今日アクティビティがありました 意味。 アカウントでのアクティビティの表示と管理

インスタ、相手の最終ログイン時間が出ない原因。オンライン状況を表示・非表示にする方法

今日アクティビティがありました 意味

Instagramのアクティビティとはどんな機能? 実は「アクティビティ」という呼び方自体が化石化しているというか、Instagram内でほぼ触れる事がない言葉だと思うのですが、一応、今でもアクティビティと呼ぶ様です。 上の様に、iPhoneでは条件によって「アクティビティ」という単語を見付ける事が出来ました。 この アクティビティとは何か?と言えば、 Instagram内における行動のログの様なものです。 アクティビティを確認すれば、相手や自分がどの様な行動をしているのかが分かる、という事です。 Instagramのアクティビティはどこで確認する事が出来る? アクティビティはPC&スマホの両方のInstagramから確認する事が出来ます。 ただし、PC版では「自分のアクティビティ」しか確認する事は出来ません。 スマホ版では「自分のアクティビティ」に加えて、「フォロー中のユーザーのアクティビティ」も知る事が出来ます。 スマホ版の場合の確認方法 上の画像の様に、スマホ版のInstagramアプリを開くと、下の方にアイコンが5つ表示されるはずです。 この中にあるハートのアイコンをタップする事で、アクティビティを表示する事が可能です。 更に「フォロー中」と「あなた」のタブを操作する事で、表示されるアクティビティを切り替える事が出来ます。 PC版の場合の確認方法 PC版(Web版)のInstagramでアカウントにログインして、右上に表示されるハートのアイコンをタップするとアクティビティを表示する事が出来ます。 ただし先述の通り、 PC版のInstagramからは「自分のアクティビティ」しか表示する事が出来ません。 Instagramのアクティビティには何が表示される? アクティビティとは「行動の記録」ですが、ではその記録の対象となるのはどんな行動でしょうか? 確認したところ、以下の様になる様です。 「フォロー中」のアクティビティに表示されるもの• 「このユーザーをフォローしよう」というフォローのオススメ• 自分に対して誰がコメントをくれたのか ・・・という様になります。 自分自身の「いいね」と「フォロー」の行動は、自分のフォロワーには筒抜け、という事になりますね。 注意が必要です。 Instagramのアクティビティの表示期間はどのくらい? Instagramの アクティビティの表示期間はどれくらいなのか?と気になったので調べてみました。 ハッキリとは言えませんが、恐らく表示期間に制限はない様に思います。 あったとしても、相当長いでしょう。 僕のサブアカウントでは上の様に、 32週間前のアクティビティが表示されています。 しかし実は、ほとんどの場合はごく短い期間のアクティビティしか表示されないはずです。 何故かと言うと、 アクティビティには表示数の上限があるからです。 この上限は、僕が数えたところ39でした。 40個目から前のアクティビティに関しては、きれいさっぱりなくなっていました。 特に「フォロー中」のアクティビティに関しては、フォローしている相手の多さによっては、アッという間に埋もれてなくなってしまう可能性が高そうです。

次の

【何コレ?】ログインしましたか?お使いのGoogleアカウントに新しいデバイスからアクセスがありました

今日アクティビティがありました 意味

2018年8月13日 インスタグラムは写真・動画でコミュニケーションをするSNSとして世界中で愛されています。 言語がわからない海外のユーザーのアカウントであっても、写真が素敵であれば「いいね!」を押せるし、少しだけでも英語ができれば簡単な言葉で褒めてあげることも可能ですよね。 それ以外でもダイレクトメッセージ(DM)を送りあったり、ストーリーを見て楽しむこともできます。 インスタユーザーの中には、オプション画面(設定)がコロコロ変わっていることにお気付きの人もいるでしょう。 その中に 「アクティビティのステータス」という項目が出てきました。 これが一体どういう意味なのかわからない人も多いですよね。 今回はインスタをより楽しむために 「アクティビティ」の意味やアクティビティのステータスの使い方・設定を解説しましょう! フォローしている人のアクティビティログ インスタではアプリを開いて下のハートマークをタップするとアクティビティが見れます。 最初は上部の「あなた」のタブで通知が出ている状態なので「フォロー中」にタブを合わせましょう。 するとあなたがフォローしている人のアクティビティが一覧で出てきました!どの投稿に「いいね!」をしたのか、コメントをしたのかがわかるようになっています。 この「アクティビティ」の機能を使えば、 フォロー中の人が何に興味を持っているのかがわかるということなんですね。 とはいえ「アクティビティ」という単語はほとんど使われなくなりました。 インスタでも「アクティビティ」という表記が少なくなり、オプション画面にある「アクティビティのステータス」ぐらいでしか見れないというユーザーもいるようです。 インスタDMで相手のアクティビティ時間がわかる それではインスタのオプション画面にある「アクティビティのステータス」とはどういう意味でしょうか?実はこれ、ちょっと意味が変わって最終ログイン時間(最後にインスタで活動した時間)のことになるのです。 オンライン時間がわかる DMを開いてみると、今までDMのやり取りをしたスレッド一覧が表示されますよね。 実は これが相手の最終ログイン時間のこと!42分前にオンラインとなっているなら、あなたが今インスタを見ている時間の42分前にその人がインスタを使っていたということになるのです。 残念ながら、相手のアカウント画面を見ても最終ログイン時間は表示されません。 DMでやり取りをした相手だけオンライン時間がわかるということなんですね。 これも「今日インスタで活動がありました」という意味で 「今日インスタにログインして使っていましたよ」ということを示しています。 ログインが24時間以内なら「今日アクティビティがありました」、24時間を超えると「昨日アクティビティがありました」と表示されるようです。 違いは具体的なオンライン時間が表示されているかどうかだけ。 実際にインスタを開いてどんなことをしていたのかはDMではわからないので、最初に解説したハートマークからフォロー中のユーザーのアクティビティログを確認すると良いでしょう。 どちらにせよ、インスタを開いた時間がわかるかわからないかだけなので、インスタにログインしていたという事実は同じです。 インスタでアクティビティのステータスが表示されない人がいる! アクティビティのステータスがどういう機能かわかったでしょうか?相手とDMでやり取りをしていれば、そのユーザーのログイン時間がわかるので便利ですよね。 しかし、中にはDMでアクティビティのステータスが表示されない人がいるのです!どういったユーザーがどういう条件で表示されなくなるのかを解説しましょう。 初期状態ではONになっているので、これをOFFにすることで相手に自分のログイン時間を見せないようにできるのです。 ただし相手のログイン時間も見れなくなるので注意! アクティビティのステータスの切り替え方法は後ほど解説します。 DMでの最後のメッセージが相手で終わっている場合 DMでのやり取りはそのうちどちらかで止まりますよね。 自分でやり取りが終わったり、相手で終わったり…。 実はアクティビティのステータスは、相手のメッセージでやり取りが終わった場合表示されないのです!.

