体 脂肪 減らす 食事 メニュー。 短期間で最も早く腹筋を割るための方法。おすすめの筋トレメニューまとめ。

体脂肪を減らす筋トレメニューとは?

体 脂肪 減らす 食事 メニュー

身体についてしまった余計な脂肪は落としたいですよね? 肥満は生活習慣病の原因になりますし、大事にしているオシャレな服も着れなくなってしまいます。 肥満かどうかの基準となる数値が「体脂肪率」です。 体脂肪率を落とそうと、歯をくいしばるような思いでダイエットをしている人は、けっこういますよね。 がんばってダイエットをしても、リバウンドしてしまう人が多いのは、根本的な改善ができていないからです。 ここでは、体脂肪や体脂肪率の基礎知識を理解してから、1ヶ月で効果が実感できる体脂肪率の落とし方を解説します。 カギは、「体脂肪をためない食事」と「体脂肪を燃焼させる運動」。 しっかりとした科学的な根拠に基づいた体質改善によって、リバウンドしない身体をつくりましょう。 目次 1-1. 体内に脂肪が蓄積するしくみ 1-2. 体脂肪の4つの役割 1-3. 最初に蓄えられる皮下脂肪 1-4. 内臓脂肪には要注意 1-5. 血液中の脂肪である中性脂肪とコレステロール 1-6. 肥満判定の基準になる体脂肪率 2-1. 体脂肪率を落とす食事 2-1-1. 脂質と糖質を摂りすぎないことが重要 2-1-2. 体脂肪をためない食べ方とタイミング 2-1-3. 1日のエネルギー摂取量 2-1-4. 体脂肪率を落とす食べ物 2-2. 体脂肪率を落とす運動 2-2-1. 運動の効果を高める3つのポイント 2-2-2. 体脂肪率を落とすのはややきつい全身運動 2-2-3. 体脂率を落とすウォーキングの基本 2-2-4. 5分でできる体幹トレーニング 1. 体脂肪率の基礎知識 「体脂肪」に、健康の敵というようなイメージがあるのは、生活習慣病がクローズアップされるようになり、ダイエットが流行したからです。 体脂肪は本来、健康な身体には欠かせない成分なのですが、過剰に増えてしまうことに問題があるのです。 脂肪の摂取や体脂肪に対して過剰な反応をしてしまうのは、正しい知識がないからです。 まずは「体脂肪とはなにか?」という基礎知識から解説をはじめましょう。 1-1. 体内に脂肪が蓄積するしくみ 「体脂肪」とは「体内にある脂肪」のことです。 人間が食事で摂取する栄養素は、「タンパク質」「糖質(炭水化物)」「脂質(脂肪)」「ビタミン」「ミネラル」が欠かせない五大成分で、「5大栄養素」と呼ばれます。 通常、脂肪といえば、この栄養素としての脂肪であり、体内に蓄積しているものを「体脂肪」と呼んで区別しているのです。 栄養素の脂肪は、すい臓が分泌するリパーゼ、小腸が分泌するいろいろな消化酵素によって、「脂肪酸」「モノグリセリド」に分解され、小腸の壁から吸収されて肝臓へと送られます。 脂肪は、肝臓や胆のうが分泌する胆汁と混ざって「乳化脂肪」となり、リンパ管から静脈を経て、全身の脂肪組織へと送られます。 1-2. 体脂肪の4つの役割 体脂肪が担う、健康な身体に欠かせない主な役割は、次の4つがあります。 それに対して、体内に貯蔵されている糖質は約210gでエネルギー量は840kcalほど、タンパク質は約6kgでエネルギー量は2万4000 kcalほどです。 糖質は貯蔵されるよりも直接的なエネルギーとして消費され、それが少なくなると肝臓が全身の脂肪組織から脂肪を集めてエネルギーとして使うのです。 大量に貯蔵されている体脂肪は、効率のよいエネルギー源で、140日分の基礎代謝を賄える量といわれています。 ですから、タンパク質があまりエネルギー源として使われてしまうと、生命維持に支障をきたす可能性も出てきます。 体内に貯蔵されているタンパク質も、緊急時のエネルギーとして温存されている傾向が強いので、体脂肪がエネルギー源となってタンパク質の消耗を防いでいます。 