色に見えてしまうのです。 キシリトールガム(答え:No. ) キシリトールガムには、メタリン酸ナトリウムと云う成分があり、ホワイトニング効果はありますが、微量ですから噛んでいる最中に歯が白くなるとは考え難いですね。 ただ、歯への着色を防ぐ効果はあります。 バナナの皮(答え:No) バナナには食物繊維が多く含まれ、便秘解消などバナナダイエットも流行っていますが、ホワイトニング効果もあると云われています。 バナナの皮の裏側部分を歯につけて、しばらくしてから、歯を磨くのを毎日続ければ、黄ばみが取れて歯が白くなるとネットで話題になりました。 でも、バナナのフルーツの酸のpH値は5. 0と酸性です。 着色汚れのステインを溶かすと云われますが、実はエナメル質まで溶かす酸性なので、遂には内側の象牙質が透けて見えるようになり、よけい黄ばんで見えてきます。 アルミホイルと重曹(答え:No. ) 重曹と塩と歯磨き粉を混ぜて、歯に塗り、アルミホイルを歯に密着させるように貼り付けて、1時間くらい、じっとしておく。 その後、アルミホイルを外してブラッシングするという方法が紹介サイトにありました。 でも、重曹の研磨力は強いから、歯を傷つけるよう手荒な方法は避けた方が良いでしょう。 ココナッツオイル(答え:YES) 海外セレブや芸能人が歯を白くするために、ココナッツオイルで20分間クチュクチュするというものです。 一般的なサラダ油は代謝を下げますが、中鎖脂肪酸は代謝を促進するので、ココナッツオイルには、たくさんの効能があります。 ココナッツオイルでホワイトニングする方法 1-大さじ一杯のココナッツオイルを口に入れる 2-15分から20分程度、口の中でクチュクチュする。 3-ぬるま湯で口の中をすすぎ、捨てる。 でも、専門の先生によると、ココナッツオイルは虫歯、歯周病、歯肉炎予防などに効果があり、長時間、クチュクチュすることで表情筋が鍛えられ、小顔効果があるとされますが、貴重な時間を費やすくらいなら、3分間丁寧に歯磨きをする方がはるかに効果的だと指摘されました。 ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は抗菌・抗ウイルス効果が確認されています。 同じ果物でもパパインは着色汚れを落とす効果で有名なので、ココナッツオイルとパパインの成分を使った、歯を白くする歯磨き粉を多くの自然派指向の方が使っているようです。 活性炭(YES or No. ) 活性炭は微粒子で、内部構造は多くの細かい穴が開いています。 その活性炭の細かい穴が、歯の表面の黄ばみや汚れを取り除くと云うものです。 口に入れても大丈夫な活性炭の商品による歯磨き方法を紹介します。 いかがでしたか、自宅でケアする場合は間違ったNGケアで、よりステインがついて歯茎や歯にダメージを与えることもあるので、歯医者さんに診察してもらってから、行うようにしてください。

