オオサカ 堂 アフィリエイト。 オオサカ堂 逮捕

オオサカ堂にアフィリエイトは儲かる?やり方を紹介

オオサカ 堂 アフィリエイト

個人輸入代行業者のネット通販サイトから医薬品を購入するメリットは大きいです。 『個人輸入で医薬品を手に入れて使うことは全て自己責任になる』ということです。 例えば、個人輸入で海外の発送業者から直接医薬品を購入したり、海外旅行へ行って現地で医薬品を買いつけて日本へ持ち帰ったりして、その薬を服用した結果 何らかの健康問題が起きても全て自己責任となります。 個人輸入代行業者を通じて買っても同じことで、業者はあくまで個人輸入で医薬品を手に入れたい人のために買い付けや手続きの代行をするビジネスをしているだけであり、 購入者がその薬を服用した結果について業者は絶対に責任を取りません。 この場合も全て購入者の自己責任となります。 何が起きても誰のせいにもできないということです。 また個人輸入で手に入れた医薬品を転売や譲渡することは法律で禁じられています。 自分が使うためだけに利用しましょう。 個人輸入代行業者を通じて医薬品を買い付ける場合は、通常のネット通販と同じ感覚で買うべきものではなく、 買おうとしている医薬品の商品知識をあらかじめ熟知しておかなければなりませんし、業者を選ぶ際にも偽造品や粗悪品を掴まされないように注意しなければなりません。 特にED治療薬はネット通販で出回っている製品の55. 実際にネット通販で買った医薬品を偽造品とは知らずに服用して死亡したケースもあります。 薄毛治療薬でも今後そういったトラブルが起きないとは言い切れません。 ベストケンコーなど偽者組織が運営するサイトが数多くあるのが現状です。 多くの個人輸入代行業者は所在地を外国に置いています。 これは多くの業者が薬機法(旧薬事法)違反のサイト運営をしているためで、もし日本の捜査当局が摘発に乗り出しても外国には日本の法律が適用されないので逃げ道を確保するためだとされています。 そこでこの記事では、個人輸入代行業者として取り扱い量が最大クラスで販売価格が安い 『オオサカ堂』と 『アイドラッグストアー』を紹介します。 これらのサイトの運営会社が信頼できるのかについて書いていきたいと思います。 これはあくまでも私の私見です。 読者の方が実際に購入する際にはご自身の責任の元で判断して頂きたいと思います。 『オオサカ堂』は信頼できる業者か? オオサカ堂は創業19周年の個人輸入代行業者です。 一般にインターネットが普及し始めたのが1998年くらいですから、たった19年ではありますがネットビジネス業界では黎明期から続いている老舗企業と言っても良いでしょう。 楽天よりも歴史が長いです。 特に発毛剤に力を入れていて、フィナステリド剤 プロペシア、フィンペシア やミノキシジル剤 ロゲイン、カークランド などを購入できます。 運営会社はRoy Union Ltd. ロイユニオン 、所在地は香港、責任者は外国人のようです。 オオサカ堂以外にも複数の個人輸入代行のサイトを運営しています。 「オオサカ堂は薬機法違反をしている」とオンラインビジネスの国際的な監視機関であるLegitScript が注意喚起をしています。 日本では医薬品などの広告には非常に厳しい基準があって、わずかな表現の間違いでも薬機法違反となります。 オオサカ堂のサイトを見ると、レジットスクリプトの指摘通り薬機法に違反している可能性が高いです。 オオサカ堂スタッフブログに至ってはもう完全にアウトでしょう。 今後当局に摘発されて突然オオサカ堂のサイトがなくなたっり、ドメイン名レジストラ会社の自主規制によりドメインが変更になるということが起きても不思議はありません。 もし利用者が注文してお金を払い込んだ後にサイトが消えたらどうなるのでしょうか。 払い戻されるのかちょっと不安ですね。 こういったリスクがあることは頭に入れておいた方が良いです。 ただレジットスクリプトの意見は調査に基づいたものだけでなく妄想で語っている部分もあるので少し過度な批判だなと私は思います。 オオサカ堂の広告の違法性は高いですが悪意はないように見えますので、単純にコンプライアンス意識がとても低いのだと思います。 ここまでを読むとオオサカ堂はなんだか怪しい業者だという印象しか持ちませんが、意外と実績はしっかりとしたものがあります。 オオサカ堂に問い合わせたところ、創業以来偽造品の輸入代行をしたことはなく、そういったトラブルもこれまで一度も起きていないとのことです。 