1-3. 最初に蓄えられる皮下脂肪 体脂肪は、皮下、内臓、筋肉、骨、血液、神経など、全身の組織の脂肪細胞に蓄えられています。 優先的に全身の皮下脂肪に蓄えられ、皮下で賄いきれなくなると内臓脂肪などに蓄えられます。 全身に存在する脂肪は身体をつくる成分となったり、エネルギー源となったりして、残ったものが皮下脂肪などの脂肪細胞に蓄えられるのです。 運動をすると、貯蔵量の少ない糖質ではエネルギーを賄いきれなくなり、皮下に蓄えられた脂肪が血液中に溶けて筋肉などに運ばれ、エネルギー源として使われます。 1-4. 内臓脂肪には要注意 皮下に貯蔵しきれなくなった脂肪は、身体の深い部分に入りこみ、内臓にもたまっていきます。 肥満には、皮下脂肪増加型と内臓脂肪増加型があり、内臓脂肪増加型の方が糖質や脂質の代謝が悪く、高脂血症などの生活習慣病を発症しやすいことがわかっています。 内蔵脂肪を減らすと、血液中の中性脂肪や総コレステロールも減少するので、糖質や脂質の代謝が改善されるのです。 1-5. 血液中の脂肪である中性脂肪とコレステロール 血液中の脂肪には、「中性脂肪」「遊離脂肪酸」「コレステロール」などがあります。 血液中の中性脂肪は運動時の重要なエネルギー源なので、運動不足になるとたまっていきます。 脂肪細胞内の中性脂肪が分解されて血液中に出たものが遊離脂肪酸で、やはり筋肉などに運ばれてエネルギー源になります。 コレステロールは動物性脂肪の一種で、全身の細胞膜の主成分となります。 血液中のコレステロールには、「LDL(悪玉コレステロール)」と「HDL(善玉コレステロール)」があり、LDLが増えると動脈硬化や心臓病の原因になり、HDLには体内のコレステロールを肝臓にもち帰って処理する働きがあります。 健康な身体を維持するためには、HDLの比率を高くすることが重要なのです。 1-6. 肥満判定の基準になる体脂肪率 体脂肪率とは、「体脂肪の総量を体重で割った値」で、%で表します。 体脂肪の重さを測ることはできないので、身体の数カ所の皮膚をつまんで厚さを測る「皮脂厚法」や、身体に微弱な電流を流して電気抵抗値を測定する「体脂肪計」などで、測定します。 体脂肪率は肥満判定の基準として用いられ、男性は20%以上で軽度肥満、25%以上で中等度肥満、30%以上で重度肥満と判定されます。 15歳以上の女性は、30%以上で軽度肥満、35%以上で中等度肥満、40%以上で肥満と判定されます。 体脂肪計による体脂肪率の測定は、体内の水分量によって変動するので、食後は2時間以上あけて測定しなければいけません。 1ヶ月で実感できる体脂肪率を落とす生活 ここからは、体脂肪率を落とす生活を解説します。 ポイントは、体脂肪をためすぎない食生活と、蓄積している体脂肪をエネルギー源として効率よく燃焼させる運動習慣です。 体脂肪率を落とす生活は、1ヶ月間実践すればそれでいいということではありません。 健康を維持するためには継続が大切。 また、一般的に男性と女性では、女性の方が体脂肪が多く、男性は10~19%、女性は20~29%が健康的な体脂肪率の目安となります。 2-1. 体脂肪率を落とす食事 体脂肪率を落とす食事は、「低糖質、低脂質、高タンパク質」が基本です。 5大栄養素のうち、体脂肪の主な材料となるのは、糖質と脂質なのです。 2-1-1. 脂質と糖質を摂りすぎないことが重要 体脂肪の材料となる糖質と脂質を必要以上に摂らないことが、体脂肪率を落とす食事の最重要ポイントです。 エネルギーとして使われずに余った糖質(ブドウ糖)は、体脂肪となって貯蔵されます。 タンパク質も体脂肪の材料になりますが、貯蔵されるのはごくわずかな量ですし、筋肉や血液などをつくるのに欠かせない栄養素ですから、摂取量を減らしてはいけません。 タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富な食品を毎日欠かさず摂り、糖質を控えて、適量の良質な脂質を摂る食事が肥満を防止します。 2-1-2. 体脂肪をためない食べ方とタイミング 体脂肪を増やさない食べ方で大事なことは、「早食いやドカ食いをやめて、よく噛んでゆっくり食べる」ことです。 ゆっくり食べることによって、食べている間にも糖質が吸収されるので血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎの予防ができます。 早食いをすると、血糖値が急上昇してインスリンの分泌が増えます。 インスリンには、脂肪の合成を促す働きがあるので、血糖値がゆるやかに上がるようにした方がいいのです。 また、1日に摂るエネルギー量が同じでも、1回で食べるのと3回に分けて食べるのでは、3回に分けた方が体脂肪は蓄積しません。 ドカ食いは、血糖値とインスリンが急上昇して、脂肪の合成を活性化させてしまいます。 人間は、夜になると副交感神経が優位になって消化吸収機能が高まるので、血液中のインスリンが上昇します。 インスリンが上昇した状態で食事をすると、糖質は効率よく体脂肪として貯蔵されるので、寝る前2時間以内の食事はNGです。 朝食と昼食に重点をおいて、夕食は軽めにするのが、体脂肪をためない食事のコツです。 2-1-3. 1日のエネルギー摂取量 1日に必要なエネルギー摂取量は、日常生活や運動などの活動量に応じて3段階に分けられています。 身体活動レベルが「高い」人とは、極度に体力を使う仕事やアスリートのような特別なケースで、軽い運動を毎日するような人が「普通」、1日のうち、ほとんど座っているような人が「低い」に該当します。 一般的に、肥満気味の男性が体脂肪率を落とすには1800kcal程度、女性では1500kcal程度の摂取量が目安とされますが、これは適度な運動とセットで考えなければいけません。 2-1-4. 体脂肪率を落とす食べ物 食材選びのポイントは3つ。 問題は、糖質と脂質の過剰摂取で、コレステロールや中性脂肪の合成を促すことです。 主食とされるご飯やパン、麺類などを摂りすぎないことと、フライやから揚げなど油をたくさん使う調理法も避けなければいけません。 コレステロールの含有量が多い食材も避けたほうがいいのですが、イカやサザエなどには血中コレステロールを低下させる「タウリン」や「オメガ3系脂肪酸」が含まれているので、適量を食べるのはプラスに働きます。 タンパク質やビタミン、ミネラルをしっかり補給することの重要性はすでに解説しましたが、ビタミンやミネラルは、できればサプリではなくて自然なかたちの食材から補給するようにしましょう。 ビタミンやミネラルは、単体ではなく、相互効果によって働くものが多いからです。 2-2. 体脂肪率を落とす運動 運動をすると、体脂肪はエネルギーとして消費されます。 体脂肪は、特定の部位だけ減少することはほとんどないので、体脂肪率を落とせても、腹部だけ痩せる、太ももだけ細くする、といった体脂肪の減らし方は期待できません。 同じ全身運動を行ったときに、男性の方が体脂肪量の減少が大きく、腹部の減少が目立ったのに対して、女性は全身の脂肪が均等に減少したという調査結果はありますが、基本的に体脂肪量は全身で均等に減少していくものと考えましょう。 2-2-1. 運動の効果を高める3つのポイント 体脂肪を効果的に落とすためには、3つのポイントが原則となります。 急に強い負荷をかけると、障害の可能性があるので要注意です。 2-2-2. 体脂肪率を落とすのはややきつい全身運動 体脂肪率を落とすことが目的であれば、激しい筋トレなどではなく、「ほぼ一定の強度で一定時間以上継続して行う全身運動」が適しています。 こうした運動は、「有酸素運動」「エアロビクス」と呼ばれ、ウォーキングやジョギング、サイクリングやスイミング、エアロビクスダンスなどがあります。 