オーダーカーテン 港北区。 出窓を有効活用_横浜市港北区H様

オーダーカーテン専門店カーテンギャラリーハンザム

オーダーカーテン 港北区

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 Column 季節によるカーテンの選び方など、カーテンについての情報を掲載!• 2020年03月04日 2020年のトレンドカラーの中でもこの春夏おすすめのカラーは大人っぽさを感じるペールトーンのニュート…• 2019年09月24日 今年の秋冬はブラックが再登場、ストイックで神秘的な雰囲気を感じさせる色ですね。 黒はたびたびトレンド…• 2019年05月14日 今年の夏のトレンドカラーはテラコッタ&ティールブルー暖色と寒色、情熱的でクール、対照的なふたつの夏カ…• 2019年01月21日 毎年、パントン社発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」2019年のカラートレンドが発表されました。 2018年11月21日 空が高くなり風が冷たく感じはじめ、いよいよ冬の到来です。 2018年の冬は、平成最後の冬ですね。 こ… カーテンの語源は幕、覆いを意味するラテン語の「cortina」から変化したものだといわれています。 古くはエジプト時代にさかのぼり、当時は現在のような窓に掛けるような形ではなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったりなどベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。 中世ヨーロッパでガラスの製造技術が進み、平らなものが作られるようになりました。 当時流行のゴシック建築では、壁を薄くして開口部を大きく取る事ができる様になり、ガラス窓やステンドグラスが取り入れられるようになりました。 しかし、当時ガラスはとても高価で、これを利用できたのは教会や王侯貴族などに限られました。 このガラス窓装飾の為にカーテンがかけられるようになりました。 カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代により流行のスタイルがあったようです。 15世紀、イタリアのフィレンツェにおいて、文芸復興が花開いたルネッサンス時代は、窓はそれほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓を引き立てるための装飾品として使われていたようです。 窓を完全に覆ってしまわず、ひだもほとんどありませんでした。 17世紀のバロック様式では、光沢のある布や金、銀糸を織り込んだ贅沢な布が使用されるようになりました。 上飾りの縁どりやタッセルなどには複雑なデザインが好まれ、重厚な形に変化しました。 ロココ様式には、軽やかで柔らかく繊細な曲線のデザインが好んで採り入れられ、ナポレオン旋風が吹き荒れた19世紀、古代エジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。 この時代に今日のドレープとレースの二重掛けスタイルの原型が誕生しました。 日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが今日のカーテンの原点とも言えます。 日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃だと言われていますが、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられています。 当時は「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の高価なものでした。 「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹、麻などが用いられ国内で生産され始めました。 大正期に入って中産階級が増え、次第に広まっていき、建築の近代化や洋風化が進み、カーテンも増えてはきたもののまだ一部の上流階級のものでした。 そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めました。 住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。 その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品として定着するようになりました。 現在では、季節よってカーテンを変えたり、自分の気持ちにフィットするカーテンに変えたり、カーテンもインテリアとしての価値が高まっています。 特にオーダーカーテンでファッショナブルな窓装飾をしている方も増えています。 オーダーカーテンのことならカーテンファクトリーにお任せ!1万円~のバリュープライスで良質なカーテンをご提供いたします。 横浜、川崎エリアに4店舗ございます。 店舗にも是非お越しください。

次の

オーダーカーテン専門店カーテンギャラリーハンザム

オーダーカーテン 港北区

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 Column 季節によるカーテンの選び方など、カーテンについての情報を掲載!• 2020年03月04日 2020年のトレンドカラーの中でもこの春夏おすすめのカラーは大人っぽさを感じるペールトーンのニュート…• 2019年09月24日 今年の秋冬はブラックが再登場、ストイックで神秘的な雰囲気を感じさせる色ですね。 黒はたびたびトレンド…• 2019年05月14日 今年の夏のトレンドカラーはテラコッタ&ティールブルー暖色と寒色、情熱的でクール、対照的なふたつの夏カ…• 2019年01月21日 毎年、パントン社発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」2019年のカラートレンドが発表されました。 2018年11月21日 空が高くなり風が冷たく感じはじめ、いよいよ冬の到来です。 2018年の冬は、平成最後の冬ですね。 こ… カーテンの語源は幕、覆いを意味するラテン語の「cortina」から変化したものだといわれています。 古くはエジプト時代にさかのぼり、当時は現在のような窓に掛けるような形ではなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったりなどベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。 中世ヨーロッパでガラスの製造技術が進み、平らなものが作られるようになりました。 当時流行のゴシック建築では、壁を薄くして開口部を大きく取る事ができる様になり、ガラス窓やステンドグラスが取り入れられるようになりました。 しかし、当時ガラスはとても高価で、これを利用できたのは教会や王侯貴族などに限られました。 このガラス窓装飾の為にカーテンがかけられるようになりました。 カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代により流行のスタイルがあったようです。 15世紀、イタリアのフィレンツェにおいて、文芸復興が花開いたルネッサンス時代は、窓はそれほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓を引き立てるための装飾品として使われていたようです。 窓を完全に覆ってしまわず、ひだもほとんどありませんでした。 17世紀のバロック様式では、光沢のある布や金、銀糸を織り込んだ贅沢な布が使用されるようになりました。 上飾りの縁どりやタッセルなどには複雑なデザインが好まれ、重厚な形に変化しました。 ロココ様式には、軽やかで柔らかく繊細な曲線のデザインが好んで採り入れられ、ナポレオン旋風が吹き荒れた19世紀、古代エジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。 この時代に今日のドレープとレースの二重掛けスタイルの原型が誕生しました。 日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが今日のカーテンの原点とも言えます。 日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃だと言われていますが、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられています。 当時は「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の高価なものでした。 「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹、麻などが用いられ国内で生産され始めました。 大正期に入って中産階級が増え、次第に広まっていき、建築の近代化や洋風化が進み、カーテンも増えてはきたもののまだ一部の上流階級のものでした。 そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めました。 住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。 その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品として定着するようになりました。 現在では、季節よってカーテンを変えたり、自分の気持ちにフィットするカーテンに変えたり、カーテンもインテリアとしての価値が高まっています。 特にオーダーカーテンでファッショナブルな窓装飾をしている方も増えています。 オーダーカーテンのことならカーテンファクトリーにお任せ!1万円~のバリュープライスで良質なカーテンをご提供いたします。 横浜、川崎エリアに4店舗ございます。 店舗にも是非お越しください。

