軍艦 マーチ 歌詞。 「軍艦マーチ」って知ってる?海外でも人気の高い日本の軍艦行進曲

どうして、海上自衛隊でも、軍艦マーチが、演奏されているのでしょ...

軍艦 マーチ 歌詞

他の国の伝統曲は、 をご覧ください。 「軍艦行進曲」は、瀬戸口藤吉が作曲したパチンコ店でお馴染みの軍艦マーチです。 この曲には「守るも攻むるも 黒鉄の・・・」という出だしの鳥山啓による歌詞がついています。 軍艦マーチには、替え歌があり、子供の時に歌っていた記憶があります。 この曲は、海上自衛隊で、進水式などのセレモニーで演奏されることが多く、海上自衛隊東京音楽隊のレパートリーとなっています。 ちゃんとした譜面がなかったのでよく分かりませんが、パチンコでかかる軍艦マーチは、途中に「君が代」のメロディが入っている気がしま す。 このページを見た人が「軍艦マーチの間奏の君が代に似ている部分は、東儀季芳作曲版『海ゆかば』である」という情報を送ってくれました。 戦争時代の曲であるため、海外の反応が気になるところですが、東南アジアや連合国であったドイツなど、国によっては、ある程度、知られている曲ではあるようです。 下記の「無料ダウンロード」からポルカ風、サンバ風、弦楽四重奏の編曲など、様々な音楽スタイルのファイルをダウンロードすることができます。 行進曲風の曲調で聞きたい方はポルカ風かサンバ風を聞いてみてください。 「カラオケMIDI」は、歌詞情報の入ったPCカラオケ用のXF形式のMIDIファイルです。 各ファイルは、 のオートアレンジ機能を使用して伴奏を作成しています。 「他の音楽スタイル」を選択すると、クラシックやポップス、ジャズ、民族音楽など様々な音楽ジャンルの中から、弦楽四重奏やワルツ、ポルカ、ミュゼット、ブルースをはじめ、ギターやピアノ、ハーモニカなどのソロ演奏など、様々な音楽スタイルを選択するページが表示され、指定した音楽スタイルでダウンロード・ファイルを取得することができます。 「ボーカロイド歌入り」は、 を利用して録音した歌声入りmp3ファイル です。 他の曲も聞きたい人は、 のコーナーに用意しています。

次の

なぜ、昔のパチンコ店では軍艦マーチがBGMとして流れていたのです...

軍艦 マーチ 歌詞

大日本帝国海軍の直接の後継組織だからです。 海上自衛隊は、旧海軍出身の数名が、再軍備を目指し研究を重ね、国際情勢や米海軍戦略の助けもあって、実現した組織です。 当初から旧海軍軍人が多数加入し、旧軍の伝統をほぼ完全に再現しています。 ただし、システム上、軍の統制は政府が完全に掌握しており(旧軍はシステム上政府に統制権限がそもそもなかった)、旧軍との違いはその一点だけですが、この一点を以って、近代民主国家の軍隊としてふさわしいものになっています。 再軍備を主導したメンバーが、軍組織の実現のみを重視し、戦前の国体にまでこだわらなかったのが、かえって再軍備をスムースに実現する原動力になりました。 全ての関係者の利害が一致したからです。 わかりやすく言うとあんまりえらくなかった人が、自分の目の届く範囲の組織としての「軍」再建を目指したのが良かったのです。 なので、海上自衛隊の振る舞いや伝統が「旧軍的」であることにそれほど嫌悪する必要性はありません。 【補足について】 歌詞の問題とは、数回でてくる「皇國(ミクニ)の」や、途中に挿入されている「海行かば」の一説の「大君(オオキミ)の辺(ヘ)にこそ死なめ」でしょうか? そんなに嫌悪しなくても、自衛官の大半は、「御国」「おお!君」という意識でいると思いますよ。 仮に、オリジナルの歌詞のとおりを意識している方がいたとしても、戦前の政治体制が現在の日本国より優れていて戦前に戻るべきだ、とまで考えている人はいないでしょう。 > どうして、海上自衛隊でも、軍艦マーチが、演奏されているのでしょう 素直に考えて、【 名曲 】だからでは、ないでしょうか。 何か、< 偏見 >が残っているのでは。。。 と、思いました。 軍歌にも【 名曲と、それなりの曲 】が有り、「勝れた曲」は多くの人にいつまでも愛され、歌われ続けて行くと言うことではないでしょうか。 「動画コメント」などを読むと、台湾の人に大変好まれた軍歌も有ったことが、書かれていました。 > しかしながら、軍艦マーチの歌詞は、問題がありますよね。 自衛隊の演奏で、【 歌詞付きで歌われた例 】は、まだ見たことも聞いたこともないですね。 もしも、なまじっか、そのような事例が有ったのだとしても、数回聞いても、「特に問題になるような歌詞」は、出て来なかったように思われます。 もし歌詞の、【 攻める 】と言う言葉に違和感を感じたのなら、【 攻撃は最大の防御 】と言う有名な格言もあるように、実際の戦闘行為では、< 攻撃と防御は、紙の裏表のように、明確には区別できない場合がほとんど >なのでしょう。 もう一つ大切なことは、古い時代のことを考える場合、【 時代的背景を考える必要 】が有って、例えば「従軍慰安婦問題」でも、< 当時は売春も合法の職業で、併合前の朝鮮には、「売春の身分制度」も、存在していたこと >などです。 古い時代の行いを、【 現在の常識でもって、その「善悪」を判断してしまう 】と、それは大抵の場合「極論や偏見に陥ってしまう」ので、注意する必要が有ると思います。 また、「軍歌と戦争自体」は、別けて考えるのが良いと思われます。 と言うことで、以下、おまけの【 軍歌 】になります。 ------------------- 戦友 太平洋行進曲 同期の桜 露營の歌 麦と兵隊 荒鷲の歌 愛国行進曲 軍艦行進曲 ラバウル小唄 異国の丘 空の神兵 日本陸軍 若鷲の歌 討匪行 ラバウル海軍航空隊 歩兵の本領 燃ゆる大空 海ゆかば 君が代行進曲 父よあなたは強かった 暁に祈る 愛馬進軍歌 敵は幾万 陸軍分列行進曲 加藤隼戦闘隊 -------------------.

