いかがお過ごしでしょうか 類語。 年の瀬とはいつからいつまで?|意味・使い方・類語・英語表現とを解説

「いかがでしょうか?」目上の相手への正しい尋ね方と文例集

いかがお過ごしでしょうか 類語

「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」正しい使い方 「いかがでしょうか」という言葉は、 相手に対して改まって聞くという意味があります。 そのためお客さんや上司に対して意見や感想を求める際に使用できます。 では、「どう」に丁寧語の「でしょうか」をプラスした「どうでしょうか」という表現は敬語として正しくありません。 「どうでしょうか」の場合は改まって聞くという意味がないため、上司やお客さんには使えないでしょう。 そのため、丁寧語ではありますが、尊敬語ではないので注意が必要です。 また「どうでしょうか」にはそのまま疑問に思ったことを相手にぶつける印象があり、相手への問いかけだけでなく、自分も考えている、試行錯誤であるというイメージを伝えてしまいます。 「いかがでしょうか」は上司やお客様に尋ねるときに使い。 「どうでしょうか」は同僚や先輩など、比較的に関係が近い相手と疑問を共有する場合に使用できると覚えましょう。 同僚とのやり取りは仕事を円滑に進めるために不可欠です、以下では上司や同僚とのやり取りの際のコツや、注意点について解説しています。 この記事と合わせて仕事場でよい関係を続けていきましょう。 「いかがでしょうか」と「よろしいでしょうか」の使い分け 「どうでしょうか」を取り上げましたが、 近い表現で「よろしいでしょうか」があります。 この「よろしいでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ丁寧ないい回しですが、その違いは相手に与える印象です。 もととなる言葉を紐解くと、 「よろしいでしょうか」は「いいですか?」「よい?」という意味であり、相手に了承を求める意味であるとわかります。 「いかがでしょうか?」は「どうですか?」「どう?」と尋ねる意味であるため、相手に意見を求める言葉です。 このように違いを理解しておくとコミュニケーションで齟齬が生まれることはないでしょう。 「いかがでしょうか」を使った例文集 「いかがでしょうか」を正しく使った例文は以下の通りです。

次の

年の瀬とはいつからいつまで?|意味・使い方・類語・英語表現とを解説

いかがお過ごしでしょうか 類語

「お変わりありませんか」の意味と使い方 「お変わりありませんか」の意味 「お変わりありませんか」は、相手に変化がないかと安否を問うあいさつです。 「以前と比較して何か変化がないですか」という意味で、どちらかと言うと悪い方の変化を問う場合が多いです。 「変わり」には、「前と様子や状態が変わること」や「変化すること」という意味があります。 「お変わりありませんか」の使い方 「お変わりありませんか」は大人の挨拶として、非常に便利な言葉です。 久しぶりに会った相手や久しぶりに電話やメールなどでやりとりする相手に「お変わりありませんか」と問うことで、健康面に関わらず相手の仕事面や趣味、住居、家族などあらゆるテーマでの変化を問う挨拶となります。 この「お変わりありませんか」は会話のテーマ選択を相手に握らせ、相手優位の会話に持っていくことができる挨拶であるのです。 「お変わりありませんか」の類語と例文 「お変わりありませんか」の別表現を使った例文• お久しぶりです。 元気ですか• お身体お変わりありませんか• ご無沙汰しています これらは「お変わりありませんか」と同様に、久しぶりに会った相手や電話もしくはメールでやりとりする相手に使う挨拶です。 「お変わりありませんか」という挨拶よりも、少し直接的な表現ではありますが、相手との関係によってはこのような聞き方でも問題ありません。 しかし直接健康面を問う場合は、体調を崩していたがあまり言及したくないなど相手にとってあまり好ましくない場合がありますので気を付けましょう。 「お変わりありませんか」のより丁寧な例文• お変わりございませんか• いかがお過ごしでしょうか• ご無沙汰致しております• お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか 「お変わりありませんか」は、比較的近しい間柄で使われる言葉です。 目上の人に使う場合など、より丁寧な表現を使いたいのであれば次の挨拶を使用すると良いでしょう。 これらは「お変わりありませんか」より丁寧な表現で、スマートな印象を与えます。 シーン別「お変わりありませんか」の使い方 ビジネスシーンにおける使い方 フォーマルやビジネスシーンでは、「お変わりありませんか」よりもう少しかしこまった表現を使うのがベストです。 ビジネスシーンでも特に親しくしている間柄であれば、安否を問う「お変わりありませんか」でも問題はありません。 そうでない相手であれば、表現を変えたほうが良いでしょう。 皆様方には、ご清祥のこととお喜び申し上げます• ご清栄のことと存じます• ご健勝のこととお慶び申し上げます 「ご清祥」は相手の無事や健康を祝う言葉。 「ご清栄」は相手の繁栄や健康を祝う言葉。 「ご健勝」は相手の健康を祝う言葉になります。 相手の安否を問うことよりも、相手が健康であることを祝う表現であり、ワンランク上のかしこまった印象になります。 年賀状における使い方 年賀状は日頃お世話になっている人に対して、新年を祝う言葉で挨拶を行うものです。 昨年の感謝と新しい年の変わらぬお付き合いをお願いします。 久しく顔を合わせていない相手に対して「お変わりありませんか」を使うのは、ここまでで説明してきた通り近しい相手に使うのであれば問題ありません。 目上の人や、ビジネス上で繋がりがある人には少し変化させて使うのが良いでしょう。 印刷された年賀状を使っている人は、手書きで一文「お変わりありませんか」と添えているだけで相手への気遣いを感じさせる年賀状になります。 メールや手紙における使い方 メールや手紙での「お変わりありませんか」の使い方も、年賀状と同様に相手によって変化させると良いでしょう。 プライベートのメールや手紙であれば、「お元気ですか」や「お久しぶりです」の方がフランクで親しみを感じて良いかもしれません。 「お変わりありませんか」に対する返事・返信 親しい間柄における返事 親しい間柄であれば、「おかげさまで元気にやっています。 」などと近況を伝えても良いでしょう。 ビジネスシーンにおける返事 ビジネスシーンなどで、久しぶりにあった相手から「お変わりありませんか」と尋ねられた場合はどのように返事をすれば良いのでしょうか。 親しい相手のように、近況を事細かに伝えてしまうと相手は対応に困ってしまうでしょう。 「ご無沙汰いたしております」「おかげさまで元気でやっております」などと形式的な返事をするのがマナーです。 ビジネスシーンなどにおける「お変わりありませんか」は、基本的にはビジネスシーンの挨拶の1つだと思っておくと良いでしょう。 まとめ 「お変わりありませんか」の意味や使い方について説明してきました。 しっかり理解して使いこなせるようになれば、ビジネスだけでなく様々なシーンで役に立つ挨拶です。 「お変わりありませんか」を使った気持ちの良いやりとりで、円滑な人間関係を築いていきましょう。

