糸へん かい。 漢字の部首一覧表

貝部

糸へん かい

A ベストアンサー No.1の変更。 200mm程度の水平線書く(塗りなし・線黒)>編集>コピー>効果>パスの変形>ラフ>サイズ3・詳細100・ギザギザ>OK>リフレクトツールをダブルクリック>垂直>コピー>編集>前面へペースト>効果>パスの変形>ラフ>サイズ3・詳細100・ギザギザ>OK>全体を選択ツールで選択>リフレクトツールをダブルクリック>垂直>コピー>全体を選択ツールで選択>黒いギザギザ線をブラシパレット内にドラッグ>新規アートブラシ>彩色の方式で「色合いを付ける」を選択>OK。 画面内にハート型を描く(ハートの凹んだ部分と尖った部分の角を丸くする)>塗りピンク・線白>ブラシパレット内の登録したブラシをクリック>線パレットで線幅を調整>リフレクトツールをダブルクリック>垂直>コピー。 こちらの方が簡単でした。 Q こんにちは。 ちょっと気になったんですが、買ってきたTシャツが「綿100%」なのに 洗濯マークが「ドライ」になっているんですよ。 手洗いマークにはバツ印がついていました。 刺繍がついていますが、 とくにドライクリーニングしないといけないようには 見えないんですが・・ もうひとつ、この春買ったジャケットなんですが、 「ポリエステル56%、綿40%、ポリウレタン4%」で これも「ドライ」になっていました。 なんだか、改めて考えてみると、これって水洗いしても いいのじゃないかな?なんて思いました。 (GWに出費かさんでしまって、クリーニング代節約したいので・・・) これって、水で洗ってもOKだと思いますか? また、みなさんはこのように「ドライ」と書いてあるときは、 必ずドライクリーニングに出していますか? あ、あと最近ホームクリーニングってあるんですよね。 しておられる方おられましたら、 どんなものか教えていただけると助かります! よろしくお願いします。 A ベストアンサー そういう表示というものは、手洗いOKの表示があったのに縮んじゃったじゃないか!という抗議がくると困るので 大丈夫だとは思うけど、念のため手洗い不可という表示にしておくものなのです。 Tシャツなんか洗えないと困りますから、お店の人に聞いてみると ほとんど「一応そういうふうに書いてあるけど、私は何回も洗っていますよ。 」というふうに答えます。 心配なら手洗いすれば大丈夫です。 私はネットに入れて洗濯機で洗っちゃっていますね。 ただし、理由があるときもあります。 カットソーで、どちらもレースを使っていてほとんど同じように見えるのに 片方は手洗いOK、片方はドライクリーニング表示。 そこでいつものように店員さんに聞いてみました。 どうせメーカーの考え方の違いから、とかいう答えが返ってくると思っていたら 「レースの種類が違うので、こちらは縮んじゃいますよ」という回答が。 そのTシャツも、もしかすると刺繍がデリケートだからかもしれません。 それからジャケットも水洗いしようとお考えのようですが 襟芯などがおかしくなってしまうこともありますから ジャケットはやめておいた方がいいと思いますよ。 それにそれだけ変わった種類の混紡ならちょっと怖いかも。 そういう表示というものは、手洗いOKの表示があったのに縮んじゃったじゃないか!という抗議がくると困るので 大丈夫だとは思うけど、念のため手洗い不可という表示にしておくものなのです。 Tシャツなんか洗えないと困りますから、お店の人に聞いてみると ほとんど「一応そういうふうに書いてあるけど、私は何回も洗っていますよ。 」というふうに答えます。 心配なら手洗いすれば大丈夫です。 私はネットに入れて洗濯機で洗っちゃっていますね。 ただし、理由があるときもあります。 カットソー... A ベストアンサー PANTONEのソリッドカラー(特色)の近似色CMYKを知りたい場合は、 Adobe Illustratorのスウォッチライブラリーから「PANTONE solid process」を選べばCMYK近似色がわかります。 また、PANTONE1852Xは「PANTONE185 2X」で「PANTONE185」のインキを2度刷りした色になります。 「2X」は2度刷りの意味。 ただし、「2X」は現在の色見本帳では廃色となっておりますので、色見本帳での確認はできません。 「PANTONE solid process」の色は「カラーブリッジ」という色見本帳にふくまれております。 URL参照。 explode. html A ベストアンサー 中国語と日本語入力は似たようなものです。 中国語の入力の方法は幾つがあります。 一番覚えやすいのはやはりアルファベット pinyin 入力ですが、中国語の発音を結びつけて覚えないと入力ができません。 中国の高齢者は、ほとんどPC使えないので、まず問題ないと思います。 中国に駐在したとき、スタッフに中文のアルファベットを聞いても高卒以上でないと正確に言えない人がほとんどです。 ちなみに、現在私は簡体字をpinyin入力、繁体字を New phonetic入力法を使っています。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink.

