コオリッポ。 【ソードシールド】コオリッポの育成論!トリッキーな積み物理アタッカー【ポケモン剣盾】

コオリッポ (ナイスフェイス)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

コオリッポ

コオリッポについて 基本情報 HP 75 攻撃 80 特攻 65 合計 470 防御 110 特防 90 素早 50 特性 HP 75 攻撃 80 特攻 65 合計 470 防御 70 特防 50 素早 130 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 固有特性の「アイスフェイス」を持っており、これによって一度は物理技を完全に無効化出来るという非常に強力な物理耐性を持っています。 更にこの「アイスフェイス」発動後は素早さが大きく上昇したナイスフェイス状態になるので、相手はそれを考慮した上で立ち回らなければならず、ナイスフェイス状態であられが降り始めると再び「アイスフェイス」の効果が復活する為、得意な相手や素早さが勝っている物理ポケモン相手にはとことん強いポケモンです。 この「アイスフェイス」の性質を活かして強力な積み技である「はらだいこ」を積む、物理受けとしての役割を持たせる、または特殊アタッカーをぶつけられる事を見越して特殊受け特化にするなど複数の運用方法が存在します。 最大HPの半分が失われるというデメリットはありますが、ナイスフェイス時の素早さ上昇との噛み合いもあって突破力が大きく上がります。 この技を如何に使用するか、または使用しないならばどのように立ち回るかを選出段階から考えておくと非常に活躍しやすくなります。 こおり 物理 威力 25 命中 100 PP 30 効果 1ターンに2~5回連続で攻撃する 解説 火力の安定性は「つららおとし」には劣りますが、命中安定という点や「みがわり」「ばけのかわ」「きあいのタスキ」を貫通してダメージを与えられるという点が非常に優秀です。 物理ポケモン相手であればダイマックス時の「ダイアイス」によって再びアイスフェイス状態に戻り、強力な物理技耐性を得るという立ち回りも可能です。 追加効果もナイスフェイス時の高い素早さと噛み合っている上に、ダイマックス時の「ダイストリーム」で天候を書き換えた後に「ダイアイス」を使用してアイスフェイス状態に戻るなど立ち回りに幅を持たせてくれる技でもあります。 基本的には「はらだいこ」で攻撃を上昇させてからでなければ大きなダメージは期待できません。 威力は「たきのぼり」の倍近くと非常に高いものの、命中不安な上に命中時に与ダメージに応じて反動を受けてしまうので、「はらだいこ」と合わせると非常に短命になってしまう点には注意が必要です。 ダイマックス時の「ダイロック」は「ダイストリーム」と同様に天候を書き換える効果があるのでアイスフェイスを復活させる立ち回りが可能です。 「リザードン」「ギャラドス」など「たきのぼり」よりも刺しやすいポケモンが環境に居るので、他の手持ちやその時の環境と相談してどちらを採用するか決めましょう。 「ダイサイコ」として使用する事でサイコフィールドを展開でき、相手にとって有利なフィールドを塗り替える、相手の先制技を無効化するなどの運用が可能です。 タイプとしては受けポケモンの「ドヒドイデ」を安定して倒せるようになるというメリットが存在します。 他の採用技によっては「じゃくてんほけん」を発動させてしまう可能性のある保険キッスなどに等倍でダメージを取っていくという意味合いでの採用も見える技です。 ノーマル 物理 威力 70 命中 100 PP 20 効果 自分が「どく」「まひ」「やけど」の時に使うと、技の威力が2倍になる 解説 コオリッポの「はらだいこ」を読んで火傷などの状態異常で対応してくる相手に特に有効となるサブウエポン候補です。 状態異常でない場合はダイマックス時・通常共に強力な技ではないので、環境にどんな受けポケモンが採用されているか、他のポケモンで状態異常を使ってくる受けポケモンを見れるかなどで採用の可否を決めましょう。 攻撃技が減って相手に大きなダメージを与えられないとなると本末転倒なので、環境や他の手持ちポケモン、持ち物とよく相談して採用の可否を決めましょう。 これによりナイスフェイス時であれば多くのスカーフ持ちにも先手が取れるようになり、抜き性能に磨きがかかります。 効果 持たせると「こうかばつぐん」になる、ほのおタイプ技のダメージを半減する 解説 特殊炎技を持つ相手に対して安定択が増えます。 こちらを採用する場合は明確な仮想敵を用意しての調整が有効です。

