えきねっと 東海道 新幹線 予約。 新型コロナウイルスを理由として新幹線等の予約をキャンセル・払い戻しする場合の取扱いについて

新幹線や在来線特急の予約に便利なJRの予約サイトを比較

えきねっと 東海道 新幹線 予約

こんにちは、牧野直子です。 私たち家族は、お盆とお正月に、私の実家の兵庫県尼崎市に帰省しています。 お盆は、親戚のいる淡路島にも必ず行きます。 そして、お盆のときの新幹線の予約って、大変。 子供ふたりもいるから、適当にエイヤっていうわけにはいかない。 必ず、乗車日の一か月前にチケットをとっています。 新幹線の予約がWEBで出来るようになった 数年前までは、新宿駅のみどりの窓口に並びにいっていた。 でも、必ず大混雑。 40分程度、いつも並んでいたと思います。 でも、新幹線の予約がWEBでできるようになってきた。 去年初めて、「えきねっと」を使って、新幹線の予約をしました。 すると、みどりの窓口までいかなくていいんですよね。 これは便利!って思いました。 ちょっと失敗談としては、東京-新大阪で第三希望まで入れるんですが、検索であがってきた便を順番にいれてしまい、 予約が決まったのがのぞみじゃなくて、「ひかり」だったこと(笑) これ注意です!!(笑) チケット交換に行くまで、座席の詳細がわからないので気づかず、チケット取りに行ったときには、もうのぞみはどこも満員で、ひかりでゆっくり行きました(笑) えきねっとでの予約は座席指定できない ただ、えきねっとで、申し込むと座席の位置指定ができないので、2人席の前後ではなく、3人席と2人席の連番、ABCDだったんです。 それで、主人からブーイングで。。。 えきねっとだと、席が離れないようにすることはできるけれど、座席指定はできない。 えきねっととスマートEXのそもそもの違い じゃあ、どうしよう?ということで、 スマートEXは、座席まで指定できるらしい、、ということで、スマートEXにて予約チャレンジしてみたのです。 いままでイマイチ、えきねっと、スマートEXの違いがわからなかったけれど、ようやく理解!(笑) JR東日本か、JR東海かなのね。 いろいろチャレンジする中でわかりました。 ちなみに、えきねっとがJR東日本。 スマートEXがJR東海です。 スマートEXで予約にチャレンジ そして、スマートEXで予約しようとしたら、座席指定できたんですよ。 でも、2人席の前後であいているところがなく、違う時刻の便にしようかと思って、開き直したが最後。 お盆の座席指定がまったくできなくなりました。 それでも座席はおまかせで予約を続けようとすると、 予約枠がすでにいっぱいなので、受付けられません、みたいなアナウンスが出る。 あちゃー、ワンチャンス逃しちゃった~~。 23追記 スマートEXは5週間前の事前予約では座席指定が出来ないようです。 4週間前だったらできるようですね。 ということは、お盆や正月など、繁忙期は座席指定はできないものと思っておいたほうがよさそうです。 頼りになるのは、えきねっと 結局、予約ができないんじゃしょうがないので、去年予約したえきねっとで再度予約しました。 この一連の様子、主人も一緒に見てもらっていたので、ABCDの連番でもしょうがないよね、というのは了承してもらった(笑)。 えきねっとで、予約を第三希望まで入力しました。 ちなみに、新大阪発や新大阪どまりの便を3つずつ選びましたよ~。 その方が、途中から空いてくるし、乗り降りもゆっくりできるからね。 えきねっととスマートEXの違い 簡単にいうと、えきねっとと、スマートEXは、それぞれ自分のエリアのところを優遇している。 でも受け取りは、東京、品川など限定された駅のみ。 家族なので、スイカで乗車するわけにもいかない。 えきねっとは、座席指定できなかったり、割引もないけれども、関東どこでも受け取れる。 それにお盆の混みあった時期でも予約を受け付けてくれる。 一長一短です。 ここで、以前、えきねっとで米沢行きを買ったとき、割引になったのなんでだろう?って思ってたけど、納得。 米沢はJR東日本エリアだからなのね! えきねっととスマートEXの使い分け.