次の

糸へん かい

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 私もはじめはどっちだろうと思いましたが、 周りの人が皆「こもり」と読むので、「こもり」と言っています。 たしかに、あまり「しょうもり」と言っている人は見たことはないですね。 推測なのですが、 「大皿」「小皿」、「大声」「小声」、「大柄」「小柄」、「大雨」「小雨」のように、 「大」を「おお」と読むときは「小」は「こ」と読み、 「大吉」「小吉」、「大規模」「小規模」、「大腸」「小腸」のように 「大」を「だい」と読むときは「小」は「しょう」と読むことが多いような気もします。 (違う例があったらすみません) この方式でいくと、「大盛り」は「おおもり」なので「小盛り」は「こもり」になるのではないでしょうか。 A ベストアンサー 自分が知る限りでは、F(ファ)を易々と出される女性がいらっしゃいました。 ただ、どこまで出せるかは聞きませんでしたので、実際はどこまで出るのやら…。 女性が男性声部(声域)を歌うというのはどうなんでしょうか。 クラシックの発声しかわかりませんが、基本的に高音は訓練次第でかなり伸ばす事ができますが、低音のほうは訓練ではまずどうにもならないのだと聞いたことがあります。 例えるならば、緩んだメタボ腹を腹筋に力を入れることで一時的に凹ませる(緊張させる)ことはできても、逆にそれ以上には緩めることができないのと同じ理屈なのでしょうが…。 だからこそ、男性が女性の声域まで歌うことがあり得るのだと思いますが、訓練ではどうにもならないのだとしたら、その逆はちょっと難しいのではないかと思います。 ちなみに男性の最低声部はバスですが、音楽辞典などを見ると下はF(ファ)やE(ミ)あたりまでとされています。 自分は実際にロジェ・ワーグナー編曲の黒人霊歌(混声合唱)やマーラーの曲でそうしたパートを担当しておりました。 元・某プロ合唱団常任指揮者殿曰く「君の声は日本でも滅多にない低声だ、ロシア辺りではゴロゴロいるけど」だそうです。 女性が男性声部(声域)を歌うというのは寡聞にして聞いたことがありませんが、「歌うことが可能な女性」はどこかにいるのかもしれません。 世界は広いですからね。 自分が知る限りでは、F(ファ)を易々と出される女性がいらっしゃいました。 ただ、どこまで出せるかは聞きませんでしたので、実際はどこまで出るのやら…。 女性が男性声部(声域)を歌うというのはどうなんでしょうか。 クラシックの発声しかわかりませんが、基本的に高音は訓練次第でかなり伸ばす事ができますが、低音のほうは訓練ではまずどうにもならないのだと聞いたことがあります。 例えるならば、緩んだメタボ腹を...

