ドラゴン アッシュ kenken。 Dragon Ash、RIZE メンバーら逮捕がヤバい!KenKenとJESSE

kenkenとJESSE大麻で逮捕 ドラゴンアッシュ夏フェス、RIZEはどうなるのか

ドラゴン アッシュ kenken

プロフィール [ ] 父はドラマーの、母は歌手の 、兄はのという音楽一家で育つ。 に通い置いてあったドラムセットでドラムを始めるも、兄のライブでのドラムの上手さを見てドラムに飽き始めていた8歳の時に、兄と観ていた のドラム教則ビデオで観たによるに衝撃を受け、小学校に置いてあったベースで本格的にベースを始める。 15歳の時に、のを拠点にライブ活動を始める。 数々のバンド活動やサポートを経て、、『ベース・マガジン』()企画のオムニバスCDに参加。 4月、兄のいるに加入。 同年6月に傘下のトライアドからソロ・アーティストとしてもメジャー・デビュー。 RIZE,Dragon Ash, KenKen of INVADERS, SPEEDER-X, WAGDUG FUTURISTIC UNITY, THE STALIN Z, 二枚舌などのバンドにて活動している。 FUZZY CONTROLの元メンバー。 原発問題・放射能問題についての団体「オペレーション・コドモタチ」の賛同者。 、に第一期生として入学。 2017年にに移住。 東京にも住居を残し、仕事によって行き来する生活を送っている。 2019年7月19日午前、京都の自宅で、警視庁組織犯罪対策5課により、大麻取締法違反容疑でされた。 同年8月14日、保釈金250万円を納付し保釈された。 同年10月16日、東京地裁の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。 検察側は懲役6月を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求めて即日結審した。 10月30日の判決公判で裁判官は、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡した。 評価 [ ] 4月号『ベース・マガジン』の表紙を、過去最年少(21歳)で飾り、巻頭特集では「その実力が、若手筆頭と言っても過言でない」「若き低音のカリスマ」と紹介された。 同誌の2006年1月号2008年2月号2011年3月号でも他のベーシスト数名と共に表紙と巻頭特集に取り上げられているほか、2006年8月号、2007年7月号、12月号でも記事が掲載された。 『ロック・ジェット』誌 Vol. 28(2007年6月発売)にも、への思いなどを語ったインタビュー記事が掲載された。 参加バンド [ ]• JERK EGGPLANT(2001年 - 2004年)• SUPER Goooooood! (2002年 - ) - 率いる総勢28人の大所帯バンド• 二枚舌(2002年 - ) - ATSUSHI(G,Vo)=番長、(Key)=主任、(Perc)=監督、KenKen(B)=若• STARS(2002年 - 2004年) - (G)、(Vo)、(Dr)と組んだバンド• Screaming Soul Hill(2005年)• SHAG - のバンド• (2006年4月 - )• - KenKenのソロ活動のバンド• TORCERSE(トルセルセ) - 実兄である金子ノブアキとのユニット• (2009年 - ) - とのセッションユニット• - 結成時のメンバーであったが諸事情で脱退している。 - サポートメンバー。 馬場育三が療養中および逝去後、ライブやレコーディングに参加している。 - 2013年結成のスピードファンクバンド。 KenKen(B,Vo)、(G,Vo)、(G,Vo)• (2013年 - ) - (Vo)、(G)、中村達也(Dr)、KenKen(B) 作品 [ ] アルバム [ ]• PARTY of INVADERS (2006年6月21日) - 18歳のときから作品の制作をはじめ、ドラム、ベース、ギター、プログラム、ヴォーカル全てを自身で演奏、アレンジ、プロデュースした。 ARRIVAL of INVADERS (2007年10月24日) - 3枚組の通常盤と1枚の普及盤の2種類がある。 等がゲスト参加。 