魔法 科 高校 の 劣等 生 最強。 魔法科高校の劣等生の声優陣まとめ一覧!劇場版新キャラの声優は?

魔法科高校の劣等生で現時点で最強キャラは九重八雲ですか?

魔法 科 高校 の 劣等 生 最強

国立魔法大学附属第一高校。 四葉直系に相応しい圧倒的な魔法力と優秀な筆記成績をもって新入生総代を務めた彼女は、魔法師社会において一種の禁忌とも見なされる四葉家の人間として恐怖を抱かれることも少なくなかった。 しかし、当の本人の上品ながらも気さくな性格と差別意識を許さないその信条から二科の生徒とも交流をもち、入学当初に起こった一科生と二科生の軋轢を諫めるという出来事から、彼女に対する周りの評価は概ね好評だった。 一年生の中で、あるいは全校生徒の中でも一躍有名になっても批判や陰口の対象とならないのはその類まれなる容姿もあってこそなのかもしれないが。 さて、全校から注目される四葉深雪と違って表立っては注視されないが、生徒会の面々やクラスメイトからちょっとした注目を浴びる男子生徒もいる。 名前は、司波達也。 無名の家からの出身らしく魔法力は合格ラインギリギリであるのに対して、筆記試験に関しては総代の四葉深雪を遥かに凌いで一年トップ。 もしかすると全校の中でも上位に入るのではないかと思わせるような知性を感じる彼の小論文に教師陣は度肝を抜かれたらしい。 性格は大人しく、悪く言えば地味。 どう頑張っても目立つアンバランスな成績を修めながらも本人は決して目立たない。 委員会にも部活にも属さず、放課後は姿を見せないことからすぐに下校しているのではないかと噂されている。 噂、でしかないのは誰も彼が帰っているところを見たことがないからだ。 数少ない友人も必要最低限の関わりしか持たず、基本的には聞き手に回るらしい。 真由美や摩利が彼の頭脳を差別撤廃のきっかけにするために風紀委員に勧誘したときはすげなく断られてしまった。 二科の友人を通じて知り合いであるらしい深雪に助力を求めても困ったように笑い軽く首を振るだけ。 実に不思議な生徒なのだ。 第一高校の三巨頭と呼ばれる三人に四葉深雪、十師族の直系が三人も揃っている。 場違いな雰囲気に苦笑いしそうになるのを抑えつつエリカとレオは目覚めた紗耶香がぽつぽつと語りだす内容に耳を傾けていた。 「やはり、背景にいるのはブランシュですか」 「…ええ」 紗耶香が肯定を返すと深雪の美しい顔から表情が抜け落ちる。 まるで彼女の得意とする冷凍魔法のように空気が冷え切っていくのを感じて、周りの面々は息をのんだ。 彼女は怒っている。 しかし、人形のような無表情に隠し切れない怒りをにじませてもなお彼女は至極冷静だった。 「ではまず彼らがどこにいるのかを突き止めましょうか」 「…四葉、一戦交える気なのか」 「その表現は妥当ではありませんよ、十文字家当主代理殿。 一戦交えるのではなく叩き潰すのです」 絶句。 思いもよらない発言に全員の心が一致する。 いくら深雪が十師族の直系であり優秀な魔法師であろうと相手はテロリストなのだ。 明らかに学生の領分を超えた危険な行為だ。 「ねえ四葉さん、もし私のために言っているのならやめてちょうだい」 紗耶香は二科の自分の能力を認めて悪夢から脱出するきっかけを与えてくれた深雪に深く感謝している。 だから恩人である彼女が危険な戦いに身を投じようとするのをとめようと震える声で必死に言葉を紡いだ。 「いいえ壬生先輩、これは貴女のためではありませんよ」 「え…?」 「これは報復です、四葉たる私の領域に手を出した者たちへの」 彼らは頭に冷水を浴びせられたような錯覚に陥った。 唐突に理解したのだ、四葉が何故禁忌と呼ばれるのかを。 敵と断じた者には容赦しない、そして彼らにはそうするだけの能力と権力があった。 しかし、一学生である深雪に下手をすれば命に関わる案件を任せるわけにもいかない。 十文字がそのことに苦言を呈するために口を開きかけたところで、彼の言葉は深雪本人に遮られた。 「ご安心ください会頭、私はご当主より『四葉最強の矛』を貸し与えていただいているのですよ」 「『四葉最強の矛』…?」 当然のように浮かんだ彼らの疑問に答えるように深雪はにっこりと美しい笑みを見せた。 答えになっていない。 