またオオサカ堂が提携している現地の出荷元は製薬会社から直接仕入れを行っているので商品は全てメーカー純正品です。 その裏付けとして成分鑑定書がついている商品もあります。 ただ鑑定書の一部にモザイクをかけているので検査機関がどこなのか分からなかったり、 海外の玩具を売りにしている検査機関に医薬品の成分鑑定を依頼していたこともあるようで、鑑定書については信頼性に疑念が残ります。 長期の販売実績があるからか、医師からの依頼で病院や診療所への扱いもあるとサイトに記述があります。 サイト内の口コミはオオサカ堂が自分たちに都合よいものだけ掲載できるので信用できるかは分かりませんが、偽造品などのトラブルに関する口コミは見たことがありません。 利用者の評判も悪くなさそうです。 トータルで考えると、オオサカ堂の広告には法的な問題がありますが商品の信頼性は高いようです。 病院もオオサカ堂で購入しているようですし、身近では私の友人もオオサカ堂で購入していますが全く問題はないと聞いています。 中国人によくある遵法精神が弱く商売っ気が強い印象の業者ですが、一方で積み上げてきた信用もあるようですね。 私がメールで問い合わせた時も返事がその日のうちに返ってきましたし、利用者への対応が早いなという印象を持ちました。 支払い方法はクレジットカード 一括払いのみ と銀行振り込みだけです。 VISAカードは使えず、使えるのはJCBとアメックスのみです。 代引きやコンビニ払いはできません。 支払い方法はちょっと不便さがあります。 商品の価格は為替の影響も受けます。 また表示価格に送料が含まれているので、送料無料とも言えますね。 『アイドラッグストアー iDrugStore 』は信頼できる業者か? アイドラッグストアーは1997年開設の個人輸入代行通販サイトです。 インターネットビジネス界では老舗企業です。 アイドラッグストアーの取り扱う商品数は非常に多く、 AGA治療薬以外にもED治療薬や睡眠剤など様々な薬のニーズに応えることができます。 東京日本橋に所在地を置くオズ・インターナショナルという 日本国内の会社が運営しています。 アイドラッグストアーは1997年開設ですが、運営会社のオズ・インターナショナルは1980年創業です。 美容雑貨や脱毛ワックスの輸入・卸業からスタートしました。 輸入業としては36年の実績がある企業です。 経営者は瀧澤泰三さんという日本人の方のようです。 現在ではアイドラッグストアーの他に複数サイトを運営しています。 この会社は過去にトラブルに見舞われたことがあります。 2008年には2万件の個人情報流出がありました。 原因は中国からのSQLインジェクション攻撃 不正アクセス。 この時は顧客への弁償やセキュリティシステムの強化などの対応を迅速に行いました。 2011年9月には広告の表示法を問題視され薬事法違反で書類送検されています 後に不起訴。 ただし、不起訴になっていることからも分かるように、これは制度の変更に会社が時間的問題で対応できなかったというちょっと運の悪いところがあった事件だったので悪質なものではありませんでした。 2つの事件がありましたが、一つ目は悪意のある第三者からのクラッキングだし、二つ目は急な制度変更があったためで不起訴にもなっていますし、ちょっと運が悪かったなという話なので、会社の社会的信用を真に損なうようなものではないと思います。 むしろトラブルに見舞われたことを教訓として 「情報漏えい対策の徹底的な強化」と「サイトの遵法運営を強化」しています。 現在では、クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSSを認定取得するなど 非常に高い情報セキュリティシステムになっています。 参考: これまでの対応をみると、突発的な問題が起きても常に誠実に対応してきましたし、真面目に企業経営をしようと努力をしておられる経営者の方だなという印象を受けますね。 公式サイトに「 厚生労働省の指導に基づき運営しています唯一の国内事業者です」とあるように、サイトの作りは法律に則ったものになっています。 国内に籍を置いている企業なので日本の法律を明確にクリアしなくてはなりません。 そのため 私たち利用者はアイドラッグストアーで医薬品を購入する際に、自分で医薬品の名前を検索窓に打ち込まなければ商品ページに辿り着けない仕組みになっています。 ユーザーとしては少し面倒ですが、これは薬機法で義務付けられていることなので仕方ありません。 実はほとんどの個人輸入代行業者のサイトはこの仕組みになっていません。 堂々と法律を無視して、不法に利益を上げているんです。 