アッシュ パープル カラー バター。 エンシェールズ アッシュパープル :ancelscolorashpurple:ベリーズコスメ Yahoo!店

黒髪×カラーバターまとめ!特徴/使い方/ブリーチなし/カラバリ

アッシュ パープル カラー バター

カラーバターとは? カラーバターは、ヘアマニキュアやヘアカラーと違い、トリートメントに染料が入ったようなモノです。 なので 髪を傷めず、トリートメントをしながらカラーが出来るという、傷んだ髪の人には一石二鳥のカラー剤ですね。 髪を傷めないので、思い立った時にいつでもカラーができます。 そして色が豊富で、カラーバターどうしを絵の具のように混ぜて、オリジナルカラーを作って染める事ができます。 私は髪の毛を青にしたかったんですが、青にするのはどうやら(多分一番)難しいみたいで・・ 半分諦め、グリーンにするためにオーシャンブルーを購入しました。 青にするのが難しい理由は、髪の毛の色を白に近い金髪まで抜かないと青い色が綺麗に入らないからです。 絵の具の原理で、黄色に青を混ぜると緑になりますよね。 私の元々の髪の色。 (1ヶ月前くらいに一度染めているので、若干オーシャンブルーがまだ残っている) オーシャンブルーを入れた後。 グリーンになりました。 グリーンというか、エメラルドグリーンです。 (セーラームーンのセーラーネプチューンの髪の色です(笑)) ちょっとムラになっているんですが、すごい発色でメッチャ目立ちます。 めっちゃエメラルドグリーンです。 元々の髪の色。 ライトパープルを入れた後。 落ち着いた赤系の色になりました。 もっとピンク系になるかと思ったけれど、落ち着いてますね。 これはオーシャンブルーほどのすんごい発色という感じはないです。 目立つほどでもなかったです。 ですが、トリートメントなので、染める前より染めた後のほうが髪がしっとり綺麗になります。 カラーバターは、 というお店が安くてレビュー数が多いです。 さらに沢山のレビュー画像があるので、それを見て色選びをしました。 カラーバターの色落ちはどのくらい? 傷んだ髪にトリートメントのように使える夢のようなカラー剤ですが 難点は、持ちが悪いという事です。 色持ちは大体1週間と言われていますが、入れたての鮮やかな色が楽しめるのは2日程度。 徐々に色は抜けていって1週間くらいするとほぼ抜けてるんですが、完全に抜けるまではかなり日にちがかかります。 でも、この徐々に色が抜けてくる期間も楽しいんです。 先ほどのライトパープルも、入れたては赤っぽかったですが、色が抜けてきたらアッシュピンクのような色になって、入れたての色より気に入りました。 色落ちを防ぐための、カラー用シャンプーもあるので、長くカラーを楽しみたい方はこちらがおすすめです。 カラーバターの色落ちで枕や服に色移りしない? ビビットな色に染めると、タオルや枕が染料で染まってしまった! という経験はないですか? 私はサウナに行ってる時に、サウナに敷いているタオルに赤い点々が落ちて「生理来た?」と焦って帰った事があります。 後で髪の毛の染料と気づきました(笑) そんな風に色落ちしてタオルや服に色移りすると困りますよね? ところが、カラーバターの場合、そういう激しい色落ちはないんです! 勿論色は落ちていきますが、 枕を染めたり服に色移りしたりといった事はないです。 これは、使った方のレビューにも 「他のマニキュア等と比べて髪の毛を洗った時に、水にカラー剤があまり溶けだしていない!」 という内容のコメントがありましたが、本当にそう感じました。 (カラーによっては違いがあるかもしれませんが。

次の

カラーバターを混ぜてアッシュ系の髪色を楽しもう♡人気の配合の仕上がりは?

アッシュ パープル カラー バター

カラーバターの最も注目したい特徴は、「トリートメント効果」があることです。 ヘアカラー剤と聞くと、一般的に髪にダメージをもたらす印象がありますが、カラーバターは主成分がトリートメントでできています。 しかも、90%が毛髪補正成分なのでトリートメントしながら髪色が楽しめるという、なんとも嬉しいカラー剤なんです。 ダメージが気になってずっと黒髪だったという人も、今までブリーチやカラーしすぎて髪のダメージが激しいという人も、ダメージを気にすることなく使えるのでとてもおすすめです。 主成分がトリートメントという事もあり、色持ちについては2週間ほどと短めです。 ですが、繰り返し使っても何といってもトリートメント効果があるので、少しイメチェンしてみたい時や、次回ブリーチやカラーをするまで髪を補正したい時にカラーバターは最適です。 長年ヘアカラーの定番と言えば、ヘアダイやヘアマニキュアといったカラー剤があげられますが、これらは髪のキューティクルを開いて黒髪の要素であるメラニン色素を抜いてカラーを入れる方法なので、どうしても髪にダメージを与えてしまいます。 その分、色持ちが良いところがメリットと言えるでしょう。 カラーの前にブリーチすることで、発色も良くなりますが、やはり続けていると髪がパサついたり切れたしといったダメージが気になってきます。 その点、カラーバターはトリートメントしながらカラーを楽しめるのでダメージを気にせず使えるところが魅力です。 また、カラーバターはブルーやパープルといった個性的なものを始め、トレンドのアッシュグレーやピンクなど、カラーバリエーションが豊富です。