深雪が指示するそぶりは見せていなかったのにいつの間にか用意されていた四葉家所有の車に乗り込み、ブランシュの日本支部のアジトへと突入する。 普通は門に閉ざされているであろうに、何も遮るものがないのが酷く不気味だった。 まるで消しゴムで消したかのように消失している印象をうける。 「…?あれは…」 「ああ、もう片付いたのですね」 運転手に指示して車をとめ、全員で降りるとそこにはこの場にいるはずのない人物が綺麗に腰を折って待機していた。 その人物がまとっているのは紛れもなく第一高校の男子制服。 「お待ちしておりました深雪様」 「た、達也!?」 「もしかして司波くん…?」 大声をだしたのはクラスメイトであるレオだったが、深雪以外のメンバーはみな一様に驚いていた。 達也と深雪、ともに優秀な成績で注目される人物ではあるが彼ら本人のつながりは友人とも呼べないただの知り合いでしかないというにんしきだったのだ。 そもそも十師族でもなくただの学生である達也がまるでこのアジトを殲滅したかのような状況ははっきり言って異常なのだ。 「顔をあげてください達也さん」 深雪の声がかかり、レオの大声にもエリカの訝しむ声にも全員の視線にも一切反応を返さなかった達也は頭をあげた。 その青い目には何の感情も乗っておらず、それが余計に常軌を逸した存在に思わせる。 「報告を」 「ブランシュ日本支部の制圧完了、リーダーの司一を捕縛したため他の構成員は不要かと思い消しました」 「そうですか。 ご苦労様でした」 淡々と交わされる会話。 友人などではなく上司と部下、あるいは主君と従者のような二人にメンバーの思考は止まったままだ。 しかし流石というべきか一番復活が早かったのは十文字。 「司波、お前は四葉の縁者なのか?」 「…」 十文字の言葉に達也は顔を向けただけで答えようとはしなかった。 いや、できなかったと言うべきか。 少し迷うような素振りを見せて視線を深雪に移す。 視線を向けられた深雪は不快感を示さずに達也に微笑みかける。 「十文字会頭、彼が我が四葉の誇る最高戦力『四葉最強の矛』です」 「なっ…」 驚くのも無理はないだろう、魔法力で劣っている二科生である達也が魔法師集団である十師族でも序列が高い四葉の戦力だというのだから。 しかもよりにもよって『四葉最強の矛』とは到底信じがたい。 ここでレオは唐突に思い出した。 それはつまり、 「四葉さん、あんた達也をモノ扱いしてんのかよ?!」 魔法師が兵器として作られた所以から非魔法師が魔法師をモノとして扱うことは確かにある。 しかし現時点で人工的に作られた魔法師は圧倒的に少ない。 調整体と呼ばれる魔法師の血を引いたレオには耐えがたい話だ。 そして何よりも達也はレオのクラスメイトで友達なのだ、友人に対するこの扱いは情に厚いレオの望むところではない。 だが当の本人である達也の顔を見たときに言葉を失った。 「…それの何がおかしいんだ?」 そう疑問をぶつけたのは達也だった。 感情が見られない無表情で首をわずかにかしげて、本当にわからないといった声色で言った。 「俺は四葉家現当主である四葉真夜様が有する兵器であり、今は次期当主の深雪様に貸与された存在だ。 貸し出されたものをモノ扱いするのは何も間違っていないと思うが」 論点がズレている上に自らを兵器だと称する達也にレオは何も言えなかった。 口数は少ないものの友人だと思って接してきたのに、言い表すことができない歪みを感じる。 本人がまったく疑問に思っていないのが余計に辛いのだ。 司波達也が四葉の保有する戦略級魔法兵器であり、『四葉最強の矛』なのです」 絶句するメンバーをよそに考え込む様子を見せていた十文字が質問をすると、あえて濁した表現で質問したのにも関わらず深雪ははっきりとした言葉で肯定した。 現時点で公式に認められている戦略級魔法師は全世界で13人、日本には十師族五輪家の五輪澪が該当する。 だが師族会議に参加する十師族の間にはある噂が流れており、当主代理として会議に参加する十文字もその噂を耳にしていた。 もちろん四葉家から正式な回答はなく、沖縄海戦に四葉家が関わったという情報も不確かなものでしかなかったため所詮噂と思っていたが。 まさか本当のことであったとは。 「四葉本家で個人的な旅行をしていたのですが、うっかり巻き込まれてしまいまして。 