それらのサイトを見ると日本人がやっているように見えますが外国籍の企業ばかりです。 次に医薬品の信頼性についてですが、 アイドラッグストアーでは製薬会社の純正品のみを取り扱っており、 医薬品は定期的に国内の検査機関に品質検査を依頼し成分鑑定書が掲載されています。 ただ鑑定書についてはオオサカ堂と同じくやはり鑑定人のところがモザイクです。 その理由をアイドラッグストアーに聞いてみたところ「ネット公開するにあたり個人名を伏せる契約を検査機関としている」とのことでした。 個人情報保護の観点からモザイクをかけているのかもしれませんが、せめて鑑定人の法人名だけでも公表した方が信頼性は高まるのでは?とは個人的には思います。 また、創業以来、 過去に偽造品が混入してしまったというようなトラブルは一度もないとのことなのでその点も信頼できます。 「医療機関にも提供しているのでご安心ください」とも仰っていました。 実際にオズ・インターナショナルではという医療関係者専用のサイトを通じて 国立病院、研究機関、私立大学病院、クリニック、企業など2700名以上の医療関係者に医薬品の輸入代行を行っています。 これだけ多くの医療関係者が利用しているのであれば、品質は病院で処方してもらう医薬品と変わらないと言えるでしょう。 私はアイドラッグストアーにメールでいろいろと問い合わせをしたのですが、いつも返信が非常に早かったです。 いくつも質問を投げましたが、翌日には丁寧に回答して頂けました。 このように客観的、総合的に精査してみると、現在のアイドラッグストアーは非常に信頼性が高い業者と言えそうです。 私は数多くの個人輸入代行業者について調べていますが、アイドラッグストアーが一番信頼できる個人輸入代行業者です。 実際に私もアイドラッグストアーを利用していて、薄毛治療薬のプロペシアやロゲイン、脂漏性皮膚炎に効くニゾラールシャンプーなどを購入しています。 また私がアイドラッグストアーを使う理由はもうひとつあって、 法律を無視している海外の業者には儲けさせたくないし、真面目な日本国内の業者に頑張ってもらいたいからです。 私が国内業者で買い物をすることによって微々たるものであっても国の税収を上げたり、国内の景気に少しでも貢献したいなと思っています。 支払い方法は、クレジットカード、コンビニ払い、銀行振り込み、郵便振替、代引きから選べます。 ただし代引きは一部商品に限られます。 送料は1200円以上の購入金額の場合はかかりません。 私はいつもクレジットカード払いなので、支払いは簡単ですね。 アイドラッグストアーが評価の高いサイトのせいか、マネをしようとする他の会社もあります。 例えば、idrugstore. asiaという類似したサイトがあるのですが、 それは悪質な業者が似せて作ったサイトですので、ご自分でYahooやGoogleで検索してアイドラッグストアーの公式サイトを探す際には十分に注意をしてください。 アイドラッグマートというサイトもありますが、アイドラッグストアーに名前やロゴを意図的に似せていると考えられます。 アイドラッグマートは海外の業者が運営している全くの別物の会社です。 うっかり間違えないようにしましょう。 ・海外からの輸入品なので、運送途中でダンボール箱の角などが多少潰れたりすることはよくあります。 海外の運送業者が扱うので仕方ないところですね。 その点、日本の運送業者の丁寧さは世界基準と比べるとやはり別格ですね。 ・稀に医薬品の入った箱が開けられたあとが見受けられる場合もあります。 これは何かを混入されたとかでなく、通関手続きの際に抜き打ちで検査が行われて開けられることがあるためです。 ・納期については輸入なので日数がかかります。 発送元の国や発送元業者によっても差がありますので何日かかるかはケースバイケースですね。 私の経験から言いますと、アイドラッグストアーでは おおむね1週間~2週間以内に到着します。 薄毛治療は時間との勝負という面があり、早く治療しないと毛根組織の寿命が尽きて発毛しなくなってしまいます。 ですから本来ならば医薬品をすぐに手に入れて治療を開始したいところですが、最初にも述べたように、個人輸入業者を通じて医薬品を購入するのは自己責任になります。 やはり不安だなと思う方は、AGAクリニックなどの病院へ行って処方してもらうのが総合的にみて一番良い選択肢だと思います。 個人輸入で薬を手に入れる一番のメリットは安く医薬品を手に入れられることなので、その点を重視される方は私のように自己責任において利用しましょう。

