喜んで参加させていただきます。 「参加させていただきます」の例文・敬語・使い方|ビジネス/メール

【例文付き】内定者懇親会の出欠メール・お礼メールの書き方は?送るときに気をつけるポイントは?

喜んで参加させていただきます

是非とも参加させていただきますと使うときには、相手からの誘いがあった場合に使うのが適切です。 つまりこちらから一方的に参加するようなものには、「参加させていただきます」は正しい使い方とは言えません。 ビジネスシーンで取引先に使うときの例文です。 コンペやプレゼンなど、取引先から話を持ちかけられたときの返答に使うことができます。 是非とも参加させていただきますという言葉で、参加意思の強さを示します。 メールや電話はもちろん、直接相手に会ったときにも使えます。 就活中の人が会社説明会への参加意思を伝えるときに使います。 これは、電話やメールのときはもちろん、直接相手に伝える際も同様です。 会社の上司や取引先の人から、食事に誘われたときに使うことができます。 安易に食事に行けないような人から直接誘われたときなどに、目上の相手を敬い、感謝の気持ちと強い参加の意志を伝えることができます。 メールや電話で使うのはもちろん、相手が目の前にいるときにも使うことができます。 相手を敬う言葉と強い意志を伝える言葉なので、直接伝えるときには誠意をもった態度をとりましょう。 やる気がないような態度で使ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうことがあります。 ~と思っておりますという言い方は、物腰が柔らかいので、就活のときなどは意外と好印象を与える敬語です。 第一印象が大切な就活では、非常に適している言い方と言えます。 参加させていただきたいと思っておりますの後に、~と思っておりますを繰り返すとしつこい印象を与えてしまいます。 参加させていただきたいと思っておりますを使うときには、前後の文章に~思っておりますを使わないように注意しましょう。 効率の良い就活のやり方については、下の記事でまとめてあります。 好印象を与える言葉を習得したなら、効率の良い就活のやり方も習得しましょう。 最後に、就活で使うときの注意点を紹介します。 企業側から直接声をかけられて案内を受けたときは「是非とも参加させていただきます」を使うとやる気が伝わるでしょう。 就活において、参加を使う機会は、ほとんどが会社説明会と言えます。 参加を使うときには、会社説明会のような案内を受けた全員が参加できるような、入り口が広い催しの場合のみとするようにしましょう。 就活では言葉遣いはもちろん、身だしなみも大切なポイントです。 下の記事には就活の身だしなみについてまとめてありますので、こちらも併せて読んでみてください。