筋トレや短距離競争などは「無酸素運動」と呼ばれ、筋肉に貯蔵されている糖質を主なエネルギー源として使い、酸素を必要としません。 糖質の貯蔵量はとても少ないので、すぐに使い果たしてしまいます。 一方、脂肪をエネルギー源として使うためには酸素が必要とされます。 しかし、有酸素運動をはじめて20分ほどは血液中の脂肪が使われるので、20分以上続けなければ効果がなく、きつすぎる運動になってしまうと糖質ばかりが使われることになります。 ですから、ややきつい全身運動を20分以上続けることが、効率よく体脂肪を減らす運動のポイントなのです。 2-2-3. 体脂率を落とすウォーキングの基本 体脂肪率を落として肥満を解消、もしくは予防する運動としては、ウォーキングが最適です。 毎分心拍数120前後のペースで30分以上歩くことと、できる限り同じペースを守ることが基本となります。 歩幅は少し広めにとり、しっかりと蹴りだした足はかかとから着地、手は軽く握り、ヒジを曲げてキビキビと腕を振るフォームで、うっすらと汗をかくペースを守ります。 余分な体脂肪を燃焼させるためには、十分な酸素を体内に取り入れてやる必要があります。 息苦しさを感じるときは、酸素が不足している状態ですから、少しペースを落としてください。 慣れるまでは、1日おきに週3日以上、週に2日は休みをとるようにして、2週間様子をみましょう。 疲れが残らないようであれば毎日行って、また2週間様子をみてください。 2-2-4. 5分でできる体幹トレーニング 体脂肪率を落とすためには、十分な酸素が必要であることは理解できましたね。 体内に酸素を取り入れる呼吸には、いくつもの呼吸筋と呼ばれる筋肉が使われます。 呼吸筋の動きを楽にして、大きく動かせるようにする体幹トレーニングを紹介しましょう。 体幹の筋肉を調整して、呼吸筋が楽に動くようになるので、ウォーキングのウォームアップや、寝る前に行うと効果的です。 まとめ 脂肪をためない食事は、どんなときでも継続することが大事ですが、厳しいダイエットになってしまうと逆効果です。 週に1日は好きなものを食べる日を設定するといった工夫をして、ストレスをためないことも大事です。 運動は義務感でいやいややるのでは、効果が半減してしまいます。 体脂肪の燃焼にはホルモンの分泌が欠かせないものであり、意欲がホルモンの分泌を促すのです。 食事も運動も、「体脂肪率を落としたい」という意欲とやる気が、一番大事な要素。 それがなければ、継続することはできません。 【参考資料】 ・『読むダイエット 意外と知らない体脂肪の真実』 湯浅景元 著 廣済堂出版 2011年 ・『「良い体脂肪」が若く健康な体をつくる』 岳マチ子 著 すばる舎 2012年 ・ 最近の記事• 2020年6月29日• 2020年6月22日• 2020年6月16日• 2020年6月9日• 2020年6月2日• 2020年5月26日• 2020年5月19日• 2020年5月12日• 2020年5月6日• 2020年4月29日• 2020年4月22日• 2020年4月15日• 2020年4月8日• 2020年4月1日• 2020年3月25日• 2020年3月18日• 2020年3月11日• 2020年3月4日• 2020年2月26日• 2020年2月19日• 2020年2月12日• 2020年2月5日• 2020年1月28日• 2020年1月21日• 2020年1月14日• 2020年1月7日• 2019年12月31日• 2019年12月24日• 2019年12月17日• 2019年12月10日• 2019年12月3日• 2019年11月26日• 2019年11月19日• 2019年11月12日• 2019年11月5日• 2019年10月29日• 2019年10月22日• 2019年10月15日• 2019年10月8日• 2019年10月1日.

