晩秋 の 候。 晩春の候の意味や読み方は?時期はいつ使えるか、例文や結び、同じ時期の季語や挨拶も

時候の挨拶一覧

晩秋 の 候

もくじ• 二十四節気では、四季がそれぞれ「初」「仲」「晩」の三区分に分かれています。 「初春」・・・ 立春(2月4日頃)~啓蟄の前日(3月4日頃)• 「仲春」・・・ 啓蟄(3月5日頃)~清明の前日(4月3日頃)• 「晩春」・・・ 清明(4月4日頃)~立夏の前日(5月4日頃) となっています。 「卯月の候」は 「うづきのこう」と読み、陰暦の4月の異称です。 4月いっぱい使うことができます。 「皐月の候」は 「さつきのこう」と読み、陰暦の5月の異称です。 5月いっぱい使うことができます。 「清明の候」は 「せいめいのこう」と読み、草木が芽吹く時期を表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「春暖の候」は 「しゅんだんのこう」と読み、春のポカポカとした暖かさを表す言葉です。 3月中旬頃~4月いっぱい使うことができます。 「春風の候」は 「しゅんぷうのこう」と読み、春に吹くさわやかな風を表す言葉です。 3月中旬頃~4月いっぱい使うことができます。 「惜春の候」は 「せきしゅんのこう」と読み、過ぎて行く春を惜しむ意味で使われます。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「残春の候」は 「ざんしゅんのこう」と読み、春の終わりを表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「暮春の候」は 「ぼしゅんのこう」と読み、春の末を表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「穀雨の候」は 「こくうのこう」と読み、穀物を育てる雨を指す言葉です。 4月20日頃(穀雨)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 寒暖の差の大きい時期です。 体調を崩さないようにお気をつけてお過ごしください。 季節の変わり目です。 くれぐれもご自愛ください。 暖かく過ごしやすい季節となりました。 お元気でお過ごしください。 夏の訪れが待ち遠しいですね。 再開を楽しみにしています。 「拝啓」で始めたら「謹言」「敬白」で終わる、がセットになっています。 女性は「かしこ」や、友達なら「では、また。 」などフランクな言葉でもいいですね。 ただしビジネス文章では時候の挨拶を省いたり、季節に関係なく「時下」 この頃はの意味 とすることもあります。 かしこまった相手に出す手紙の場合、「ご発展」「ご健勝」「ご清栄」「ご盛栄」「ご清祥」「ご隆昌」といった表現を使うのですが、 「ご健勝」「ご清祥」は個人に使うもの、「ご発展」「ご清栄」「ご盛栄」「ご隆昌」は、企業・団体に使うものなので、注意が必要です。 親しい相手に出す手紙であれば、「拝啓 晩春の候~」で書き始めるのは、少々かしこまりすぎている印象があるので、春の終わりを表す言葉や、くだけた言葉にして、「お元気ですか。