ご当主が殲滅を命じられたので達也さんはそれに従ったのです」 「…司波」 「事実です、自分は侵入した敵勢力を殲滅したのち戦略級魔法を以て敵艦隊を消滅させました」 つまるところ四葉真夜が自分にちょっかいをかけられたから達也に命じて敵を全滅させたのだ。 たかが魔法師一人の一存で国家の争いを終わらせた、これが恐怖以外の何であろうか。 じっとりと背中に流れる冷たい汗を感じながら十文字は努めて冷静に言葉を発した。 「…至急師族会議を執り行うよう進言しておく」 「そうですね、次の会議は私も参加させていただきます」 何でもないように返す深雪と機械のように感情が感じられない達也は驚くほどに今までの日常と変わらない。 変わらない態度こそが彼らの異常さを際立たせている。 これから荒れるであろう師族会議に参加しなければならない自分の立場にため息をついた十文字は話を聞いていたメンバーに口外しないよう言いつけ、その場は解散となったのだった。 自分が秘匿された存在であるというのは徹底的に兵器として四葉で育てられた彼も知っている。 四葉の最高機密と言っても差し支えない内容だったはずだ。 事実、沖縄海戦で放った魔法を四葉は秘匿してきたのだ、ついさっき深雪自身によって明らかになったが。 そんな達也の態度に深雪は微笑んだ。 仕方がないのだ、だって彼は教えられていないのだから。 徹底的ともいえる戦闘訓練と教育を彼に施した四葉家は、魔法兵器である彼に不必要な情緒を精神構造干渉魔法によって人工的な魔法演算領域に変えてしまった。 加えて今まで学校にも通わず四葉本家で真夜の戦力としてその力を使ってきた彼は情緒が著しく育っていない。 普通、人間が経験的に推察する他人の気持ちや考えていることが理解できない。 「では今日のところは帰りましょうか」 「はい」 車を回してきます、と歩いて行った達也を見ながら深雪は満面の笑みをこぼした。 その笑顔に狂気をにじませて。 知らないのなら一から教えればいい。 時間はたっぷりとあるのだから。 自分が正式に当主となれば達也の所有権は深雪に譲渡されることが決まっている。 まあそうなる頃には叔母の世界への復讐がてら国の一つや二つ消え去っているかもしれないが、そんなことは深雪にとってどうでもいいことだった。 自分が達也のストッパーとしての魔法のために作られたことを深雪は重々承知している、承知してはいるがこんなに幸福なことがあるだろうか。 自分の描く理想の未来に思いをはせて鼻歌でも歌いたい気分だ。 邪魔なんて入るはずもない、邪魔な存在は命じるだけで最強の矛の手によって一掃されるのだ。 存在ごとこの世から消えてなくなる。 四葉家に手を出したほうが悪い。 原作の人造魔法師実験から分岐して達也を真夜が占有して深夜は深雪に教育する時間もとれないまま亡くなった世界線。 四葉は自分たちを兵器として見すぎている、とか。 深雪の優等生の裏に隠された狂気みたいな二面性も入れたかったけど無理でした。 誰か供給してください。

次の

www.soulswipe.com: 魔法科高校の劣等生: 中村悠一, 早見沙織, 寺島拓篤, 内山夕実, 佐藤聡美, 田丸篤志, 雨宮天, 巽悠衣子, 井上麻里奈, 木村良平, 諏訪部順一, 花澤香菜, 中原麻衣, 小笠原早紀, 戸松遥, 杉田智和, 松岡禎丞, 村瀬歩, 小野学: generic

魔法 科 高校 の 劣等 生 最強

2014年放送のテレビアニメ「魔法科高校の劣等生」は主人公・司波達也の圧倒的な強さや、ヒロイン・深雪との仲むつまじい兄妹愛が大きな話題を集めた。 兄を讃える深雪の「さすがはお兄様です」というセリフはファンの間で流行語となり、電撃文庫より刊行中の原作小説は累計790万部に達する大ヒットとなった。 2017年6月17日からはシリーズ初の劇場版「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」が公開され、盛り上がりを見せている最中だ。 アキバ総研では、そんな本作の監督である吉田りさこさんへのインタビューを実施した。 テレビシリーズでは各話の演出として携わり、劇場版で初監督を務めたクリエイターに「魔法科」の魅力を存分に引き出した演出術を語り尽くしてもらった。 