次の

横浜市のオーダーカーテンがあるおしゃれな家具屋・インテリアショップを探そう![タブルーム]

オーダーカーテン 港北区

横浜市港北区H様 出窓や小窓のスペース活用するためのご提案邸 出窓や小窓のスペース活用できて なおかつエレガントな演出をできるカーテンをご提案 H様邸では最初に奥様と打ち合わせを行いました。 リビングの印象を良くしたいというお話が中心的でしたが、中でも最初に注目したのが出窓でした。 そこで、今回は出窓を起点に、リビング中心のアレンジを行っています。 リビングの出窓 【お客様のご要望・ご趣味】 ・出窓を素敵に見せ、出窓のスペースを活用したい ・レースを写真のようにスカラップセンターウェーブトリム付にしてオシャレ感を出したい ・写真やお花を出窓においたらより一層エレガントになるような演出を 【ご提案・施工】 出窓の部分にはレースのカーテンとしてスカラップセンターウェーブトリム付を採用しました。 美しい裾のウェーブは窓辺をエレガントに演出します。 出窓の下の部分にスペースができると言うメリットもあります。 出窓は、外に向かって出ているので、その分、小物を置くスペースができます。 そのため、写真などを置いても見栄えが良くなるよう、あえてこちらの仕様のカーテンを用いました。 カーテンも立派なインテリアですから来客した方が「素敵なカーテンだね」と感じてもらえるようなデザインにしたいものです。 カーテンのアレンジを出窓から始めたことで、他の場所に設置したカーテンも出窓のテイストと調和がとれています。 リビングの小窓 【お客様のご要望・ご趣味】 ・先ほどの出窓のとなりの小さい出窓はどうしたらよいか、と相談を受けた 【ご提案・施工】 幅が小さいなりのスタイルレースを提案させていただきました。 (センターフリル付)。 リビングの小窓は縦長の指図に合わせて、センタークロスフリル付のカーテンを使いました。 フリルの目立つカーテンを選ぶことで少しかわいらしくエレガントな印象になります。 リビングの小窓 その2 【お客様のご要望・ご趣味】 出窓を活用できるスタイルにしたい 【ご提案・施工】 厚地を窓枠外に取り付け、レースはあまり開け閉めをしないので出窓の中に取り付け、出窓のスペースが有効活用できるようにご提案させていただきました。 リビングの小窓にあるベージュのカーテンは川島織物セルコンのドレープカーテンです。 厚地のカーテンはただ遮光としての働きだけでなく照明に映えるよう、光沢のある素材を選んでいます。 光沢感のある素材は明るく、反射することで高級感を演出しています。 【ご提案・施工】 レースだけで軽い形で少しオシャレ感を出した方がエレガントな感じが出て良いと思い、センタークロスフリル付をご提案させていただき、リビングの小窓と同じものを使いました。 玄関は家の顔となるので、リビングと同様気を使いたい部分です。 リビング 掃出し 【お客様のご要望・ご趣味】 LDKは他のお客様もご案内する場所なので少し豪華な感じを出したい。 【ご提案・施工】 写真を見ていただけたら分かるようにリ、光沢のある厚地(ベージュのドレープカーテン)をご提案させていただきました。 デザインビューのカーテン(柄が統一した縫製)によりカーテンを寄せたときも、閉めたときも綺麗に見えるようにご提案しました。 こちらも川島織物セルコンのカーテンです。 寝室 【お客様のご要望・ご趣味】 LDKにご予算をかけたので寝室は抑え目にしたい 【ご提案・施工】 寝室および写真にはありませんが洋室はご要望通り、予算を抑えめにし、約1. 5倍ヒダ仕様をご提案させていただきました。 ボーダー柄のカーテンをあしらい、光の関係でドット柄になっているように見えるのも面白いですね。 5倍ヒダ仕様)PD-1298E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1298E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PY1435F(川島織物セルコン)】【厚地(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1298E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1298E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1240E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1240E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1240E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 5倍ヒダ仕様)PD-1240E(川島織物セルコン)】【レース(約1. 4万 合計予算:45. 8万(税抜).

次の