次の

歯を白くする方法!中学生でもできる簡単ホワイトニングで黄ばみなし

歯を白くする方法 中学生

歯科医師・口もと美容スペシャリスト 石井さとこ先生 AKB48の人気メンバーをはじめ、アイドル、モデル、女優という美にこだわる女性たちからの信頼も厚い。 審美歯科 ホワイトホワイト A. 黄ばむ前に、黄ばませないことが大切です! クリニックでのホワイトニングは、クリニック専用の薬剤によって、歯の黄ばみの元となる物質を分解して無色化します。 一方、市販のアイテムを使ってのホワイトニングは、同じようなことをうたっていても残念ながら効果はかなり弱め。 なので、歯の色が気になるときは、クリニックに相談するのがイチバン。 ホワイトニング前のクリーニングでも満足する人もいるので、一度、ぜひ。 では、セルフでできることはないかというと、あります! それは、黄ばませないための予防です。 濡れた歯は汚れがつきにくいから、水のコートで着色を防ぐ 歯を黄ばませたくないという人にはもちろん、クリニックでホワイトニングをしたという人にも覚えておいて欲しいのが、これからお教えする予防法。 白くキレイな歯を保つことができます! まず、歯を着色する可能性が高いのが、タバコに、カレーやチョコレート、ケチャップなど色の濃い調味料を使った食べ物、そしてコーヒーや紅茶、緑茶、赤ワインなどの飲み物。 たばこは控えるしかないのですが、これらの食べ物や飲み物を控えるというのは、現実的に難しいですよね。 オススメは先に水を飲んで湿らせておく方法。 コーヒーや赤ワインなどを飲むときもチェイサー的に水も飲むようにするとイイでしょう。 唾液のコーティング力が、実はすごいんです! 唾液というと、よだれやツバのイメージが強くて、あまりいいイメージがないかもしれませんが、分泌されたばかりの唾液は無臭で、口の中のニオイのもとや汚れを洗い流して潤してくれる、美容効果の高いものなんです! つまり、唾液がたっぷりと出ている方が、汚れも付きにくく、口臭もしにくい。 水がないときは、この唾液で歯の表面をコートするだけでも十分。 舌を使って歯の表面をなめてから、食べたり飲んだりしてください。 時間があれば、直後に綿棒クリーニングを お洋服にシミが付いたとき、早ければ早いほど落としやすいのと同じで、歯も色が染みつく前に落とすことが大事。 食後すぐにうがいをしたり、口に水を含むだけでも十分効果があります。 また、歯を磨いて満足しがちですが、歯の表面は意外と凸凹していて、歯ブラシだけでは着色汚れを取りきれない場合も。 そこで、活躍するのが綿棒です! 清潔な綿棒を歯の表面に縦方向にすべらせるだけで、つきたての着色汚れをオフできるんです。 私は、ポーチインして常に持ち歩いていて、気づいたときに綿棒クリーニングをするようにしています。 歯磨き粉を選ぶなら、研磨剤ナシがオススメ ホワイトニングをうたう歯磨き粉には研磨剤入りのものが多いですが、これでゴシゴシ磨いてしまうと、歯の表面に細かいキズがつき、そこに色素が入り込んで、かえって色素沈着してしまうことが。 そういう心配がなく、オススメなのが、ポリリン酸配合の歯磨き剤。 歯に傷がつくことを防ぎつつ汚れを落とし、さらに汚れをつきにくくして、白い歯キープをサポートしてくれますよ。 ただし、こちらを使う場合も歯の磨きすぎには注意してください。 先生のアドバイス セルフでできるのは、予防。 お水、唾液、綿棒でお金をかけずともキレイな白い歯をキープできます!!

次の

歯を白くする裏ワザとは?