吉田さんはたしかコンテと演出を一緒にやられてましたよね? 吉田りさこ(以下、吉田) 総作監の吉川(真帆)さんから紹介されたことがきっかけでした。 コンテと演出を同時に手掛けるのは、皆さんスケジュールなど様々な状況により変わるかと思いますが、私は「魔法科」に参加するまでは、どちらか片方だけを担当することが多かったです。 テレビシリーズではローテーションのスタッフとして参加させていただくという事もあり、コンテと演出の両方をやりたいという気持ちはありました。 両方を手がける利点はなんでしょうか? 吉田 ほかの方のコンテを演出する場合は、その意図を汲み取るまでに時間がかかってしまうんです。 自分が両方やるのであれば、コンテを切る段階でその作品の世界観やキャラクター、前後のストーリーなども把握しますし、演出時のビジョンも持つことができます。 演出家さんの中にはコンテと演出を切り離さないで必ず両方をやるという方もいらっしゃいます。 私も実際に経験してみて、両方やったほうが早いなと感じました。 とはいえ、ほかの方の描かれたコンテをみるのは、技術的、感覚的な気づきが有り、勉強になります。 魔法の理論について細かく説明されていて、集中して読み込まないとと思いました。 理解してやるぞ、と思わせるところも魅力なのかなと。 ただテレビシリーズを終えて、なんとかローテーションをこなすことができたかな、と振り返ることはできました。 映画の監督を務めるのは本作が初めてです。 吉田 実は「魔法科」が映画化することと、自分が監督だと知ったのは同時だったんです。 だから次回作が劇場版で、しかも私が監督だと聞かされてビックリしました。 私が子供のころに見ていた劇場作品に携わっていたのはすごい方々ばかりなので、分不相応なお話しをいただいたなと……。 テレビでは気にならなかった部分も丁寧に仕上げないとアラが見えてしまいます。 キャラクターのどアップも、テレビで見ると気にならなくても、劇場の大きいスクリーンでみるとお客さんも「わっ」となってしまうのではないかなど、いろいろなことを考えましたが、あまりとらわれ過ぎると今度は何もできなくなってしまうので、結局は好きなようにやってしまったかもしれません(笑)。 あとテレビシリーズでは自分の話数だけを把握していればよかったのですが、今回は監督として全体をまとめなければいけないという役職上の違いもありました。 物事を決めるときには「魔法科」として違和感がないものを選ぶようにしました。 その感覚は今回の劇場版にもテレビシリーズのメインスタッフの方々がいらっしゃったおかげで、随所で共有できたと思います。 「達也だったらこんなことはしないだろう」といった行動や性格についてだけではなく、キャラクターの細かな仕草も「『魔法科』らしさ」の中に含まれています。 とりわけポーズはキャラクターを表現する重要な記号ですから、できるだけカッコよく見えたり、かわいらしく見えたりするように気を付けました。 石田さんに「このキャラクターにこのポーズはありですか?」と相談したこともありましたね。 でも「魔法科」という作品にとって達也が最強なのはごく普通のことだと思っています(笑)。 当たり前のことなので、わざわざ強さをひけらかす必要すらないんです。 特別に意識をしなくても、自然と最強になっている感じでしたね。

次の

魔法科高校の劣等生(テレビアニメ)

魔法 科 高校 の 劣等 生 最強

他の登場人物についての設定も考えてはいますが、最終決定ではないのでまた今後書こうか検討しています。 (ほとんどは変更無しだと思いわれますが) [newpage] 魔法、それが伝説や御伽噺の産物では無く現実のものとなってもうすぐ一世紀が経とうとしていた。 今年も新入生の季節が訪れた。 国立魔法大学付属第一高校 通称『魔法科高校』は、 成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、 彼らはそれぞれ『花冠 ブルーム 』、『雑草 ウィード 』と呼ばれていた。 [newpage] 「お兄様!」 「どうしたんだい深雪?」 「いえ、意外と早くに着いてしまった様ですし、そこのベンチで休憩をしませんか?」 