次の

えきねっとの予約サービス|東海道新幹線の予約ガイド

えきねっと 東海道 新幹線 予約

広告 えきねっとでできること 「えきねっと」はJR東日本・JR北海道のインターネット予約サービスです。 利用するには会員登録が必要ですが、会員になることで、JR全線の新幹線列車の予約が可能です。 えきねっとでできることをまとめてみましょう。 えきねっと会員ができることは、以下の通りです。 パソコンやスマートフォンで 全国の新幹線の指定席を予約可能• JR東日本・北海道の新幹線と在来線特急の ネット専用割引きっぷを購入可能• 新幹線・特急の好きな座席をシートマップで選ぶことが可能• 指定席券事前申込サービスを利用できる• 予約後、きっぷの受け取り前なら何度でも別の列車に変更可能• 「 新幹線eチケット」でチケットレス乗車が可能 えきねっとで購入できるチケット えきねっとでは、通常のきっぷと、「新幹線eチケット」という電子チケットが購入できます。 通常のきっぷはインターネットで予約・決済し、駅で受け取ります。 受け取れる駅はJR東日本・JR北海道の主な駅と、JR西日本の北陸新幹線の各駅です。 新幹線eチケットは、チケットレス乗車が可能で、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」という割引きっぷを購入できます。 新幹線eチケット 新幹線の運賃・料金がセットになったチケットです。 SuicaやPASMOなど交通系ICカードを使ったチケットレス乗車が可能です。 新幹線駅相互間のみ設定があり、在来線駅を利用する場合は別途運賃が必要です。 特定都区市内駅制度は使えません。 指定席は通常価格より200円安い価格設定で、自由席は通常価格と同額です。 JR東日本管内の新幹線の多くの区間に設定があり、時期により値段は変わります。 列車・席数は限定で、だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。 えきねっとトクだ値は、インターネットで予約、決済し、駅の窓口で紙のきっぷを受け取って乗車します。 予約は乗車日の13日前の午前1時40分までです。 駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格、内容です。 えきねっと特典 「えきねっと」で予約・購入したチケットは、何度でも予約の変更が可能です。 これを、「えきねっと特典」といいます。 適用にはいくつか条件があります。 まず、変更が何度でも可能なのは、チケットを駅で受け取る前のみで、インターネットの手続においてのみです。 受け取ってしまった後は、この特典の適用はありません。 また、窓口での変更もできません。 また、利用区間がJR東日本エリア内と北陸新幹線で完結する列車に限ります。 さらに、変更先は「えきねっと特典」適用列車のみです。 それ以外の列車への変更については、1回のみです。 広告 えきねっとポイント パソコンやスマホからJRの指定席券を申し込んで購入した場合にポイントが付きます。 指定席券売機で発券した場合で、指定席券1枚に付き30ポイントです。 貯まったポイントは、1ポイント=2. 5JREポイントに交換することができます。 JREポイントは1ポイントを1円として使用できますので、実質的に、えきねっとポイント1=2. 5円分と考えればいいでしょう。 えきねっと会員のメリットとデメリット れきねっと会員になり、新幹線eチケットを利用すれば、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」といったネット専用の格安チケットを購入できます。 変更が何度でも可能というのもメリットです。 えきねっと会員には無料でなれますので、会員になることでデメリットはありません。 クレジットカードでの支払のみ、というのがデメリットといえばデメリットでしょうか。 えきねっとでチケットレスは利用できる? えきねっとでは、2020年3月14日から「新幹線eチケット」サービスが開始され、チケットレス乗車が可能になりました。 くわしくは、「」をご覧ください。