次の

体重を減らす方法がこちら!体重を落とす食事&運動3ステップ

体 脂肪 減らす 食事 メニュー

食事の見直しで体脂肪を減らす6つの方法 体脂肪を減らすのに、一番効果があるとされているのが、食生活の見直しです。 体脂肪を減らすためのおすすめの食材と食事において気をつけたいポイントなどを6つにまとめて紹介します。 食事をする時には、腹八分目を意識して、お腹いっぱいに食べ過ぎないように気をつけましょう。 できる方はカロリー計算をするようにして、余分なエネルギーを体内に取り込みすぎないようにすると、なおよいです。 インスリンは、穀物類などに含まれている炭水化物(糖質)により放出するので、それらの摂取を減らすことで脂肪が燃焼しやすくなります。 しかし、糖質を全く摂らないと、エネルギーが不足し、健康に悪影響を及ぼしますので、あくまで少し控えるくらいにしておきましょう。 タンパク質は、体内には常に留まらないので毎日継続的に摂取するようにしましょう。 とくにラム肉は、体脂肪を減らすことで注目されているL-カルニチンという成分が含まれているのでおすすめです。 そのため、早食いをしてしまうと、満腹感を得るまで時間がかかり、結果として食べ過ぎてしまいがちになります。 食事の時は1口30回以上は噛むようにすることで、食べ過ぎ防止と胃への負担も軽減できます。 飲み物としては、無調整の豆乳や低脂肪牛乳などが低カロリーでおすすめです。 一方で、炭酸飲料やアルコールといった飲み物は、糖分やカロリーが高いので気をつけましょう。 ・唐辛子 ・ブロッコリー ・アボガド ・キャベツ ・ごぼう ・トマト ・きゅうり ・ショウガ ・青魚 ・オレンジ ・リンゴ ・大豆製品.

次の

中性脂肪を減らすのに効果的な食事・食品・レシピとは?|脂肪燃焼コラム|コッコアポ|クラシエ

体 脂肪 減らす 食事 メニュー

記事の目次• 体脂肪を減らすために重要なポイント 体脂肪とは体に蓄えられた脂肪のことを指します。 そして体脂肪率とは体重に占める体脂肪の比率をパーセントで表した数値となります。 体にとって、体脂肪は体の機能を正常に保つためのホルモンの生成に不可欠なものです。 またエネルギー源を貯蔵して体温を適正に保つ働きや、外部からの衝撃に対して内臓守る働きもあります。 しかしながら、体脂肪がつきすぎてしまうと、逆に生活習慣病の発生のリスクが高まり、健康を損ねてしまいかねません。 そこで不必要な体脂肪を落とすために役立つポイントをご紹介します。 運動と食事のバランスを見直す 体脂肪率を減らすために運動は大切です。 しかし運動と同時に食事のバランスも見直す必要があるでしょう。 運動をして筋肉量が増えればそれだけ代謝が良くなりますので、脂肪の燃焼効率も上がります。 つまり痩せやすい体になるというわけです。 しかしながら、運動をいくらしても、それよりも上回る食事をしていると痩せていくことはないでしょう。 例えば30分のランニングで130キロカロリーの消費を目標にすることは悪いことではありませんが、それよりもコーラ一缶の150kcalを炭酸水に変えるといった方法でも摂取カロリーを抑えることができます。 運動をしているから大丈夫と思って食べ過ぎてしまうと、せっかくの運動も無駄に終わり、かえって太ってしまうということにもなりかねません。 極端に摂取カロリーを減らしすぎない 体脂肪率を下げるために極端に摂取カロリーを減らしすぎてしまうと、エネルギー不足となり筋肉を分解してしまいます。 筋肉量が減ってしまうと痩せにくい体になります。 さらに体が飢餓状態になってしまうため、生命を維持するために何としてでも脂肪を蓄えようと働きます。 そのためせっかく 摂取カロリーを減らして我慢しているのに、効率よく体脂肪が落ちていかないどころか、太りやすい体にもなってしまうのです。 このような理由から極端に摂取カロリーを減らしすぎてしまうと逆効果になります。 