次の

【ソードシールド】コオリッポの育成論!トリッキーな積み物理アタッカー【ポケモン剣盾】

コオリッポ

久しぶりに剣盾の記事。 最近、FortniteやApexの新シーズンだったり、ARKを始めたりで、ポケモンの時間があまりとれていませんでした。 いや、たぶん一般的に見たらかなりやってはいるんですよ。 構築記事を漁ったりする時間を含めれば、毎日2,3時間はやっているし。 ただ、対戦勢から見たら全然時間が取れてない。 というか、今の時期に剣盾やってる人って対戦勢以外にいるんですかね? いや、いるか。 未だに、剣盾はソフトの販売本数ランキングでも上位を取っていますし。 思い返せば、私も対戦勢になる前、子供の頃にポケモンをやった時も2,3ヶ月は遊んだ気がします。 まあ、話を戻し、何はともあれ時間が取れていなかったわけです。 環境の考察とかも全然できていないし、新しいポケモンや型を一から考える気力もない。 個人的には、今はポケモンより恐竜を育てることに興味が向かっています。 とはいえ、流石にシーズン3もそろそろ後半。 今シーズンは順位にこだわらず色々試すとは言ってましたが、それでもシーズン最終盤くらいはガチで勝ちに行きたいところ。 そろそろパーティを決めなきゃなーと思うんですが、中々良いアイデアが出てきませんでした。 で、タイトルを見て頂ければ分かると思いますが、パクったわけです。 シーズン2で最終1位を取った方のパーティをそのままパクりました。 元々気になってはいたんですよ。 というか、対戦勢は皆気になっていましたよね。 コオリッポやシザリガー、ゴリランダー等、あまり採用率が高いとはいえないポケモン達が採用されています。 ドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズ、全て使わずに1位を取れるのかって。 ということで、シーズン2最終1位の方のパーティを使わせてもらったので、今回はその感想でも。 順位が高くないので上位層とはメタが違う部分もあると思いますが、その辺は上手く情報を取捨選択しながら参考にして頂ければと思います。 対戦初心者が最終1位の方のパーティを使ってみた、って感じで見て頂けると幸いです。 パーティ紹介 有名中の有名パーティなんで必要ない気もしますが、一応パーティ紹介を。 コオリッポ・シザリガー・ゴリランダーは個体を持ってなかったので、育成が大変でした。 え? レンタルチームを使えばいいって? 君のような勘のいいガキは嫌いだよ 個体作った後に気づいたんですよ。 最終1位のくろのさん、パーティ公開してくれてるじゃんって。 数日間の育成時間は完全に無駄だったよ…… まあね、わざわざ自分で作ったんで、 ちょっとだけ調整を変えてみました。 そのまま同じの作ったら、本当にレンタルで良くなっちゃうからね。 少しでも自分の行為を正当化しようと必死。 とはいえ、あまり大きく変えたらそもそも企画の趣旨が無くなるので、具体的にはカビゴンとトゲキッス。 この2匹を少し弄りました。 カビゴンは調整はそのまま、 あくびの枠をのろいに変更。 あくびが弱いってわけでは無いんですが、のろい積むだけで詰める場面が多々あり、私のランク帯ではのろいの方が合っているなと。 実際のろいは結構刺さりが良く、キッスと共にダブルエースで活躍。 トゲキッスは、道具を 命の珠からラムのみに変えました。 最初は珠を使っていたんですが、私のPSではあくびによる流しを防げずラムのみに変更。 珠を持たせることで確定数が大きく変わるので、運用できるなら珠の方が良いかも。 大文字を火炎放射に変えたのは、単純に外しで泣きを見たからです。 これ以上机を傷つけないために火炎放射に変更しました。 コオリッポは強いのか このパーティで一番気になるのはそこですよね。 コオリッポは強いのか。 結果として、コオリッポが刺さる試合は殆どありませんでした。 なんでしょうね。 私の使い方が悪いのかな。 そもそも、 構築が完全にパクリなので型や調整が割れてるんですよね。 コオリッポを出したいって言うのが前面に出てるので、相手もトゲキッスやサザンドラで詰めてきますし。 コオリッポが強いとか弱いとかの前に、刺さらなかったって印象。 ただ、ここで終わってもしょうがないので、もう少し使用感を。 これはコオリッポ自身の性質でもありますが、 強い相手には強く、弱い相手にはめっぽう弱い。 