誰から見ても二人はとてもお似合いのカップルに見えていた様だが事実二人は血の繋がっている兄弟である。 「お兄様。 妹とはいえ、相手が絶世の美女である為とても恥ずかしい気持ちになる。 しかし、妹である。 卑猥な気持ちは全く持たない(様に制御している)。 昔からずっとこの調子であった為、妹へのおかしな感情は持たなくなっている。 次期四葉家当主候補ものあろう人がシスコンでした。 だなんて世間も家族も許さないだろう。 「深雪よせ。 そんなにくっつかれると困るだろう。 だが好きにも様々な種類がある。 俺の『好き』の意味は家族として、妹として『好きだ』ということだよ。 「そろそろ俺は行かないといけないな。 遅れる事は許されないだろうし、早めに行く事にするよ。 お兄様の勇姿は席の方で見させて頂きます!」 「じゃあ行ってくる」 深雪はもう少し一緒に居たかったであろうが兄の言う事には逆らえないし、頭を撫でて貰ったから達也の腕にキツく巻かれた腕を解いた。 」 「新入生の方ですね?」 そこには十師族の中でも影響力があり、四葉とはあまり関係の良くない七草家の長女 七草真由美が居た。 「私は此処の生徒会長をしている七草真由美といいます。 ななくさ(七草)とかいて さえぐさと読みます。 」 無論深雪は七草真由美という名前を知っているのだが、真由美本人は深雪の事を知らない。 正確には覚えていないと書いた方が適切だろうか。 「私は四葉深雪と申します。 」 「!あの四葉達也さんの妹さんだったのね!兄に次いで入試総合成績2位のね!そう、これからもよろしくね」 ニコリと笑ったその顔に男だけではなく女性にも効きそうだが、深雪には通用しなかった。 「こちらこそこれからよろしくお願いします致します。 」 「かいちょー。 「まだ、少し時間もあるし散歩でもしましょう」 一人で歩いているが向けられている視線は物凄い多い人数であった。 辺りを散歩していると良い時間になった為会場へと向かった。 会場に入る途中、一人の男子が歩み寄って来た。 「同じ新入生ですね。 自分は森崎駿と言います。 これからよろしく」 「こちらこそ。 四葉深雪と言います。 同じ一科生同士仲良くしましょう。 むしろ、フレンドリーに話しかけて貰った方が嬉しいです。 」その後の笑顔に性別関係無く、多くの新入生が見蕩れていた。 会場の中に入ると前列と後列で一科生、二科生と別れていた。 特に目立ちたい訳ではないので深雪も前列に座ったが、彼女は知っている。 (一科生よりも二科生の方が社会に出る時には有利だと言う事を)もちろん特化しているジャンルがあるからという訳だ。 一科生の中でも達也や、深雪には関係の無い話ではある。 席につくと隣には二人の女新入生がいた。 「はじめまして。 四葉深雪と言います。 これから三年間よろしくね」 すると二人のうちすぐ隣にいた方から声が発せられた。 「こちらこそよろしく。 私は北山雫。 もしかしてあの四葉の人?」初対面にしてはやや問題がある様にも思えるがこれが彼女の性格なのだろう。 「ええ、そうよ。 でも同じ同級生としてフレンドリーに話したい」 「うん、分かった。 よろしくね四葉さん」 「よろしく北山さん。 」 「わ、私は光井ほのかです!前からずっと気になってました!」 「入試の時に見てたらしいよ」雫が助言する。 「よろしく光井さん。 」 〜ただいまより、第一高校入学式を行います。 〜 [newpage] 〜生徒会長挨拶〜 続きまして 〜新入生総代答辞〜 新入生代表、四葉達也さん よろしくお願いします。 「もしかしてお兄さん?」 「ええ、そうよ。 」 「お二人は双子なんですか?」相変わらずほのかは丁寧語だが、これもこういう性格なのだろう。 「違うわ。 お兄様と私は兄弟で、お兄様が4月生まれ、私は3月生まれなの。 」 「なるほど。 それにしても兄弟揃って美男美女とは羨ましい。 」 入学式が終わってからも色々話すうちに三人は打ち解けていった。 「深雪、教室覗いていかない?」 「私はお兄様を待ってるわ雫。 ほのかと二人で先に行っていて良いわよ」 「お兄さんと話してみたいし、待ってるよ。 ね、ほのか?」 「う、うん。 そうだね。 」 少しすると達也が現れた。 深雪達のいる所に行くまでにもその姿に魅了されている女子生徒がほとんどだった。 「悪いな深雪。 