出演 [ ] 映画 [ ]• (2012年、監督) - 武士 役• (2012年、監督) - 垣内ケンタ 役• (2017年 - 、Eテレ) - 「音棒倒し」のコーナーに不定期出演)• 2017年3月26日、「凄腕アーティストが教えるベースの世界」『カミナリ』 RIZE を演奏• 2018年3月18日、「音楽ギモンSP」視聴者からの音楽ギモン回答、ベース奏法実演解説、即興作曲の即興アレンジ ラジオ [ ]• (2016年4月4日 - 2019年3月22日 、) - 火曜日担当ナビゲーター• (2018年4月8日 - 2019年2月、) - 偶数月担当 CM [ ]• 「ペプシ Jコーラ」(2018年4月17日 - )• 『怪物舞踏団』の一員として、、、 、とともに出演 参加 [ ]• 『UFO』篇(2014年) - ベース・ギター・ドラムなど音楽担当• 『度全国キャンペーン「TOKYOだけじゃない」』(2017年) - テレビCM及びラジオCMにおいてベース演奏で参加 監修・プロデュース [ ]• アプリ「KenKenが教えるベースギター 1」(2013年5月7日) - 全体・右手・左手のカメラ切替機能、スロー再生機能を搭載した映像でおぼえるベースギター教則アプリ• 2014年度卒業ソング「仰げば尊し〜from さくら学院 2014〜」サウンドプロデュース(2015年)• ミニベース(2016年)• (R) Lineup Music Video「Boost Your Play」ft. - 父親• - 母親• うつみようこ(元)バンド ライブサポート• - ライブサポート• 『KenKen interviews 2004--2014-LIFE IS GROOVE-』 KenKen 著 、ベース・マガジン編集部 編集 、 2014年10月20日 脚注 [ ] []• KenKen Official Web Site. PARADOX. 2016年1月17日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2016年4月7日. 2017年9月21日閲覧。 RBB TODAY. 2016年1月1日閲覧。 2019年04月17日閲覧。 1 2019年1月10日. 2019年11月1日閲覧。 2019-11-01 2018年7月6日. 日刊スポーツ. 2019-11-01 2019年3月25日. radiko news (J-WAVE. Sound Creator 2018年1月25日. 2019年11月1日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2019年8月15日. 2019年8月18日閲覧。 2019-11-01 2019年10月30日. ORICON NEWS. Dragon Ash Official Website 2011年6月22日. 2011年7月4日時点のよりアーカイブ。 2017年9月21日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2015年8月28日. 2018年8月28日閲覧。 ナターシャ 2013年7月19日. 2018年8月28日閲覧。 rockinon. com. 2018年8月23日. 2018年8月28日閲覧。 rockin' on. com. 2017年3月2日. 2017年11月7日閲覧。 RIZE公式Facebook・ -• ナターシャ 2017年9月13日. 2017年11月7日閲覧。 J-WAVE NEWS. 2019年3月25日. 2019年4月16日閲覧。 音楽ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月12日閲覧。 TOKYO HEADLINE 2016年3月7日. 2016年3月16日時点のよりアーカイブ。 2017年9月21日閲覧。 KenKenRIZEstaff 2018年3月26日. Twitter. 2019年2月18日閲覧。 エフエム京都 2018年3月26日. 2019年2月18日閲覧。 2017年 ()優勝者(史上最年少12歳)• 音楽ナタリー 2018年4月12日. 2018年4月13日閲覧。 maki 2014年6月25日. メディアプロダクツジャパン. 2018年8月28日閲覧。 公益社団法人ACジャパン. 2017年10月12日閲覧。 kenkenweb 2013年. 2017年9月21日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年1月9日. 2017年11月7日閲覧。 2016年4月29日. 2017年9月21日閲覧。 2017年9月20日. 2017年9月21日閲覧。 maki 2016年5月28日. メディアプロダクツジャパン. 2018年8月28日閲覧。 KenKen公式Twitter、 2018年8月28日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