次の

暗めでもグンと垢抜ける!パープルアッシュグレー《ブリーチあり・なし》ヘアカタログ|MINE(マイン)

アッシュ パープル カラー バター

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例1つ目は、薄めのアッシュ系から、紫色のアッシュで毛先にグラデーションカラーをした髪型です。 紫色の可愛いグラデーションカラーで一気に華やかになりとてもおすすめです。 このような色を作れるのもヘアバターの良いところです。 紫単品のカラーバターをそのまま使ってしまうと濃いめの紫が出てしまいます。 そこで使うものが、クリアのカラーバターです。 紫とクリアを混ぜることによって紫色が薄まります。 アッシュ感をプラスする場合シルバー系の色を混ぜてもOKです。 クリアのヘアバターが手元にない時には、白いトリートメントで代用が可能です。 放置時間長めで暗め紫色のアッシュで艶髪に カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例2つ目は、暗めの紫色のアッシュで深みのある艶髪にした髪型です。 ブリーチありでも、ブリーチなしでも出来るのが暗めの色の特徴です。 毛先にいくにつれて、紫を濃いめにしたグラデーションカラーになっています。 どちらにしても、濃いめの色にするのは間違いないです。 紫色単品だとこの色味は出来ません。 ここで、紫色と混ぜるのがダークシルバーです。 深みのある暗めのダークシルバーと紫色を混ぜれば、暗めの紫色のアッシュが出来ます。 染め方は根本付近はダークシルバーを多めに混ぜたもの、毛先にいくにつれて紫色を多めに混ぜたものと、変化をつけることでこのようなグラデーションカラーが出来ます。 放置時間は深く色を入れたいのでしっかりと時間を置きましょう。 ダークなヘアバターで落ち着いた髪色に カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例3つ目は、ダーク系のヘアバターで落ち着いた髪色をするのもキレイでおすすめです。。 こちらもダークシルバに紫色のヘアバターを混ぜて塗っていくのですが、混ぜる時にひとつポイントがあります。 それは、少しピンク味がある暗めのパープルアッシュなので、ダークシルバと紫色のカラーバターにほんの少しだけピンクを混ぜてあげることです。 ピンクを少し混ぜることで、光で透けた時に少しピンク味のあるパープルになり、暗めの中にも可愛さが出てとてもおすすめです。 放置時間も暗めにするのであればしっかり置きます。 薄いシルバーのヘアバターで透明感のあるパステル調のアッシュパープルに カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例4つ目は、薄い色にシルバーアッシュが強めの髪型です。 紫が薄く入っているので、シルバーの透明感が引き立ちます。 アッシュの中にもほんのり感じられるパープルがとても目を引きます。 薄めの紫色のアッシュにする場合、紫色にクリアとシルバーを混ぜれば作れます。 他にも紫色にプラチナシルバーという薄いシルバーのヘアバターを混ぜても作ることが可能です。 混ぜる時の注意点ですが、薄い色に濃い色を少しづつ足していきましょう。 好みの濃さになるまで紫色を少しづつ足すのがポイントです。 こちらの記事では、紫色のカラートリートメントをご紹介しています。 紫色のアッシュを長持ちさせるにはとてもおすすめですので、ぜひ参考にしてみて下さい。 カラーバターの使い方・染め方の注意点4つ目は、塗る前にはカラーチェックをする事です。 ヘアカラーは1度塗ってしまったら終わりです。 思っていた色味と違った…という経験はありませんか?そんな嫌な思いを解消するには、全体的に染める前に1度部分的にカラーチェックをしておくと良いでしょう。 特にアッシュ系の色はアンダーカラーに左右されやすいので、カラーチェックは必須です。 やり方は、耳上の目立ちにくい髪の毛を少量取りカラーバターを塗布します。 時間を置いて流して色味を見てみましょう。 希望の色になっていたらそのまま全体的に塗布します。 これで、カラーバターの失敗が格段に減ります。 濃い色をベースにに薄い色を混ぜても薄くなりにくいです。 ですので薄い色に少量づつ濃い色を足していく事でカラーの色味を調整していきましょう。 また、薄めるためのクリアのカラーバターが手元にない時もあると思います。 その時には、白いヘアトリートメントをクリアのカラーバターの代わりに応用して使う事が可能です。 カラーバターはトリートメントなのでそのように通常使うトリートメントを代用する事が出来るのもメリットです。 おすすめの染め方でカラーバターの幅を広げよう! いかがでしたか?紫系、ピンク系、グレー系と様々なアッシュの染め方をご紹介してきました。 カラーバターの使い方や染め方にも注意点があるので、それを踏まえた上で様々な色味を調合して自分だけのオリジナルカラーバターを作ってみましょう。 きっとカラーバターの色味の幅が広がり、ヘアカラーが楽しくなると思います。

次の