次の

「参加したい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

喜んで参加させていただきます

「週末の飲み会、参加しないか?」と、会社の上司や先輩からのお誘いを受けたら、皆さまは何とお答えするでしょうか。 「はい、ぜひ参加したいです」と答える方が多いのではないでしょうか。 「~したい」という自分の希望を伝える際、言葉をそのまま敬語として使用していいのか、またそれが失礼のない正しい敬語であるのか気になりませんか? 「~したい」という言葉は、ビジネスシーンにおいてもよく使われます。 そこで今回は、「参加したい」という願望を目上の方に伝える際に用いる敬語について考えていきましょう。 ここではまず、敬語の種類から見ていきます。 丁寧語とは 丁寧語とは、文字からわかるとおり、聞き手を敬うために使う丁寧な言葉です。 文末に「です・ます」を付けて締めくくるのが一般的です。 この丁寧語は、聞き手である相手が自分にとってどんな立場の人でも関係なく使うことができ、話の内容も問いません。 また、この丁寧語に似た「美化語」という言葉もあります。 これは相手を敬うために使われる敬語ではなく、美しさや丁寧さを表すために使われている敬語です。 名詞の頭に「お、ご」を付けたり、言葉そのものを言いかえたりと、さまざまな使い方があります。 尊敬語とは 敬語についておさらいしたところで、早速「参加したい」という言葉の敬語での使い方について触れていきます。 「参加したい」とは、参加を願望している自分の行動を示す言葉です。 「~したい」という言葉は敬語のどの種類にも当てはまらないので、このままの形では敬語として成り立ちません。 ではどのように言葉を変化させればよいのでしょうか。 「参加したい」というとき、どのように敬語を使えばよいのか考えていきましょう。 敬語の種類 敬語の種類としてどのようなものがあるでしょうか。 大きく分けると3種類あり、冒頭でお話した「丁寧語」「尊敬語」のほか、「謙譲語」というのもあります。 謙譲語とは、話し手である自分の言動をへりくだって言い、聞き手である相手を高めるために使われる敬語です。 簡単にいうと、自分を下げて相手を上げるということです。 使い方は、口で説明するのは簡単ですが、実際に置き換えるとなると難しくなります。 なので、敬語を使いたいのになかなかうまく言えずに困ってしまうことが多いのではないかと予想できます。 今回のテーマである「参加したい」という言葉を敬語に直すには、謙譲語を利用すべきだということがお分かり頂けるでしょうか。 これは、「参加したい」と願望するのが自分であるためです。 では、どのように言い換えれば敬語として成り立つのでしょうか。 表現方法を変えてみる 目上の方に自分の希望や要望を伝える際は、「~したいです」ではなく「~していただく」「~させていただく」という表現を用いるのが適していると言えます。 この「~させていただく」という敬語には、「相手の許可をもらって行う、許可をいただいたことに感謝をしている」という意味があります。 ただ単に「~する」の敬語というわけではないので、使い方には注意が必要です。 「参加しませんか?」に対する答え方として、上記を参考に考えると、「参加したい」ではなく「 ぜひ 参加させていただきます」という敬語表現が最も美しいといえます。 メールでの使い方 今まで「参加したい」という言葉の敬語について述べていくうえで、さまざまな表現方法をご紹介してきました。 「参加する」という言葉には、出席する・参画する・メンバーになる・向かう・伺うなどの類語があります。 これらの類語を敬語に直し、シーンなどに合わせて言いかえることで話が円滑になるうえ、相手に与える自分の印象がより良いものになっていくでしょう。 ところで、「参加したい」という言葉をそのまま使用しながら敬語にするには、どのように使えばいいのかご存知でしょうか?次はこの疑問について考えていきます。 参加したいと存じます 「存じます」という言葉は、「思う」の謙譲語である「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いた敬語です。 謙譲語であるという点から、この「存じます」という敬語は目上の方に対して使う言葉であるということが考えられます。 「参加したいと存じます」という言葉は「参加したいと思います」の敬語表現です。 「ご案内いただいた週末の懇親会は、ぜひ参加したいと存じます」という風に使うことができます。 似た言葉に「存じ上げます・存じております」というものがあります。 これは「知っている」という言葉の敬語表現になりますので、間違えて使わないように注意しましょう。 相手や場面にあわせてうまく使い分けよう.