少し遅れてしまったよ。 」 「よろしく。 四葉達也だ。 深雪とは仲良くしてやってくれ。 」 「お兄さんよろしくお願いします。 」 「お兄さんよろしくお願いします!」 「お兄さんは止めてくれ笑 これでも同じ学年だ。 俺の事は深雪と苗字が同じだから達也で良い。 」 「よろしく達也さん」 「達也さんよろしくお願いします!」 「私達の事も名前で呼んでくれると嬉しいなぁ」 「あぁ。 雫、ほのかどちらもよろしく。 二人ともクラスは何処だ?俺はAだが?」 「お兄様。 私もA組です。 」 「私も」 「私もです!」 「なら一度教室を覗いてみようか。 」周りからは雫とほのかを羨む目と嫉妬の目が向けられていた。 少し歩いた所で現生徒会長 七草真由美に出会った。 「これは真由美さん。 お久しぶりです。 それには目にしていた誰もが驚愕の表情をしていた。 ではまた明日ねぇ〜」そう言うと真由美は抱きつくのを止めてもと来た方へと歩いていった。 」 雫とほのかはというとあまりの雰囲気に何も言うことが出来ない。 「また家で説明してあげるから、落ち着いてくれ。 「皆さんよろしくお願いします。 」まずは達也が挨拶をした。 それに続き三人も挨拶をしていった。 クラスに美男美女が来て、クラスメートはとても嬉しそうにしていた。 一方で他のクラスと思われる生徒達は皆ため息を吐いていた。 1クラス25人なのだが、このクラスは女子の割合が少し高いらしい。 15人が女子、10人が男子という内訳だ。 15人と他のクラスであろう女子達は殆ど皆達也の方へと視線が注がれていた。 定期的に出したいですが、忙しい時もあるので不定期になると思います。 コメントをして頂けると大変嬉しいです。 他の登場人物についての設定も考えてはいますが、最終決定ではないのでまた今後書こうか検討しています。 (ほとんどは変更無しだと思いわれますが)[newpage] 魔法、それが伝説や御伽噺の産物では無く現実のものとなってもうすぐ一世紀が経とうとしていた。 今年も新入生の季節が訪れた。 国立魔法大学付属第一高校 通称『魔法科高校』は、 成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、 彼らはそれぞれ『花冠 ブルーム 』、『雑草 ウィード 』と呼ばれていた。 [newpage] 「お兄様!」 「どうしたんだい深雪?」 「いえ、意外と早くに着いてしまった様ですし、そこのベンチで休憩をしませんか?」 誰から見ても二人はとてもお似合いのカップルに見えていた様だが事実二人は血の繋がっている兄弟である。 「お兄様。 妹とはいえ、相手が絶世の美女である為とても恥ずかしい気持ちになる。 しかし、妹である。 卑猥な気持ちは全く持たない(様に制御している)。 昔からずっとこの調子であった為、妹へのおかしな感情は持たなくなっている。 次期四葉家当主候補ものあろう人がシスコンでした。 だなんて世間も家族も許さないだろう。 「深雪よせ。 そんなにくっつかれると困るだろう。 だが好きにも様々な種類がある。 俺の『好き』の意味は家族として、妹として『好きだ』ということだよ。 「そろそろ俺は行かないといけないな。 遅れる事は許されないだろうし、早めに行く事にするよ。 お兄様の勇姿は席の方で見させて頂きます!」 「じゃあ行ってくる」 深雪はもう少し一緒に居たかったであろうが兄の言う事には逆らえないし、頭を撫でて貰ったから達也の腕にキツく巻かれた腕を解いた。 」 「新入生の方ですね?」 そこには十師族の中でも影響力があり、四葉とはあまり関係の良くない七草家の長女 七草真由美が居た。 「私は此処の生徒会長をしている七草真由美といいます。 ななくさ(七草)とかいて さえぐさと読みます。 」 無論深雪は七草真由美という名前を知っているのだが、真由美本人は深雪の事を知らない。 正確には覚えていないと書いた方が適切だろうか。 「私は四葉深雪と申します。 」 「!あの四葉達也さんの妹さんだったのね!兄に次いで入試総合成績2位のね!そう、これからもよろしくね」 ニコリと笑ったその顔に男だけではなく女性にも効きそうだが、深雪には通用しなかった。 「こちらこそこれからよろしくお願いします致します。 」 「かいちょー。 