歯を白くする方法 中学生

外部からの着色 コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することでも着色を引き起こします。 「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります。 ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー・お茶のほか、赤ワインやチョコレート、ココア、タバコなどが良く知られていますが、バナナや大豆製品など、一見意外なものにもステインの原因になりやすい物質が含まれています。 そして、歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる薄い膜があります。 ペリクルは食べ物のカスを虫歯菌が分解するときに発生する「酸」から歯を守るなどの良い働きがありますが、その反面ペリクルは色素をくっつけてしまうという働きもあります。 また、 歯垢が歯に付着することでも着色を引き起こします。 歯垢は淡い黄色をしており黄ばみを目立たせますが、歯ブラシで容易に除去することができるので、着色の中でも比較的早く原因除去をすることができます。 歯垢が付着していると口臭も伴います。 さらに歯垢が長期的に付着していると、虫歯菌が産生した酸によって歯が溶け虫歯の原因にもなります。 虫歯は自然治癒することはないので、歯科医院で治療してもらうしかありません。 当院では 「ステイン」の予防と除去に役立つ『分割ポリリン酸』を使ったホワイトニングのキャンペーンをご案内しております。 外部からの着色「ステイン」を付着させない方法 歯の表面はつるつると滑沢です。 これは滑沢なことで歯の表面に細菌がつかないようになっており、清潔な状態を保てるようになっています。 表面を傷つけない その表面を研磨剤などでゴシゴシと強く磨いてしまうと、細かな傷がついてしまいます。 するとその細かな傷に細菌や汚れがつきやすくなり、結果としてステインの沈着にも繋がってしまうのです。 飲食後の習慣 コーヒーやお茶、さまざまな飲み物や食べ物にステインが含まれていると前述しました。 これらのものを飲食した後に うがいや口をゆすぐことで、ステインの主成分を洗い流し、ステインの沈着を防止することができます。 また、うがいをするのが面倒だと感じる人は ガムを噛むことで唾液の分泌を促進するので、程度は落ちますが同様の効果を得ることができます。 自宅でできる歯の汚れの落とし方 もっともお手軽と考えられるのが、ドラッグストアなどで売っている ステイン除去アイテムを使用する方法です。 ホワイトニングに特化した歯磨き粉や、歯の表面を磨くことで歯を白く見せるホワイトニングペンなどがあります。 ホワイトニングに特化した歯磨き粉には、重曹や研磨剤などが入っており、表面に付いた着色汚れを削り落とす力があります。 また、電動歯ブラシの「ステイン除去機能」を利用することもお勧めですが、 研磨剤入りの歯みがき粉と電動歯ブラシとの併用はお勧めできません。 電動ブラシは手で磨くよりもたくさん振動するため、汚れを落とす以上に歯を傷つけるリスクが高くなるためです。 電動ブラシを利用する場合は、研磨剤を含まず、 汚れを浮かせて落とす効果があるとの併用がお勧めです。 次に、 自宅でホワイトニングができる「ホームホワイトニング」という方法もあります。 これは歯科医院で漂白剤(薬剤)とホワイトニングに使用する歯型のトレー(マウスピース)をもらい(または市販のものを購入し)自宅でホワイトニングをするというものです。 ホームホワイトニングには、汚れを落とすことが目的のものと、歯の漂白を目的としたものがあります。 のちほど紹介しますが、 漂白を目的としたホームホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べ、漂白効果の出方が緩慢です。 そのため本格的な白さに到達するまでには長期間にわたりホワイトニングを行う必要があります。 自宅でできない歯の汚れの落とし方 次に自宅でできない方法です。 歯の汚れや歯垢などを本格的に除去するには、やはり歯科医院で専門のスタッフに 「クリーニング」をしてもらうのが一番です。 クリーニングには、「歯石取り」と「表面磨き」が含まれます。 歯石取りでは少しチクチクとしますが、歯石が取れた後の口の爽快感はなんとも言えない清々しいものがあります。 歯石取りと同時に行われるのが、 表面磨き(ポリッシングやPMTC〈プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング))という掃除です。 表面磨きはブラシやゴム製のチップを使用し、歯の表面に残っている細菌と汚れを取り除きます。 こちらを行うことで歯を白く見せることができます。 歯の白さを保つには? 着色の原因、汚れの除去、漂白について説明してきました。 ここでは、 歯の白さをキープする為のポイントを振り返ってみましょう。 ・コーヒーやお茶など、ステインを含む飲食の後には口をゆすぐ• ・歯の表面を傷つけるようなことは避ける(歯磨きをするときにゴシゴシと力強く行わないなど)• ・虫歯など、外部からの着色以外の歯の色の変化にも注意する• ・汚れを除去したり、歯の漂白をするアイテムや施術なども利用する 歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。 生活習慣や歯の状況にあわせて、上手に取り入れることがポイントです。 また、常に自分の歯は見ているので歯に着色がついても気付きにくいことが多く、 定期的に歯科医院へ検診に行くこともお勧めです。 定期健診は自覚症状の出にくい初期の虫歯なども発見しやすく、健康面からみてもとても大切です。 期間としては3か月程度を目安に歯科医院へ通うようにすると良いでしょう。 まとめ 最近では歯の美白にも関心が高まっていることもあり、自宅での予防法や、自宅でできるホームホワイトニングアイテムなどがたくさん登場しています。 上手に利用すれば、日々の生活の中で白さを保ちつづけることが可能です。 ただ、 自己判断で使い方を誤るとかえって歯が着色しやすくなり、虫歯などを引き起こす悪循環に陥ることも。 少しでも心配なことやわからないことがある場合は、歯科医院で専門スタッフに相談してみてください。 患者さんの歯を診た時に「ホワイトニングでどれくらい白くなるのか」をある程度予測してくれる医院もありますので初めての方も安心してできるのではないでしょうか? 自分自身に歯に関する知識がなくても、 専門スタッフにしっかりとケアをしてもらえる歯科医院でのクリーニングやホワイトニングは、「手軽に歯を白くしたい!」という人向きの方法ともいえます。 日々の工夫やケアアイテムとともに、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか? 当サイトのコラム監修ドクター 医療法人財団匡仁会 理事長 歯科医師 末光 妙子 日本大学松戸歯学部附属病院勤務後、一般歯科医院にてインプラント・矯正を軸に診療を行う。 2010年4月よりホワイトニング専門医師として勤務。 現在は医療法人財団 匡仁会の理事長を務めながら、ホワイトニングの技術や知識を全国の歯科医院に広める活動をしています。 ホワイトニングのスペシャリストとして、またお口のケア全般について幅広い知識があり、「必白仕事人」の異名を持つ。 メディアにも多数出演。 当クリニックについて• その他の人気コラム• All rights reserved.

次の