次の

中国語で 糸只 で何という意味なんでしょう

糸へん かい

種類 [ ] 手法による分類 [ ] 縅の主な手法には上下の小札を結び合わせる 毛立 けだて と、その結果小札の上部の札頭 さねがしら から出た縅毛を小札にからめて留める 緘 からみ の2つがある。 毛立には、古い手法である垂直に縅していく 縦取縅(たてどりおどし)、下と右上の順を繰り返しながら札に「W」状につなげていく最も正統で美しいとされる 毛引縅(けびきおどし)、縦取縅の省略ともいえる間隔をおいて菱形に交差させながら2本ずつ縅す 素懸縅(すがけおどし)、間隔をおいて3本以上ずつ縅す 寄懸(よせがけ)などがある。 緘には、縦取縅に使われる 縦取緘(たてどりがらみ)、毛引縅に使われる 縄目緘(なわめがらみ、斜め状の縅毛が横に連続するため縄のように見える)、素懸縅に多く用いられる「X」状の 菱綴(ひしとじ)などがある。 材質による分類 [ ] 黒小札紅絲縅大鎧(明治時代の複製品) 縅毛は材質の違いにより、• などの糸を組んだ緒を使った 糸縅(いとおどし)• の皮の緒を使った 韋縅(かわおどし)• 絹の(布帛 の緒を使った 綾縅(あやおどし) の3種に大きく分けられる。 以下、順にその概略を記す。 糸縅 [ ] 「絲縅」とも記す。 絹糸を組んだを用いて縅したもの。 その他、少数ながらや、を用いたものもある。 またその色により、無地のままの白糸縅や、ある一色に染めた 赤糸縅・ 紅糸縅・ 黄糸縅・ 紫糸縅・ 萌葱糸縅・ 縹糸縅・ 浅葱糸縅・ 紺糸縅・ 黒糸縅・ 糸緋縅(「火縅」とも、緋色)・ 卯の花縅(白色)などの名称が存在する。 多色の場合は、 樫鳥縅(かしどりおどし)・ 啄木縅(たくぼくおどし)などがある。 前者は白・浅葱・紺の組紐で縅したもので、後者は5色近くの多色で縅したもの。 韋縅 [ ] 鹿の皮を加工して柔らかくした「韋(かわ)」を用いて縅したもの。 韋は「押韋(おしかわ)」「揉韋(もみかわ)」とも記される。 加工の方法は、鹿皮の表面の毛を取り除き、水につけて洗った後にその水分を飛ばし、をつけて良く揉んで柔らかくする、というもの。 一色の場合は、 白韋縅・ 赤韋縅・ 紅韋縅・ 黄韋縅・ 紫韋縅・ 黒韋縅などがある。 洗韋縅(あらいがわおどし) - 上記の加工方法からきた名称で、何も色を付けていない韋で縅した、すなわち白韋縅のこととされている。 熏韋縅(ふすべかわおどし) - 状のものに韋を巻きつけ吊るし、下から葉やの煙でいぶして茶色に染めたもの。 染韋の一種で、水気による硬直に強くなる。 これの色の淡いものを 柑子韋(こうじかわ)と呼ぶ。 小桜韋縅(こざくらがわおどし) - の花の小紋を藍で染めたもので、更に小桜韋縅を黄で染めたものを 小桜黄返縅(こざくらきがえしおどし)と呼ぶ。 歯朶韋縅(しだがわおどし) - の葉の文様を紺地に白で抜き出したもの。 品韋縅(しながわおどし、「科韋縅」とも)は歯朶韋縅がなまったもの、とされる。 伏縄目縅(ふしなわめおどし) - 白・浅葱・藍の3色パターンを斜めに染めた縄目韋(なわめがわ)を用いて縅したもの。 異説もある。 綾威 [ ] 麻布を内側の芯とした絹の織物(綾織物)を用いて威したもの。 錦縅・ 練緯縅(ねりぬきおどし)・ 布縅などとも称される。 その色により 白綾縅・ 紫綾縅・ 朽葉綾縅(くちばあやおどし、などで染めた黄)・ 萌葱綾縅・ 浅葱綾縅などがある他、大陸から来た唐綾(織物)を用いた 唐錦縅・ 唐綾縅や材料などを用いた 唐糸縅・ 唐紅縅なども見受けられた。 また色の織り方によって、経青緯黄(たてあおぬきき、縦糸が青で横糸が黄)の 麹塵縅(きくじんおどし)や経紅緯白の 紅梅縅(こうばいおどし)などがある。 絲縅や韋縅に比して耐久性に乏しい。 色彩・文様による分類 [ ] 縅は、革や糸のによって区別されることが多い。 沢瀉縅(おもだかおどし) - の葉を思わせるの模様に縅したもの。 逆沢瀉縅(さかおもだかおどし) - 沢瀉縅とは逆に、逆三角形の模様に縅したもの。 妻取縅(つまとりおどし) - 沢瀉縅の頂点から下にかけて半分切り取った形()の模様に縅したもの。 模様を左右の端(妻)に寄せてあるため、この名がある。 匂縅(においおどし) - 基本的に上から下にかけて段々に濃い色から淡い色へのグラデーションをつけて縅したもの。 例として季節とともに徐々に青葉になっていく様子を萌葱・薄萌葱・黄・白の順で縅して表した 萌葱匂縅(もえぎのにおいおどし)や、徐々にしていく様子を黄櫨・赤・黄・白の順で縅して表した 黄櫨匂縅(はじのにおいおどし)などがある。 この両者を下記の裾濃縅状に上下逆で縅したものもあるが同名で呼ばれる。 同様のものに上段の白から段々に濃い色になる 匂肩白(においかたじろ)がある。 裾濃縅(すそごおどし) - 匂縅とは逆に、上から下にかけて段々に淡い色から濃い色で縅したもの。 下濃・末濃とも記される。 群濃縅(むらごおどし) - 村濃縅とも記される。 一隅のみを違う色で縅したり、ところどころに濃い色や薄い色で縅したもの。 白絲で縅したものを腰白、他の色の場合は腰取という。 裾取縅(すそとりおどし) - 下部の段を異なる色で縅したもの。 肩裾取縅(かたすそとりおどし) - 肩取と裾取をあわせたもの。 中取縅(なかどりおどし) - 中間の2〜3段を異なる色で縅したもの。 緂縅(だんおどし) - 段縅とも記される。 白色と或る一つの色を上から1段おきに交互に縅したもの。 色々縅(いろいろおどし) - 3色から5色の多色で縅したもので、色色縅・交縅(まぜおどし)とも記される。 一定のパターンを持って縅すと、緂縅の変形型とも分類される。 そのほか、大型の霰(の一種)の 石畳(いしだ)、やなどの図柄を縅し出した 文柄(もんがら)、一対の波型の縦線パターンを横に並べた 立涌(たちわく、たてわく)、ある一つの色を花の色に見立てた一種の美称とも言える 桜縅・ 紅梅縅・ 藤縅・ 山吹縅などがある。 縅毛の材料としては、・・・・・・・・などがある。 その他 [ ] その他の縅として装飾的性格の強い、札板の左右両端に用いる 耳糸(みみいと)、最下段に用いる横線状の 畦目(うなめ)、同じく最下段に用いる「X」状の 菱縫(ひしぬい)などがある。 また、孔の間隔の広い小札を幅広の緒で縅すことを 大荒目縅(おおあらめおどし)と呼び、がの際に身に付けた「大荒目鎧」とはこの事とされる。 関連項目 [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・)。

次の