次の

オオサカ堂の新ホームページはこちらです

オオサカ 堂 アフィリエイト

引っ越しのご案内メールが届かなかったお客様 驚かせてしまい申し訳御座いません。 オオサカ堂の新ホームページアドレスは です。 オ(o)は一つです。 間違えないようにしてくださいね。 新ホームページになったからと言って値段が高くなったりなんかしていません! 今まで以上にオオサカ堂は皆様に少しでもお得に注文していただけるよう努力してまいります。 オオサカ堂のスローガン 『信頼の個人輸入代行』その名に負けぬよう、 さらに頑張ってまいります。 お気に入りにご登録されているお客様。 にお気に入りのご変更をお願い致します。 オオサカ堂のモットーは『誠実と信頼』です。 それは、個人輸入を希望されるお客様に対してであり、取り扱う商品に対しても同様です。 オオサカ堂は、オオサカ堂が自信を持ってお客様に提供できる商品のみ取り扱っております。 出荷元は医薬品取り扱いライセンスを保持している大手ホールセラーであり、オオサカ堂の取り扱う商品は100%正規品であります。 今後とももぜひオオサカ堂をご贔屓に、どうぞよろしくお願い致します。

次の

オオサカ堂は偽物?!口コミ評判や違法性を徹底解説!

オオサカ 堂 アフィリエイト

医薬品の脱毛症治療薬「プロペシア」を無許可で販売したとして、薬事法違反に問われた高岡市駅南、会社員金崎尚士被告(57)の判決公判が6日、富山地裁であった。 中村仁子裁判官は「医薬品かもしれないと認識しつつ販売したことは悪質で、責任は重い」として、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金40万円(求刑・懲役1年6月、罰金40万円)の有罪判決を言い渡した。 判決などによると、金崎被告は今年2-3月、国の許可がないのに、自身が運営する育毛シャンプー販売のネットサイトを通じ、医師の処方が必要なプロペシアを東京都と長野、愛知両県の男性3人に販売した。 過去、上記のような逮捕者が出ているので、オオサカ堂もつながらないので逮捕されているのではと考えている方も多いかと思います。 ただ、 今回の騒動に関しては逮捕されているわけではなく、何かしら別の制裁措置を取られているものかと。 先日もベストケンコーがレジットスクリプトによるドメイン停止措置を受けたばかりですので、オオサカ堂ユーザーの方はご心配されているのではないでしょうか? そもそも、香港に所在を置いてるのは、日本警察対策かと思われます。 サイトを見ていると全て日本語表記、10年以上続いている医薬品輸入代行老舗サイトとなっているので、香港に所在があることは一向に気づきませんが。 ただ 日本国内運営業者に比べると、やはり信頼性に欠けるのも事実。 なぜ、オオサカ堂 逮捕というキーワードが多く検索されているのか?! そこには、所在地(香港本社)、サイト運営会社など、様々な要因からくるユーザーの疑念が含まれていると思います。 は場合によっては逮捕なんてこともあり得ますから、早いうちからこのジャンルでのアフィリエイトからは撤退することを... 結論は?:オオサカ堂 逮捕されているの? 結論としては、オオサカ堂から逮捕者が出ているという情報はないので、逮捕はされていないのだと思います。 ただ、前述したように逮捕者がでるような事もあるので、信頼できる医薬品輸入代行業者から100%正規保証品を買う事が賢明でしょう。 個人輸入した医薬品によって、健康被害が起こっても自己責任となってしまい、誰も助けてくれません。 それらを踏まえて医薬品の個人輸入を考えましょう。 輸入代行・販売などは違法なのか?どんな場合に可能なのか?など 薬機法旧薬事法の規制とともに考えていきます。 個人輸入には、インターネットで購入したり、海外旅行に行った際に現地で購入して持ち帰ったりするケースがありますよね。 