3大栄養素のバランスを考えたメニューを心がける 体脂肪率を適正に保つためには、三大栄養素のバランスを考えた食事を摂るとよいでしょう。 通常の食事に比べて、炭水化物の摂取量が約半分になっているのが特徴です。 このように 体脂肪落とす時には炭水化物を少なめに、そしてタンパク質を多めにとるというのがセオリーと言えます。 簡単で続けやすいメニューにする 体脂肪率落とすために食事はとても大切なものですが、毎回の食事で用意するのがとても手が込んでしまうと、結局は長続きしないでしょう。 そこで、 体脂肪を集中的に落とす時期だけでも、簡単で続けやすいメニューを徹底することをお勧めします。 それほど味にこだわることはできないかもしれませんが、簡単にできる理想的な食事を3食しっかりと食べるというのが体脂肪率を効率よく下げる上での基本です。 無理なく体脂肪を減らすポイント 体脂肪率を減らすのは難しいと考えておられる方もいるでしょう。 しかし、しっかりとポイントを押さえて取り組めば無理なく体脂肪を減らすこともできます。 ここではそのポイントとして押さえておきたい事柄をまとめました。 炭水化物を減らす まずは炭水化物を減らすということを心がけましょう。 炭水化物は糖質とも言われます。 炭水化物の摂取によって血糖値が上昇し異常なインスリン分泌を促すことがあります。 インスリンとは血液中の栄養素を体組織に組み込むとても重要な役割をする物質ですが、血糖値の異常な上昇によって血中の栄養素を脂肪細胞として合成してしまうという側面もあります。 そのため 炭水化物を適正以上に摂取してしまうと、太りやすく脂肪が増えやすい体になります。 こうした理由から体脂肪率を減らすためには炭水化物の摂取量を減らす必要があるのです。 たんぱく質を増やす 体脂肪率を減らすポイントとしてタンパク質を増やすという点も挙げられます。 タンパク質を多く取ることによってそのまま筋肉を保つことにつながります。 筋肉が増えていればそれだけ代謝効率が上がりますので、痩せやすい体になるといえます。 運動している日としていない日でメニューを変える 体脂肪率を落とす際に、脂質と糖質の組み合わせは常に割けておく必要があります。 しかし運動をした日のメニューとしては糖質をしっかりと食べた方が、トレーニング効果が上がることが分かっています。 糖質は運動によって疲労した筋肉を素早く回復してくれます。 増量用のプロテインはタンパク質を効果的に吸収するのに役立ちます。 運動した時にはこのようなしっかりとした栄養素を取らなければ筋肉が増えず、せっかくの運動が無駄になってしまうのです。 目先の体重だけに気を取られず長期的な目で代謝効率の良い体作りを目指しましょう。 体脂肪を減らしやすい食材 体脂肪率を減らすためにとりわけ効果を発揮する食材を利用することによって、効率よく体脂肪率を減らすことができます。 ここでは体脂肪率を減らしやすい食材と、なぜそういえるのかについてご紹介します。 リンゴ りんごは体脂肪率を減らす上でのスーパーフルーツといえます。 りんごには食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富で入っています。 さらには筋肉を作るために不可欠なたんぱく質も入っています。 しかしここで注意したいのは りんごダイエットのようにリンゴで一食を置き換えないことです。 そうしてしまうと結局極端なダイエットには成功するかもしれませんが、リバウンドしやすい体になってしまいます。 今の食事にプラスしてリンゴを取り入れていくことを意識しましょう。 キャベツ キャベツにはカリウムやカルシウム、マグネシウムといったミネラルが豊富です。 またビタミンも豊富に含まれています。 とりわけキャベツには水溶性ビタミンという水に溶けやすい性質を持つビタミンが含まれています。 この 水溶性ビタミンにはダイエットに効果の期待できる栄養素が多く含まれているのです。 特にビタミンB1やビタミンB2は脂質の代謝を助ける働きがあります。 