KenKen活動再開にドラゴンアッシュ桜井誠が激怒? 佐藤タイジのライブ出演発表が物議、ファンからも怒りの声噴出

ドラゴン アッシュ kenken

俳優として大活躍中の金子ノブアキさんの弟で、 小学生の頃からベース、ギター、ドラムを始め中学生になるとセッションを行うなど、学生時代から才能を発揮していました。 2006年4月にRIZEに加入してからはベース&ヴォーカルとして活動。 自身のバンド『KENKEN of INVADERS』では ドラム、ギター、プログラミング、ヴォーカル全てを自身で演奏した2枚のソロアルバムをリリースしていました。 KenKenはゲーマーだった! KenKenさんは音楽とは別に意外な才能があり、 それが ゲームです! ゲーム雑誌『週刊ファミ通』では、 SUPER KANEKO BROTHERS(スーパーカネコブラザーズ)というコラムを連載。 約七年ほど続いたファミ通のコラム「スーパーカネコブラザーズ」が今回で最終回となりました。 最初は1年だけと言うお話で頂いたこのコラムも、皆様の応援のお陰でこんなに長く続きました。 最近ではSONY本社に出向き「ゲームの話をしてきた」と報告。 何かしらのプロジェクトに参加しているのでしょう! KenKenの父親とは? KenKenさんの父親はジョニー吉長こと吉長信喜さん。 実は金子兄弟が音楽を始めるきっかけとなったのも父親の影響。 ロックドラマーで、チェックメイツのメンバーとしてデビュー後は ジョー山中さんとカニバルスを結成するなどバンド活動をされていました。 左とん平さんや泉谷しげるのドラムを担当したことでも有名です。 さらに同日逮捕されたJESSE父親でCharさんとは息子が生まれる前からの知り合い。 1999年に離婚しましたが、それまでは「金子」性を名乗っていました。 俳優としての経歴もあり月9『二千年の恋』では主演・金城武さんの父親役を演じているなど、 多方面で活躍していました。 しかし、2012年63歳の若さで脳炎を患いこの世を去っていました。

次の

Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)金子(KenKen)・Jesse(ジェシー)大麻で逮捕

ドラゴン アッシュ kenken

佐藤タイジより 大麻取締法違反罪で、10月30日に有罪判決を受けたロックバンド・RIZEのメンバーで、Dragon Ashのサポートベーシストを務めるKenKenをめぐって、ファンを複雑な心境にさせる出来事が発生した。 TwitterなどSNS上には、それぞれのファンからさまざまな意見が書き込まれているという。 佐藤はKenKenの判決公判翌日となる10月31日、11月3日と4日に行われる自身のライブに、KenKenがゲスト出演することをTwitterで告知。 すると同日、Dragon Ashのドラマー・櫻井誠はTwitterに「愕然。 全く聞いてないし、俺らの事なんてどうでもいいのか」と、名指しこそしていないものの、明らかにKenKenに向けて発したとわかるツイートを投稿した。 「7月24日、Dragon AshはKenKenの逮捕を受けてバンド活動自粛を検討した上で、『すでに決定していた出演をキャンセルすることになれば、さらに皆様にご迷惑をおかけすることになってしまうのではないか、そのような事態は避けるべきではないか、という思いに至りました』と経緯を説明し、別のサポートメンバーを迎えることを発表。 現在、Dragon Ashはツアーの真っ最中で、11月4日にも熊本公演が行われました。 承諾したKenKenも信じられない」といった批判が殺到。 櫻井やファンからの否定的なコメントが後押しになったのか、佐藤は1日に告知ツイートを削除し、公式サイトでKenKenの出演見送りを報告。 また同日、「完全に私のミスです」として、Dragon Ashのメンバーやスタッフ、レーベル、ファンに対しての謝罪文をツイートした。 「しかし、その謝罪文にあった『ケンケンを一日も早く応援したい一心でドラゴンアッシュのツアースケジュールを確認せずに発表してしまいました』という一文で、KenKenの落ち度が浮き彫りになってしまっています」(同) 櫻井のツイートからもわかるように、最も問題なのはKenKenが、Dragon Ashメンバーに一切連絡をせず、復帰を決めたことだろう。 「サポートメンバーでありながら、バンドに多大な迷惑を掛け、かつ謝罪や報告が後回しになっていることについて、現時点でKenKenは釈明をしていません。 RIZEやDragon Ashの活動が宙ぶらりんのまま再始動することに、疑問を抱いている人も多いようです」(同) KenKenは保釈後となる8月19日、自身のサイトで「ぼくの命にも等しい音楽仲間と、ぼくの事を命のように大切にしてくれるスタッフ」と、「命」という表現を用いて、謝罪文を発表している。 このような言葉で思いを伝えておきながら、なぜKenKenは配慮に欠ける行動をしてしまったのだろう。

次の