次の

えきねっとで東海道新幹線を予約|東海道新幹線の予約ガイド

えきねっと 東海道 新幹線 予約

(海外からの)地域別JR新幹線予約サービスの提供可否 まずJRが公式にこのような予約サービスを提供しているのでしょうか。 日本はJRが地域別に別々の予約システムを持つという奇妙な状況が未だに続いているため、各社の状況を個別に確認する必要があります。 えきねっと(北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線+他路線) JR東日本が運営するでは、 JR東日本圏内の新幹線路線の他、全国の全ての新幹線の乗車券を購入することができます。 ホームページ上では「海外からの予約可否」について記述がありませんが、 実際に予約してみたところ問題なく予約することができました。 ほとんどの国からアクセスできるものと思います。 ただ、 注意点として「乗車券の受取場所が限定されている」ということです。 乗車券の受取場所として指定されているのは原則としてJR東日本圏内の駅であり、一部の乗車券を除いて、JR北海道・JR西日本北陸エリアの駅でも受け取ることができます。 えきねっと そのため海外から直接九州に里帰りされる方が九州の空港で降り立ってしまうと、乗車券を受け取ることができず、当然新幹線の利用もできません。 上記の受取場所に立ち寄る機会が無い場合は、他の当該地域のJRが運営する予約サイトを利用することにしましょう。 エクスプレス予約(東海道新幹線) EX予約はJR東海が運営する予約サイトです。 こちらはオフィシャルで海外からの予約はできないと明示されています。 海外に住んでいますが、きっぷをインターネットから予約、購入できますか? JR東海では、海外からインターネットやお電話等により、きっぷをご予約いただけるサービスはご用意しておりません。 また、新幹線を便利にご予約いただける会員制のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」、「プラスEX」は、日本国内からのご利用に限定させていただいております。 東海道新幹線を含め、JR線のきっぷは、全国のJRのきっぷうりばや主な旅行会社の窓口にて発売をいたしておりますので、日本へご入国後にお求めください。 参照 東海道新幹線を利用したい場合は、ほとんどが東京や大阪発だと思いますので、えきねっとやe5489(いいごよやく)から予約するといいでしょう。 e5489(山陽・九州・北陸新幹線+他) e5489はJR西日本が運営する予約サイトです。 西日本の路線を中心としていますが、全国の新幹線の予約が可能です。 こちらのサイトについても公式に海外からの利用可否が掲載されています。 基本的に可能ですが、住所は日本国内の住所登録が必要となるため、そうした点は留意が必要です。 e5489は、日本国外から予約できますか。 e5489は、日本語操作のできるインターネット端末であれば世界中どこからでもご予約が可能です。 ご利用の際は、事前にJ-WESTネット会員登録が必要です。 (日本国外に居住している方は、会員登録が出来ません。 ) 予約したきっぷは、関西空港駅の他、「5489サービス」表示のあるJR西日本・JR四国・JR九州のの「みどりの窓口」や「指定席券売機」等でお受け取りいただけます。 参照 注意点としてはJR東日本のえきねっとと同じく。 とはいえ、JR西日本のみならず、JR東日本の一部の駅でも受け取ることができるので、かなり利便性は高いと思います。 海外からの予約に問題はない。 外国人には専用サイトも。 海外からの新幹線予約について概観してきましたが、東日本側を中心に扱う「えきねっと」と西側を中心に取り扱う「e5489」の2サイトは問題なく利用できるため、 日本全国の各路線の予約及び乗車券の受取は問題がないと思います。 東海道新幹線の場合のみ若干の注意が必要ではありますが、ほとんどの方が西日本または東日本を経由して東海道新幹線を利用することから、上記2サイトのうち乗車券受取に支障の無いどちらかから予約すれば事足ります。 再三繰り返すことになりますが、乗車券の受取場所を十分に確認しないと、予約はできたけど乗車券が発行されないという事態になりますので、この点だけ十分に注意下さい。 東日本側から日本に入国される方は「えきねっと」、西日本側から入国される方は「e5489」で予約するようにしましょう。 その他、外国人の方が予約する場合は以下の専用サイトもありますので、ご友人・知人にはこちらを教えてあげると便利でしょう。 JR東日本.

次の