次の

【インスタ】アクティビティのステータスとは?意味や時間について

今日アクティビティがありました 意味

インスタ「オンライン機能」とは まず、この2018年1月に追加された「オンライン」機能の意味とは何なのでしょうか?これは、インスタグラムのダイレクトメール(DM)の一覧に表示される 「〇〇時間前にオンライン」という表示機能のことです。 これにより、そのアカウントで 何時間前にログインしたか・アクセスされたかが分かる様になりました。 フェイスブックで表示される「オンライン」機能と同様のものですね。 このオンライン機能を活用したい方もいれば、一方で自分の最終ログイン時間を見られたくない、という声も多く聞きます。 そこで次では、 オンライン機能を使うメリットやデメリットについて解説します。 オンライン機能を使うメリット オンライン機能を使うメリットとは• 相手のオンライン時間を見てメッセージを送信できる: ダイレクトメッセージを使用して相手と交流した際には、 相手がインスタを使っているタイミングでメッセージを送信することができます。 相手の使用頻度が分かるため、返信の速さや頻度が予測できる: 「〇〇時間前にログイン」という様に、最後にログインした時間が表示される様になっています。 これで、相手の使用頻度がわかり、 相手からの返信頻度が予測できるので、返信を待ち疲れることもありません。 相手の使用頻度を見て返信やメッセージを送受信できることが魅力です。 オンライン機能を使うデメリット• 自分のログイン時間が表示されるため、ダイレクトメッセージへの 返信を迫られている様な気持ちになる• 使用頻度が分かるため、 手軽にログインしにくくなる 相手からログイン時間が見えることで、チェックされているように感じる方もいるのではないでしょうか。 人の目を気にせず、楽しんで利用したい方には、デメリットが多い機能です。 このように、みなさんが思い付く、「見られている」不快感が大きなデメリットです。 しかし、このオンライン機能を使いこなさなければいけない、ということではなく、自分がどう感じるかで この機能を使うか、使わないかを選ぶことが大切、ということですね。 そこで次では、オンライン機能の非表示の設定方法について画像付きでご紹介します。 オンラインの非表示方法について オンラインやログイン時間の非表示を設定したい!という方向けの設定方法です。 「アクティビティのステータスを表示」をタップしてオフ 他のアカウントのアクティビティが見れなくなる他、相手からもログイン時間は表示されませんので、安心してインスタを利用できます。 「今日アクティビティがありました」の意味とは? 時折、インスタのダイレクトメッセージでは、「今日アクティビティがありました」というメッセージが表示されることがあります。 これは、何を指すのでしょうか? インスタには、ログイン時間がある一定過ぎた場合にこの表示がされる仕組みとなっています。 24時間前近くに最終ログインされた場合に、この「今日アクティビティがありました」が表示されます。 ちなみに、最終ログイン日は最大で23週間前まで表示されるようになっています。 相手のログイン時間が表示されない原因とは 相手のログイン時間が表示されない原因とは 先ほど説明した、オンライン機能の設定後にダイレクトメッセージを見ても画面が表示されない場合は、いくつか原因が考えられます。• 相手をフォローしていない、またはされていない: この場合は、ダイレクトメッセージでやり取りをしていてもログイン時間が表示されることがありません。 実はオンライン設定がオフになっている: 先ほど紹介したオンライン表示・非表示設定で、気付かずオフ設定にしている可能性があります。 アプリが最新バージョンになっていない: 2018年1月に追加された新機能で、本体設定でアプリが最新アップデート版になっていない場合、ログイン時間が表示されることがありません。 最新版にアップデートしインスタを再起動すればログイン表示機能が使えるようになります。 また、インスタグラムの全機能で上手に「表示されない・機能しない」などのトラブルがある時は、 アプリが最新版になっていないことが多くあります。 本体のアップデートが自動ではなく手動設定にしていることで、アプリが旧バージョンのままのケースがありますので、ご注意ください。 毎回手動でアップデートするのが面倒・・・と感じる場合は、アップデートを自動設定にしておくことをオススメします。 以上、インスタのオンライン機能についてご紹介しました。 最新機能が追加になったからと言って活用しなければいけない、という訳ではなく、自分の好みや状況に合わせてオン・オフ設定をしてくださいね。

次の