どの場合でも個人輸入は、「自分自身で使用する場合のみ認められる」というルールがありますので、自分のために使うだけであれば、合法です。 全く違法にはなりません。 日本の薬機法的に医薬品ではない医薬部外品養毛剤やドリンク剤などやサプリメント医薬品的成分が入っている、または医薬品的な効果を示している場合でも、医薬品と見なされる場合があるのでそれには注意してください。 では、どんな場合に自己使用であっても許可が必要なのでしょうか? あとは、健康被害が出る恐れのある商品です。 これの代表は指定薬物危険ドラッグも含むです。 日本の医薬品は、承認されている範囲内でしか効果を表示することができません。 しかし、海外医薬品の場合、虚偽または誇大に効果をうたっている場合もあります。 商品パッケージに書かれている有効成分が多すぎる場合や、表示されていない成分が入っている場合もあります。 こわいです。 また、海外では、正規メーカー製品の偽物が多く出回っています。 例えば、インターネットで手に入るED勃起不全治療薬は、半分以上が偽造品であったとの調査結果も出ています。 精巧に作られているものも多く、見分けるのは非常に困難です。 例えばですが、具体的にはどんな健康被害があるのでしょうか? 例になりますが、「バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発された経緯があり、血管を拡張させて血流量を増加させる作用があります。 これが陰茎周辺に働いて勃起をもたらすわけですが、有効成分過多の場合、全身の血圧が下がりすぎて意識を失ったり、最悪は死に至る可能性もあります。 飲んでも効かなかったら、それはラッキーだと思ったほうがいいでしょう」というものや、 「特に多いのがグリベンクラミドという糖尿病治療薬。 血糖降下作用が非常に強く、糖尿病でない人が飲むと突然、低血糖で倒れることがあります。 血糖値が50mg/dl以下になると中枢神経症状が現れ、30mg/dl以下では意識レベルの低下から昏睡状態、そして死に至ることもあります。 実際に奈良県で、ニセモノのED治療薬との因果関係が否定できない死亡例が11年に報告されています。 偽造医薬品を口にするのは危険極まりない行為なのです」 こういったものの被害にあわないよう、信頼できる医薬品個人輸入代行業者から購入するようにしましょう。 オオサカ堂 オオサカ堂は古くからある医薬品輸入代行業者です。 だからある程度の実績はあるようにも見えますが、過去にも突然ホームページが閉鎖されたこともあります。 それは取り締まりにあったときのようですが、それはあとからわかることであり、そのときオーダー中で、まだ商品が手元にとどいていない人からしたら、 「えっ、詐欺にあったのか?!」 と驚いても不思議はありません。 海外の業者というのは、どこか信用できないものです。 何かあっても日本語が通じる保証もありません。 さらに、連絡先も海外で時差もあり、連絡がつくかどうかもわかりません。 それでしたら、日本に、国内に会社のある業者のほうが、もしもの時に安心です。 安心できる業者から購入しましょう。 オオサカ堂と通販 オオサカ堂 海外から医薬品を購入するには、薬事法や税関等の手続に関する知識が必要となるため、個人では非常にむずかしいです。 ですから、その面倒な手続き等を個人の代わりにやってくれるのが個人輸入代行業者であり、私たち一般消費者は、医薬品輸入代行業者を通じて海外の医薬品を購入するのが 一般的となっています。 そして、その個人輸入代行業者の中でも、有名な会社の一つがオオサカ堂です。 しかし、有名であるからといって、初めて海外から医薬品を購入する場合には、誰でも 入金しても商品がこないのでは? 偽物が送られてくるのでは? 詐欺にあわないかな?? などの色々な不安が付きまとうと思います。 そこで、オオサカ堂について調べてみました。 