「まだ、少し時間もあるし散歩でもしましょう」 一人で歩いているが向けられている視線は物凄い多い人数であった。 辺りを散歩していると良い時間になった為会場へと向かった。 会場に入る途中、一人の男子が歩み寄って来た。 「同じ新入生ですね。 自分は森崎駿と言います。 これからよろしく」 「こちらこそ。 四葉深雪と言います。 同じ一科生同士仲良くしましょう。 むしろ、フレンドリーに話しかけて貰った方が嬉しいです。 」その後の笑顔に性別関係無く、多くの新入生が見蕩れていた。 会場の中に入ると前列と後列で一科生、二科生と別れていた。 特に目立ちたい訳ではないので深雪も前列に座ったが、彼女は知っている。 (一科生よりも二科生の方が社会に出る時には有利だと言う事を)もちろん特化しているジャンルがあるからという訳だ。 一科生の中でも達也や、深雪には関係の無い話ではある。 席につくと隣には二人の女新入生がいた。 「はじめまして。 四葉深雪と言います。 これから三年間よろしくね」 すると二人のうちすぐ隣にいた方から声が発せられた。 「こちらこそよろしく。 私は北山雫。 もしかしてあの四葉の人?」初対面にしてはやや問題がある様にも思えるがこれが彼女の性格なのだろう。 「ええ、そうよ。 でも同じ同級生としてフレンドリーに話したい」 「うん、分かった。 よろしくね四葉さん」 「よろしく北山さん。 」 「わ、私は光井ほのかです!前からずっと気になってました!」 「入試の時に見てたらしいよ」雫が助言する。 「よろしく光井さん。 」 〜ただいまより、第一高校入学式を行います。 〜 [newpage] 〜生徒会長挨拶〜 続きまして 〜新入生総代答辞〜 新入生代表、四葉達也さん よろしくお願いします。 「もしかしてお兄さん?」 「ええ、そうよ。 」 「お二人は双子なんですか?」相変わらずほのかは丁寧語だが、これもこういう性格なのだろう。 「違うわ。 お兄様と私は兄弟で、お兄様が4月生まれ、私は3月生まれなの。 」 「なるほど。 それにしても兄弟揃って美男美女とは羨ましい。 」 入学式が終わってからも色々話すうちに三人は打ち解けていった。 「深雪、教室覗いていかない?」 「私はお兄様を待ってるわ雫。 ほのかと二人で先に行っていて良いわよ」 「お兄さんと話してみたいし、待ってるよ。 ね、ほのか?」 「う、うん。 そうだね。 」 少しすると達也が現れた。 深雪達のいる所に行くまでにもその姿に魅了されている女子生徒がほとんどだった。 「悪いな深雪。 少し遅れてしまったよ。 」 「よろしく。 四葉達也だ。 深雪とは仲良くしてやってくれ。 」 「お兄さんよろしくお願いします。 」 「お兄さんよろしくお願いします!」 「お兄さんは止めてくれ笑 これでも同じ学年だ。 俺の事は深雪と苗字が同じだから達也で良い。 」 「よろしく達也さん」 「達也さんよろしくお願いします!」 「私達の事も名前で呼んでくれると嬉しいなぁ」 「あぁ。 雫、ほのかどちらもよろしく。 二人ともクラスは何処だ?俺はAだが?」 「お兄様。 私もA組です。 」 「私も」 「私もです!」 「なら一度教室を覗いてみようか。 」周りからは雫とほのかを羨む目と嫉妬の目が向けられていた。 少し歩いた所で現生徒会長 七草真由美に出会った。 「これは真由美さん。 お久しぶりです。 それには目にしていた誰もが驚愕の表情をしていた。 ではまた明日ねぇ〜」そう言うと真由美は抱きつくのを止めてもと来た方へと歩いていった。 」 雫とほのかはというとあまりの雰囲気に何も言うことが出来ない。 「また家で説明してあげるから、落ち着いてくれ。 「皆さんよろしくお願いします。 」まずは達也が挨拶をした。 それに続き三人も挨拶をしていった。 クラスに美男美女が来て、クラスメートはとても嬉しそうにしていた。 一方で他のクラスと思われる生徒達は皆ため息を吐いていた。 1クラス25人なのだが、このクラスは女子の割合が少し高いらしい。 15人が女子、10人が男子という内訳だ。 15人と他のクラスであろう女子達は殆ど皆達也の方へと視線が注がれていた。 定期的に出したいですが、忙しい時もあるので不定期になると思います。 コメントをして頂けると大変嬉しいです。

次の