志麻 さん ちの ごはん。 楽天ブックス: 志麻さんちのごはん

志麻さんちのごはん / タサン 志麻【著】

志麻 さん ちの ごはん

本書では、赤ちゃんから中学生までの子どもを持つワーキングマザーの6家庭をタサン志麻が訪れ、3時間で10品以上、全61品の料理を作る。 「帰ったらすぐに食べたい」「野菜をたくさん食べさせたい」「年の離れたきょうだいの食事を効率よく作りたい」「翌日のお弁当のおかずにもなる夕食を」など、忙しくても、家族の健康と成長に配慮し、おいしいと喜ばれる料理を用意したいと願う人のリクエストにタサンがこたえている。 長年フランス料理を学んでいたタサンは、フランス家庭料理の智恵が、忙しい人たちの悩みを解決するポイントと語る。 例えば、「仕事帰りに、買い物に取られる時間をできるだけ省きたい!」という質問には「日持ちする野菜や缶詰など、家に常備できる材料を軸にレシピを覚えましょう。 冷蔵庫にある肉をサッと焼いて鍋でコトコトほったらかし! ボリューム煮込み「フランクフルトのミックスビーンズ添え」や「鶏むね肉のきのこクリームソース」などはどうでしょう。 」と提案している。 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校卒業。 フランスの三ツ星レストランで修業後、日本の老舗フレンチレストランなどで約15年のキャリアを積む。 2015年、フリーランスの家政婦として独立。 質の高い料理が評判となり、「予約の取れない伝説の家政婦」として注目される。 2018年、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場、年間最高視聴率を記録。 フランス人の夫、2人の息子の4人暮らし。

次の

志麻さんちのごはん / タサン志麻【著】 <電子版>

志麻 さん ちの ごはん

家にいる時間は増えたものの、不安やストレスが増す日々。 そんななか、たとえば手間と時間をかけて、日常に向き合ってみる。 衣・食・住、日々の生き方……丁寧に暮らし、心を守るヒントをあなたに。 * * * 予約が取れない伝説の家政婦・志麻さんの最新著書より、試し読みをお届けします。 日々のささやかな出来事を飾らない言葉で綴りながら、レシピには書ききれない料理のポイントやコツも披露してくれています。 * のんびりお休みの日 「ローストポーク」 「今日は休日だけど、予定はない。 家でのんびり過ごして夕食もゆっくり食べたい。 こんなときは塊の肉を買ってきてローストにする。 今日は近くのスーパーで豚肩肉を買ってきた。 塊の肉を焼くときは必ず室温に戻すことが大切。 香りをつけるためににんにくをすりこみ、表面を焼き固める。 あとはオーブンに入れるだけ。 15 ~ 20 分おきに回転させて焼きむらがないようにする。 のんびり映画でも見ながら焼けるのを待つ。 仕事でたくさんの家庭のオーブンを使ってきたけれど、オーブンの種類や使用年数によって同じ180 度でも焼き上がりに違いが出る。 用意した肉の肉質や形( 細長い600g か厚い600g か)によっても焼け方は違う。 でも難しく考える必要はない。 とにかく焼いてみてほしい。 レストランでは完璧な火通しを求められるけれど、家庭では焼きすぎていたっておいしいはず。 フランスでは端っこの焼きすぎたところが好きな人がいて取り合いになるくらい。 付け合わせのピュレとたっぷりの野菜と一緒に食べる。 何もしてないけど贅沢な気分になる。 」 材料( 2 ~ 3 人分) 豚肩ロース肉 600g じゃがいも 4 個 いんげん 2 袋 にんにく 1 かけ 玉ねぎのみじん切り 一つまみ バター 30g 牛乳 100 ~ 200cc ( 好きなかたさにのばす) 塩、胡椒 各適量 サラダ油 適量 白ワイン 50cc 作り方 1 豚肉は室温に戻しておく。 2 にんにくをすりおろしてまぶし、塩胡椒し、フライパンに油をひき、強火で焼き色をつける。 3 180 度に温めたオーブンで45 分焼く。 4 一口大に切ったじゃがいもをたっぷりの湯でやわらかくなるまでゆでる。 5 いんげんをさっとゆでてバター10g で和え、玉ねぎをからめる。 6 肉が焼けたらアルミホイルでくるみ、休ませる。 天板にこびりついたうまみを白ワインでこそげ落とし、煮詰めてソースにする。 肉を休ませたあと、アルミホイルにたまった肉汁もソースに入れる。 7 じゃがいもがやわらかくなったらざるで漉し、牛乳、バター20g を入れてのばす。 このほかにも日々の献立のヒントとなる50のレシピを紹介しています。 今日、何作ろう? と毎日悩んでいる方はぜひを読んでみてください。 関連キーワード 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。 ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、老舗フレンチレストランなどに 15年勤務。 2015年にフリーランスの家政婦として独立。 各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映されると、その年の年間最高視聴率を記録。 家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で日々、料理と向き合い、レシピ監修・講師や食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。 フランス人の夫、 2人の息子、 2匹の猫と暮らしている。

次の

仕事に家事に忙しい人たちの料理の悩みを『伝説の家政婦 志麻さん』がズバッと解決|Real Sound|リアルサウンド ブック

志麻 さん ちの ごはん

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の