オオサカ堂は大丈夫か オオサカ堂を運営しているのは、ロイユニオンという会社で、本社は香港にあります。 オーナーは中国人華僑である事がわかりました。 このロイユニオンという会社は、このオオサカ堂以外にも、オランダ屋やJISAという医薬品の個人輸入業を営んでいます。 さて、本社が香港でオーナーが中国人と言うと、私たち日本人はどうしても良いイメージが持てなくて、危険ではないか?または偽物がくるのでは?と考えてしまいます。 しかし、本社を構える香港はアジア屈指の国際都市であり、また東京には及ばないものの非常に大きな経済都市でもあります。 ですから、まあ一応会社はそこにあるんだという認識の参考にはなります。 オオサカ堂はネット通販? オオサカ堂は注文をすべてネットで行う、いわばネット通販サイトのようなものです。 日本でネットがある程度普及しだしたのが、1990年代半ばくらいですが、そのころに会社ができているので、ネット通販サイトでは、古くからある部類に入るわけです。 ですので、昨日今日できた会社ではないことはわかります。 オオサカ堂で海外医薬品を購入しても危険はない? 次は、オオサカ堂で海外医薬品を購入しても危険はないかについてです。 オオサカ堂は、電話での注文は受け付けていなくて、基本的にはすべてネットを使っての注文となります。 ネットを使った買い物となるとどうしてもセキュリティ面が気になるわけですが、オオサカ堂はだいじょうぶでしょうか? ネット注文には、どうしても注文者の情報を入力しないといけませんが、その時にセキュリティが甘い場合には、そこから簡単に個人情報が漏れてしまうので危険です。 購入者の個人情報の中で最も重要なのはクレジットカードの番号であり、これが悪意を持った第三者に渡ってしまうと、大きな被害を受けてしまいます。 しかし、オオサカ堂の場合、このクレジットカードに関する情報は、自社のデータベースとしては保管していません。 なので、そこからクレジットカードに関する情報が漏れることはないと思われるということです。 ただし、クレジットカード情報を管理しないために、オオサカ堂で購入する場合には、毎回カード番号を打ち込まないといけません。 これはこれで、少々めんどくさいですが、セキュリティ面の安全確保ため、毎回打ち込みましょう。 でもやっぱり、絶対大丈夫とは言い切れないし、海外法人なので、いざとなったらいくらでも言い逃れ・責任逃れしてきます。 そんな会社大丈夫か疑問が残ります。 オオサカ堂の商品は本物? 海外から商品を輸入する場合に、一番心配となるのが、その商品が本物なのか?という事です。 もし仮に偽物が郵送されてきてしまっては、高いお金を払ったのが無駄になってしまいます。 ましてや体内にいれる医薬品の場合には、どのような恐ろしい副作用があるかわかりません。 さて、ではオオサカ堂で購入する医薬品は本物なのでしょうか?それとも偽物なのでしょうか? オオサカ堂は単なる輸入代行業者であるため、商品の仕入れについては、提携した現地の卸売業者 ホールセラーからという事になります。 ここで重要なのが、その卸業者が信用に値する業者であるかという事です。 偽物を本物と偽って販売するするような悪徳業者も当然います。 では、オオサカ堂はどのような卸売業者と提携しているのかと言うと、正規医薬品取扱いライセンスを保有した大手ホールセラーとスタッフブログに書かれています。 でも、ブログにそう書かれているだけです。 成分鑑定書もあるようですが、そんなの自分たちでも作れそうです。 やっぱり、海外香港などではなく、日本に会社がある法人から購入するほうが安心できそうですね。 結論は?:オオサカ堂 逮捕されているの? 結論としては、オオサカ堂から逮捕者が出ているという情報はないので、逮捕はされていないのだと思います。 ただ、前述したように逮捕者がでるような事もあるので、信頼できる医薬品輸入代行業者から100%正規保証品を買う事が賢明でしょう。

次の