英語 発音 フォニックス。 9週間で完結!子供のフォニックスの教え方【無料教材満載!】

フォニックスの基礎と正しい習得方法

英語 発音 フォニックス

フォニックスは例外はあるもののスペルのパターンによって、 単語の発音には75%以上の信頼できるルール群が存在すると言われています。 実際、この信頼性については長年にかけて論争があります。 ですが、なんの規則性も理解せず、カタカナ英語で発音している日本人にとっては有効的な指標となることでしょう。 フォニックスの勉強法とは? ではフォニックスとは具体的にどのような勉強法なのでしょうか? 英語のスペルはアルファベットの原則に基づき、文字は音声を表すために使用されます。 こちらの動画がわかりやすいので一度ご覧ください。 まずこのようにアルファベットの基本的な発音方法を身につけるとより正しい発音へと近づきます。 これらのシンプルな単語でさえ、ローマ字読みやカタカナ英語が定着している日本人には難しい発音だと思います。 日本語の「オ」に近い口で「ア」という感じですね。 英語において上記の例外は多数存在しますが、これらを基準としてフォニックスを理解して行きましょう。 フォニックスの規則 フォニックスにはアルファベットごとの発音のほかに組み合わせによって発音が変わる規則があります。 自分が海外にいた時、あるお店で「マット mat はありますか?」と尋ねたところ全く通じませんでした。 そのときは「こんな言葉も通じないのか。。。 」と自分の英会話能力に絶望したものです。 ずっと練習してきたことが実は基礎から間違っていて、逆に変なクセが付いてしまう。 というのは避けたいところ。 ですが、ほとんどの日本人は日本人英語と呼ばれる独特のクセがあります。 それを矯正するためにこのフォニックスの理解やシャドーイングを使った英語勉強法は非常に有効です。 皆さんも挑戦してみてください。

次の

a の発音方法。英語発音矯正のコツとフォニックスルール。練習方法。

英語 発音 フォニックス

ハロー!沖縄出身ライターのAkaiです! 突然ですが、みなさんは 「フォニックス」という英語の発音ルールを知っていますか。 例えば、ABCを「エービースィー」と読むのは誰もが知っていますが、 これをフォニックスのルールで読むと、「ア、ブ、クッ」となります。 正直それが英語学習の何に役立つのか、よくわからない方が大半だと思います。 しかし、こういった発音のルールを知っておくだけで、発音を理解することにも繋がりますし、スピーキングはもちろん、リスニングの時にも大いに役立ちます。 初めて読む単語も読めるようになったりします。 英語学習をしている全ての人に、ぜひ「フォニックス」は知っておいて欲しいところ。 そこで今回は、 このフォニックスとは何なのか、について簡単にご紹介いたします。 それでは、Here we go! 英語発音のルール「フォニックス」とは フォニックスは英語を習得する際に学ぶ、発音のルールのこと。 残念ながら日本の公立の学校では、このフォニックスはほどんど教えられていなかったり、簡単にしか紹介されません。 英語圏で育つ子どもたちは、日本語圏で育つ子が小さい頃に自然にひらがなを学ぶように、まずこのフォニックスを徹底的に学びます。 例えば、Aと書かれたカードにAから始まる単語の絵が描かれています。 リンゴの絵が書かれているとすると、それを「エイ(文字の名前)、ア(文字の発音)、アッポー(単語の読み)」と、文字の名前と発音、関連する単語を一緒に口に出して読み、アルファベットも読み方も同時に学ぶのです。 子ども向けに歌でフォニックスを紹介している動画を下に掲載しているので、歌詞などを通してフォニックス学習をお子さんにさせたい方は参考にしてみてください。 アルファベットは全部で26文字あるので、 このフォニックスも一番土台となる発音は26パターンあります。 具体的には「TH、SH、CH」などの場合はどう発音するのかなどです。 ある程度2文字組み合わせの発音を学んだ後は、 「特殊な発音ルール」を学びます。 たとえば、Cは基本的に「クッ」と読むのですが、Cの直後に来る母音が「E、I、Y(Yは時々母音の役割もする)の時は、S=「ス(口を尖らせる日本語のスではなく、口の形は横長のまま上前歯と下前歯の隙間から出す空気に近い音)」という音で読む、などです。 例)Center, Cycling, Cityなど。 このような英語の発音上の特別ルールが、フォニックスには山ほどあります。 これをネイティブスピーカーは、私たち日本人が青という漢字を見て「あお」と読むのか「せい」と読むのか瞬時に判断できるようになるように、なんとなく、少しづつ覚えていくのです。 ただ、私たちは英語を外国語として勉強するため、これをルールとして覚えなくてはなりません。 アルファベット読みとフォニックス読み 発音上の特別なルールを覚えていく中で、単語によっては「A」をせっかく覚えた「A(ア)」という音ではなく、「A(エイ)」とアルファベットの音でそのまま発音する単語に出会います。 そこにまた、 新たなフォニックスのルールがあるのです。 たとえば、Eで終わる単語(make, date, cake)などは、最後のEの音は発音しない、 「サイレントE」というルールがあります。 この場合は、単語の最初に出てきた母音をフォニックス読み(ア)ではなく、アルファベットの読み方(エイ)で読まなくてはいけません。 最後のEの音は発音しないので、消えています。 細かいルールに関しては、ぜひ以下のリンクも覗いてみてください。 フォニックスを基礎から体系立てて学ぶなら教材を使うのもありです。 おすすめの書籍は下で紹介しているのであわせてチェックしてみてくださいね。 日本式とヘボン式?ローマ字に惑わされるな! 英後の発音の学習のときに私たちを惑わせてくるもの、それがローマ字です。 ローマ字のルールと、英語発音のルールは異なります。 makeはローマ字で読むと、「マケ」ですね。 頭の中に先に定着しているローマ字が、フォニックスを使おうとする頭を邪魔してくるのです! そもそも日本におけるローマ字教育は、ダメダメです。 なぜかというと、 日本には現在、「日本式(訓令式)」と呼ばれる日本人のみにしか通じないローマ字と、「ヘボン式」という世界共通のローマ字の2種類が混在しているからです。 小学生時に日本式のローマ字を習った方も多いのではないでしょうか。 例えば、「ti=ち」、「si=し」と表記するものです。 そのあと中学生で習うものが、ヘボン式です。 日本式で「あつしくん=Atusi」だったものが、ヘボン式では急に「Atsushi」になり、「ちかちゃん=tika」は「Chika」になります。 どちらも正解です. ただ世界共通のローマ字は、ヘボン式なので日本式のローマ字を使うことはほどんどありません。 それならなぜ日本式を教えるんですか!と声高に抗議したいところですが。 ということで フォニックスを学ぶ時は、混乱しないためにもローマ字のことは一旦忘れましょう! どうでしょう?フォニックスに興味が湧いてきましたか?フォニックスのルールを勉強すれば、「なるほど!だからこうやって発音するのか!」と目からウロコなものばかり。 初めて見る単語でも、読めるようになってくるし、自分の発音もきれいになります。