青魚 青魚にはEPAという中性脂肪とコレステロールを抑える成分が含まれています。 EPAとはエイコサペンタエン酸というもので人の体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸の一つです。 近年この成分に体脂肪の燃焼の効果があることが発見されました。 体脂肪減らす効果の高いおすすめメニュー10選 体脂肪を減らす効果の高いメニューはたくさん存在しますが、その中でも作りやすく普段の食事にすぐに取り入れやすいメニューをご紹介します。 今日の食事から試してみるのはいかがでしょうか。 脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープというダイエットのためにあるようなスープです。 キャベツや玉ねぎといった野菜を、お手頃な大きさに切り、トマト缶とコンソメスープの素を加えて味を整えます。 適量の水を加えて煮込むだけで完成しますので、とても簡単です。 参照: 鯖水煮のトマトスープ 脂肪燃焼に効果の高い鯖を使ったトマトスープです。 鯖缶をトマト缶や玉ねぎと一緒に煮込みます。 鯖缶の臭みもなくとても飲みやすい味と舌触りになっているので、誰でも気軽に取り入れることができるでしょう。 参照: 山芋とこんにゃくのお好み焼き キャベツや山芋と言ったヘルシーな食材で作るお好み焼きです。 山芋がふわふわな食感となり、かさましにもなるので、満足感もあります。 体脂肪率は減らしたいけど、空腹も嫌いという方にぴったりのメニューといえます。 参照: そばパスタ 高タンパク質、低脂肪の体脂肪を減らすにはうってつけのメニューです。 食材もコンビニで簡単に手に入れることができるものばかりですので、スーパーに買いに行く時間の無い方でも簡単に作ることができます。 パスタの代わりに低GIが低いそばを使うのがポイントです。 参照: 玉ねぎとわかめの簡単サラダ わかめが豊富に含まれていて体脂肪がつきにくくなる簡単なサラダです。 玉ねぎとわかめとドレッシングというとてもシンプルなレシピですので、誰でも簡単に作ることができるでしょう。 スライサーがあれば玉ねぎをスライスする際にとても便利です。 参照: 大豆とチキンのカレースープ 小さじいちのクミンパウダーを使うのがポイントのカレースープです。 クミンパウダーによって体脂肪を減らす効果を上げることができ、なおかつ主食としても十分なボリュームを誇ります。 大豆水煮とサラダチキンからタンパク質も豊富に摂取できるのも魅力的です。 参照: 豚こまのカレー炒め カレーやにんにくや生姜といった体脂肪の燃焼を促進する調味料をしっかりと揉み込み炒めるだけの簡単なレシピです。 豚のこま切れ肉を使用することによって食べ応えも期待できます。 参照: 白いんげん豆のマリネ 白いんげんにはビタミンBや食物繊維また良質なたんぱく質が豊富に含まれています。 そのため、 代謝促進にはうってつけの食材と言えるのです。 この白いんげんをマリネにして美味しくいただきましょう。 参照: オクラとたらこの味噌汁 オクラのネバネバは体の疲れを取るだけでなく、体脂肪をつきにくくしてくれると言われています。 このオクラとたらこを取り入れた美味しい味噌汁は、体が疲れているときや、体脂肪を減らしたい時にぴったりのメニューと言えるでしょう。 使う材料も少ないので誰でも簡単に食卓に取り入れることができます。 参照: セロリと厚揚げの炒め物 厚揚げを使うことによってとてもヘルシーな炒め物となります。 オリーブオイルを使うことによってさっぱりとした味わいとなるのも特徴です。 また、 セロリを扱う際には一度茹でてから使うと臭みがなくなるのでおすすめです。 参照: まとめ 体脂肪率を効率よく落とすことによって、健康的な体を作ることができます。 運動と食事の内容をバランスよく考えましょう。 自分にもできそうだと思えたおすすめメニューもぜひ食卓に加えてみてください。

次の