次の

「参加させていただきます」は正しい敬語?メール例文と英語表現

喜んで参加させていただきます

内定者懇親会の案内が届いたら、早めの返信を心がけよう 内定者懇親会は、内定者同士や内定先企業の社員とコミュニケーションを深めるための場。 ほかの内定者や企業の社員など多くの人が参加することが予想されます。 また、懇親会までに企業の担当者が準備することもあるので、できるだけ早めに返信するようにしましょう。 出席・欠席が確定している場合は、期日を待たずに送るとよいでしょう。 案内をもらった内定者懇親会の日に、予定が入るかもしれないという状況もあるでしょう。 このように予定がはっきりせず、出欠の返信が難しい場合は、返事を待ってもらえるかどうか相談メールを送ってみてください。 このたびは内定者懇親会のご案内を頂き、ありがとうございます。 喜んで参加させていただきます。 貴社や内定者の方々とお会いできるのを楽しみにしております。 当日はどうぞよろしくお願い申し上げます。 jp ————————————————— 【ポイント】 ・件名の「Re: 」は届いたメールに返信する場合、自動で表示されるので、そのまま残しておきましょう。 ・日程の連絡を受けたら、再確認のために指定された日時をメール上に明記して返信しましょう。 内定者懇親会のご案内を頂きまして、ありがとうございます。 残念ですがその日は別の予定が入ってしまっておりまして、 参加することができません。 せっかくの機会をいただきましたのに、大変申し訳ありません。 ご案内のメールに記載いただいております 「ビジネスマナーのオンラインラーニング受講の案内」について、 ご教示いただければ幸いです。 お手数をおかけしまして恐縮ですが、 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 (以下「署名」挿入) 【ポイント】 ・件名には、「内定者懇親会欠席のご連絡」の後に「学校名」「氏名」を書いておくとひと目で用件が伝わります。 企業の担当者は、複数の内定者に内定式の案内メールを送っていると想定されます。 誰が出席以外の返信をしたかひと目で伝わるような件名をつけると、相手への配慮が感じられます。 ・参加できないことを連絡する場合、「残念ですがその日は別の予定があり~」「せっかくの機会をいただきましたのに~」などのクッション言葉を使うと、やわらかな印象になります。 ・内定者懇親会の中で実施される内容が書かれている場合、内容をよくチェックし、必要に応じて別途情報を提供してもらえるようお願いしましょう。 内定者懇親会のご案内を頂きまして、ありがとうございます。 (以下「署名」挿入) 【ポイント】 ・件名には、「内定者懇親会の出欠についてご相談」などを記載した後に、「学校名」「氏名」を書いておくとひと目で用件が伝わります。 ・期日までに出欠の返事ができない場合は、いつまでに返事ができるのかを明記した上で連絡を待ってもらえるかどうか相談してみましょう。 その際は、返信の期日内に送るようにしてください。 ・ただし内定者懇親会開催日の直前まで待ってもらうのは相手の準備に支障がある可能性もあるので極力避けましょう。 どうしても直前にならないと予定が確定しない場合は、その旨を企業の担当者に相談してみましょう。 出席と連絡していたが、直前で参加が難しくなった場合 内定者懇親会に出席すると返信したものの、直前になって参加が難しくなることもあるでしょう。 その場合は、「体調不良のため」「家庭の都合で」など、伝えられる範囲で急きょ参加できなくなった理由と併せて、欠席連絡をしましょう。 メールの例文と連絡する際に気をつける点を以下に紹介するので、参考にしてみてください。 せっかくご準備いただいていたところ、 ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。 またの機会がございましたら、ぜひ参加させていただければと思います。 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 (以下「署名」挿入) 【ポイント】 ・相手が参加を前提に準備を進めていたことを踏まえ、おわびの言葉を添えましょう。 ・「残念ですが~」「せっかくご準備いただいていたところ~」などのクッション言葉を使うと、やわらかな印象になります。 前日までは、メールで連絡を 前日までであれば、メールでやりとりをしていた企業の担当者あて宛てに参加出席できなくなったことを伝えましょう。 ただし、当日になっても相手から返信がない場合は、欠席の連絡メールを見落としている可能性も考えられます。 その場合、担当者に電話をかけて「大変申し訳ありません、本日の内定者懇親会に参加できなくなってしまいました。 当日は、まずは電話で欠席連絡を 内定者懇親会の当日は、開催時刻までに担当者がメールをチェックできない可能性もあります。 参加できなくなってしまった場合は、電話で欠席の連絡を入れましょう。 その後、「先ほどは内定者懇親会欠席の件、お電話でご対応いただきましてありがとうございました。 ご準備いただいていたところ、急な欠席となり大変申し訳ございません」などとメールを送っておくと、欠席の連絡をしたことも記録に残せるでしょう。 内定者懇親会に参加後、お礼メールを送る場合 お礼メールは、必ず送らなければならないというものではありませんが、内定者懇親会に参加して、担当者にお礼を伝えたい場合はメールを出してもよいでしょう。 お礼メールの例文と、送る際に気をつけるポイントを紹介します。 先日は内定者懇親会を開催いただき、誠にありがとうございました。 共に切磋琢磨する同期と顔を合わせることができ、 「入社後に一緒に頑張っていこう」と親睦を深めることができました。 またの機会がございましたら、ぜひ参加させていただければと思います。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (以下「署名」挿入) 【ポイント】 ・時間が空くほどお礼の意味が薄くなってしまうので、その日のうちか翌日をめどにメールを送るようにしましょう。 ・メールに内定者懇親会に参加して良かった点を具体的に書くと、お礼の気持ちがより伝わるでしょう。

次の