次の

英語の基礎基本フォニックス

英語 発音 フォニックス

1.a の発音方法(読み方)は2通り。 こんにちは、横浜市都筑区の子供英会話教室で、 6年連続英語スピーチコンテストで生徒を受賞に導くカリスマ英語講師。 で発音とフォニックスを専門に教えている「みいちゃんママ」です。 今回は a の発音とフォニックスについてレッスン致しましょう! a は母音(ぼいん)。 アルファベット読みすると「エィ」。 発音記号で書くと[ei]。 音読みすると「ア」。 「エィ」と発音する場合は「エ」を強く「ィ」を弱く発音するのがコツ。 「ア」と発音する時は、 米語(アメリカ英語)では、 日本語で「え」という時の口よりもさらに横と縦に口を大きく伸ばし、「ア」という声を出し発音するのがコツ。 イギリス英語では、 アメリカ英語ほど口は横に大きく伸ばさず「ア」と発音する。 イギリス英語の発音は、日本語の「あ」の発音に近いので、日本人にはイギリス英語の発音の方が真似しやすいですね。 学校英語のリスニング問題では、 米語で発音されることが多いので、米語の発音をしっかり練習し身につけておくのがおすすめです。 では発音練習してみましょう。 以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてくださいね。 ant 2. a sk 3. a nser 4. act 5. alligator 6. apple 7. after 8. animal 9. answer 10. angry 11~22は a を アルファベット読みし「エィ」と発音しています。 発音記号で書くと[ei]です。 c a ke 12. n a me 13. s a me 14. l ake 15. t ake 16. m ake 17. c ame 18. g ame 19. ate 20. m ate 21. April 22. Asia スポンサーリンク 2.a を 音(おと)読みした時の発音のコツ 1. ant 2. a sk 3. どのようにして発音するかというと、 唇の横幅は、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の、 日本語の 『え』の唇よりもさらに横に引っ張ります。 そして、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の日本語の『え』の唇よりも、 縦方向(上下)にももう少し開けます。 こうしておいて、『ア』という声を出してください。 日本語の『え』と比べると、 横にも縦にももっと余分に開けた唇をしっかり作っておき、 『ア』と強くハッキリ声を出しましょう。 派手目の『え』の唇をしておいて、 強く『ア』と発音すると覚えてもいいですね。 イギリス英語の場合は、もっと日本語の『あ』に近い音となります。 3. a を アルファベット読みした時の発音のコツ 11. c a ke 12. n a me 13. s a me どのようにして発音するかというと、 『エィ』の『エ』部分を強くハッキリ、 『ィ』部分を短く弱く発音するのがコツ。 発音記号で書くと [ ei ] となります。 日本人はこのように強弱のリズムをつけて英語を発音するのがとっても苦手。 『エ』と『イ』を同じ強さで『えい』と平坦に発音してしまうのが癖ですから この癖がでないように練習しましょう。 強弱のリズムがあってこそ英語です。 英語をしゃべる時には、 日本語をしゃべる時のように強弱をつけずに発音すると通じにくい。 しっかり強弱のリズムをつけてしゃべる練習をしてください。 そうすれば、 あなたの英語発音はメリハリのある英語らしい発音になり通じやすくなります。 漢字を読む時には、 音読み、訓読みという2通りの読み方がありますが、 アルファベットを読む時には、 アルファベット読みと 音読み という2通りの読み方があります。 ぜひ、この2通りの読み方(2通りの発音の仕方) をマスターしてくださいね。 子供が楽しく英語を自宅で学ぶなら以下もおすすめ! 4.英語発音教材おすすめは? 英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな という方には以下教材がおすすめ! 超ゆっくりしゃべっているから初心者でも、 とんでもないほどよくわかる! 5.英語発音オンラインレッスンおすすめは? 英語発音レッスンをスカイプやZoomで受けてみたいなという方には以下がおすすめ! あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、 英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます! どうぞお役に立ちますように。

次の