次の

いかがお過ごしでしょうか /文例・敬語の使い方・意味

いかがお過ごしでしょうか 類語

「年の瀬」の読み方・意味・使い方 「年の瀬」とは、「年末」「歳末」「年の暮れ」の意味で、「としのせ」と読みます。 「年の瀬」がいつからなのかは、正確な記載はありませんが、一般的には、12月の中旬から31日までのことを「年の瀬」と呼びます。 これは、全国的に12月の13日頃から正月の準備に入ることが理由のようですが、特に決まりはなく、12月に入ってから使っても問題はありません。 但し、「年の瀬が押し迫り」や「年の瀬が近づき」など表現によって使う時期が異なるので注意しましょう。 なぜ、この時期を「年の瀬」と呼ぶのでしょうか。 「年の瀬」の「瀬」は、「川の中の歩いて渡れる程度に浅い所」のことで、「川の中の急な流れ」の意味もあります。 浅くて流れが急な場所は、渡るのにもドタバタ苦労します。 川の瀬は、船では難しく、歩いて行っても流れが激しいのでかなり危険です。 ドタバタ命がけで渡らなければなりません。 この「瀬」の前に「年」が付いたのが「年の瀬」で、1年の中でも一番忙しくバタバタする時期のことを意味するようになりました。 その由来は次に説明しますが、「年の瀬」を使う場合は、このような意味があることを理解することが大切です。 「年の瀬」の語源 しかし、なぜ「年の瀬」は忙しくてあわただしいのでしょうか? それは、江戸時代の商いの習慣にありました。 江戸時代の庶民は、商品を「ツケ」で買い、代金の清算は、盆と暮れにしていました。 特に暮れは、正月の準備ありなにかとお金が必要な時期で、借金を返済すれば正月の準備が出来なくなってしまう人も少なくありません。 まさに、精神的にも苦労がかさむ時期なのです。 ツケを払ったら正月の餅も買えない。 まさに、川の瀬に立った、危機的な状況と言えるでしょう。 「年が越せた」というように無事に借金を返して正月を迎えられることが、庶民のささやかな喜びでした。 一方、「年の瀬」は商人にとってはツケを回収する稼ぎ時でした。 は除夜の鐘が鳴るまでにツケを回収しようと走り回り、お金が集まったら徹夜で帳簿をつけていたそうです。 このように、「年の瀬」は、江戸時代の商人や庶民にとって、正月を無事に迎えられるかの差し迫った時期なのです。 つまり、ドタバタした様子が、川の瀬を渡るイメージにつながり、「年の瀬」の語源になりました。 その江戸時代からの感覚が、今も日本には残っています。 借金の返済ではありませんが、正月に向けて慌ただしく働く姿は今も昔も変わりありません。 江戸時代から続く日本独特の雰囲気が、「年の瀬」という言葉には感じられます。

次の