まず、火力が足りないので、 まともに使おうとするとはらだいこがほぼ必須。 つまり、1ターンの猶予が必要なわけです。 この猶予が貰える相手と、貰えない相手で刺さるかどうかが全然違います。 特性アイスフェイスの関係上、物理相手ならこの猶予を貰いやすいですが、特殊相手だと大抵そのままやられます。 ですので、 相手が物理か特殊かっていうので有利不利が大きく変わります。 そして、仮にアイスフェイスで耐えてはらだいこを詰めた場合でも、 S130以上の相手には基本的に負けます。 まあ、S130以上のポケモンはそこまで多くはありませんが。 スカーフだったり、ダイジェットで詰まれていると簡単に抜かれる範囲でもあります。 だから、難しいんですよね。 刺されば強いし、刺さらないと仕事できずに退場してしまうし。 選出段階で通りが良い時だけ使うのがベストだと思いますが、いかんせん通りが良い時が少ない。 素のA種族値がもう少しあれば、はらだいこに頼らず行動できるので強いんですが。 でもそれじゃ強すぎるか。 シザリガーが強い コオリッポが若干残念だった一方、シザリガーが大きな活躍をしてくれました。 先制技持ちで高火力、単純に襷と相性が良いんですよね。 特に活躍してくれたのが、 襷ドリュウズ対面。 この流れが潜っている中で何度かあり、シザリガー刺さるなあ~と思ってました。 あと、 はたきおとすをタイプ一致で撃てるのも強みですね。 環境に多いカビゴンに対して、はたきで木の実を落とせるのは大きい。 インファイトで打点も確保していますし。 パーティの総評 パーティの総評になりますが、 想像以上に強かったです。 いや、最終1位の方のパーティなんで強いのは当たり前なんですが。 レート上位の方ではなく、 私のような対戦初心者が使っても勝てるのが意外でした。 てっきり猛者専用のパーティかと思っていたので。 ただ、やはり私の実力では性能を引き出せてない部分もあって。 それが、先に取り上げたコオリッポと、ゴリランダーになります。 コオリッポは前述の通り仕事をさせてやれず、 ゴリランダーはダイジェットが飛び交う環境では全く動かせませんでした。 対面性能は高いポケモンなんですけどね。 ですから、基本はトゲキッス・カビゴン・ヒトム・シザリガーの4匹で回していました。 まあ、それでも十分すぎる程には強かったですよ。 特にシザリガーに関しては、ドリュウズの処理が凄くしやすくて、今後とも使っていきたいなと思いました。 コオリッポやゴリランダーはね、いつか使えるようになるといいな。 全然パーティが思いつかなくて苦し紛れにやった企画でしたが、得られる物が多くてやってよかったなと思います。 やはり、強い人のパーティは参考になることが多いですね。 今後とも、こういった試行錯誤は続けていきたいと思います。 まあ、次はレンタルパを使おうと思いますが…… 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

コオリッポ (アイスフェイス)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

コオリッポ

2392• 120• 197• 123• 139• 170• 130• 105• 157• 122• 166• 156• 133• 133• 127• 101• 157• 114• 6750• 153• 140• 149• 126• 175• 185• 204• 151• 176• 121• 127• 131• 147• 181• 155• 163• 111• 164• 103• 135• 128• 166• 125• 136• 136• 241• 220• 179• 178• 118• 167• 112• 152• 193• 162• 161• 143• 120• 181• 193• 6489• 139• 121• 132• 116• 149• 177• 151• 145• 149• 189• 122• 179• 147• 127• 151• 204• 144• 131• 140• 113• 157• 108• 111• 109• 130• 102• 108• 108• 213• 178• 229• 181• 249• 302• 105• 839• 100• 144• 175• 295• 125.

次の