次の

季語一覧|挨拶状ドットコム

晩秋 の 候

拝啓を使うときの決まりは敬具をセットで使うこと ビジネスに限らず手紙を書くときによく使われる 拝啓は手紙の初めに書く頭語の一種です。 拝啓の後に時候の挨拶を書き、本文を続けます。 その後に結びの言葉の敬具をつけるのがルールです。 「拝啓・敬具」とセットで覚えておくと良いでしょう。 拝啓の後に続けて書く基本的な前文の書き方• 拝啓に続けて書く月ごとの時候の挨拶の文例 時候の挨拶は季節ごとに大体決まっています。 同じ月でも上旬と下旬では気候も変わってくるので、時期に合わせた言葉を選ぶと良いでしょう。 時候の挨拶を月ごとにまとめましたので参考になさってください。 年中使える時候の挨拶 例文 拝啓 時下ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 「時下」は季節を問わず使える言葉です。 とても便利なのでビジネス文章で目にすることが多いです。 1月の時候の挨拶• (正月)新年の候 賀春の候 迎春の候• 新春の候 初春の候 厳寒の候 厳冬の候 大寒の候 小寒の候• 希望あふれる新年を迎え、• 松の内のにぎわいも過ぎ、• 寒さ厳しき折柄、• 新春とは名ばかりの厳しい寒さが続いておりますが、 2月の時候の挨拶• 春寒の候 晩冬の候 節分の候 雪解の候 梅花の候 梅鶯の候• 余寒厳しき折柄、• 立春とは名ばかりの寒さが続いておりますが、• 梅のつぼみがほころぶ季節、• 寒さがゆるみ始めた今日この頃、 3月の時候の挨拶• 早春の候 春暖の候 春分の候 陽春の候 弥生の候 春風の候• 三寒四温と申しますが、• 日増しに春らしくなってまいりましたが、• 花の便りも聞かれるようになりましたが、• 桜の開花に春の訪れを感じる季節、 4月の時候の挨拶• 桜花の候 春陽の候 花冷えの候 麗春の候 晩春の候 春眠の候• すっかり春らしくなりましたが、• 春風が心地よい季節となりましたが、• 春の日差しが暖かく感じる季節、• 桜の季節も過ぎ、緑まぶしい季節となりましたが、 5月の時候の挨拶• 残春の候 暮春の候 青葉の候 新緑の候 万緑の候 軽暑の候• 若葉が薫る季節、• 風薫る新緑の季節となりましたが、• すがすがしい青空が気持ち良い季節となりましたが、• 暦の上では夏となりましたが、 6月の時候の挨拶• 入梅の候 梅雨の候 長雨の候 初夏の候 立夏の候 向暑の候• さわやかな初夏を迎え、• 梅雨の季節となりましたが、• 長雨で肌寒さを感じる日々が続いていますが、• 雨に濡れた紫陽花が美しい季節となりましたが、 7月の時候の挨拶• 盛夏の候 猛暑の候 酷暑の候 大暑の候 厳暑の候 烈暑の候• 暑さ厳しき折柄、• 梅雨も明け暑い日が続いておりますが、• 例年にない猛暑が続いておりますが、• 蝉の声に夏を感じるこの頃、 8月の時候の挨拶• 残暑の候 納涼の候 暮夏の候 晩夏の候 立秋の候 暁夏の候• 例年になく残暑が厳しいですが、• 残暑が続いておりますが、• 暑さも一段落したこの頃、• 秋風を感じる季節となりましたが、 9月の時候の挨拶• 初秋の候 新秋の候 秋分の候 涼風の候 清涼の候 秋色の候• 残暑も過ぎ、過ごしやすい季節となりましたが、• さわやかな季節を迎え、• コスモスが美しい季節となりましたが、• 朝夕がめっきり涼しくなったこの頃、• 虫の音が秋を感じさせる季節、 10月の時候の挨拶• 秋晴の候 秋月の候 菊花の候 秋涼の候 朝寒の候 紅葉の候 初霜の候• 天高く馬肥ゆる秋、• 秋が日増しに深まってまいりましたが、• 秋晴れが心地よい季節、• 菊の花が香る季節、 11月の時候の挨拶• 晩秋の候 暮秋の候 深秋の候 初冬の候 立冬の候 氷雨の候• 小春日和のこの頃、• 落葉散りゆく季節、• 寒さが深まってまいりましたが、• 朝夕冷え込む今日この頃、 12月の時候の挨拶• 初冬の候 師走の候 初雪の候 歳末の候 寒気の候 忙月の候• 寒さが身にしみる季節となりましたが、• 早いものでもう師走となりましたが、• 本年も押し迫ってまいりましたが、• 年の瀬となり忙しい季節となりましたが、 結びの挨拶の例 本文の最後に書く結びの言葉も知っておくと便利です。 一年中使える結びの挨拶をご紹介します。 皆様のますますのご健勝をお祈りいたします• 今後ともかわらぬお引き立てのほど、よろしくお願い致します。 皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます• 拝啓に続けて書く時候の挨拶で気持ちのこもった文章にしよう いかがでしたか?拝啓や季節に合った時候の挨拶を使うことで、事務的なビジネス文章が気持ちのこもった文章に変身します。 忙しい中でも上手に挨拶を取り入れることで相手にも気遣いが伝わり仕事も円滑に進むのではないでしょうか。

次の

季語一覧|挨拶状ドットコム

晩秋 の 候

晩秋の候 読み方 晩秋の候は『ばんしゅうのこう』と読みます。 これはあまり間違った読み方をする人はいないと思います。 基本的に時候の挨拶は音読みで読めば失敗をしないということだけ頭に入れておけば大丈夫ですね。 意味 晩秋の候は『秋の終わりの季節になりました』という意味になります。 秋は3つに分けることができます。 (初秋・仲秋・晩秋)その中の終わりの秋という意味で冬の足音が聞こえてきそうな季節のことを指します。 時候の挨拶は二十四節気に沿って使うことが多いです。 なので晩秋は上記のような時期に使うのが適していますが、実は現代における晩秋とは『秋の終わり頃。 11月から12月初め頃に該当する。 』とwikipediaにも載っていたりします。 なので基本的には二十四節気にならって使うのが正しいですが、12月上旬まで使っても大きく間違ってはいないとは思います。 二十四節気的には秋は立冬までですが、時候の挨拶で「秋」がつく霜秋の候などは11月いっぱいまで使ったりします。 11月に使える時候の挨拶は? 11月に使おうと思ってこの記事を読んでいる方もいると思います。 晩秋の候を11月に使っても大きくは間違ってはいませんが、少し使うには違和感を感じてしまう人も多いと思います。 無難な時候の挨拶として考えているならオススメですね。

次の