次の

「歌詞,軍艦マーチ」に関するQ&A

軍艦 マーチ 歌詞

軍艦行進曲(軍艦マーチ) 歌詞の意味 守るも攻むるも鋼鐵の 明治時代後期に成立した海軍行進曲 「守るも攻むるも鋼鐵(くろがね)の」で知られる『 軍艦行進曲』 (軍艦マーチ)は、1900年(明治33年)頃に誕生した。 海軍軍歌『軍艦』の中間に『』(東儀季芳版)が歌われる形式で成立した。 現在では『軍艦』の後に『海行かば』が歌われることが多い。 ドイツの行進曲『旧友』、アメリカの『星条旗よ永遠なれ』と並び、「世界三大行進曲」の一つに挙げられることがある。 写真:戦艦 武蔵(デジタル彩色/出典:MONOCHROME SPECTER) 『軍艦』の歌詞は、南方熊楠の恩師・鳥山啓が1897年(明治30年)に作詞したもの。 この歌詞に、軍楽師だった瀬戸口藤吉が曲をつけた。 瀬戸口藤吉はその後、1904年に海軍軍楽長(軍楽隊長)に昇進し、日本海海戦後の6月14日に連合艦隊旗艦「三笠」に乗り込んでいる。 『 軍艦行進曲』は、かつて海軍省の公式行進曲として制定されており、現在の海上自衛隊でも、公式儀礼曲の一として観閲式や進水式、出港式典などで奏楽されている。 歌詞『軍艦』 一 守るも攻むるも黒鐵(くろがね)の 浮べる城ぞ頼みなる 浮べるその城日の本(ひのもと)の 皇国(みくに)の四方(よも)を守るべし 真鐵(まがね)のその艦(ふね)日の本に 仇(あだ)なす国を攻めよかし 二 石炭(いわき)の煙は大洋(わだつみ)の 龍(たつ)かとばかり靡(なび)くなり 弾丸(たま)撃つ響きは雷(いかづち)の 声かとばかりどよむなり 万里の波濤(はとう)を乗り越えて 皇国(みくに)の光輝かせ 歌詞の意味・補足 「浮べる城」とは、大日本帝国海軍における大和、武蔵などの戦艦のこと。 「皇国(みくに)」とは、天皇の治める国。 すめらみくに。 「四方(よも)」とは、ここでは日本の東西南北の領土・領海。 「仇(あだ)なす」とは、敵対したり害を与えたりすること。 「攻めよかし」とは、自動詞「攻む(せむ)」の命令形「攻めよ」に、念押しの終助詞「かし」がついた形。 「大洋」を「わだつみ」と読むのは、日本神話の海の神「ワタツミ・ワダツミ(海神・綿津見)」に由来している。 尾田栄一郎の漫画「ONE PIECE(ワンピース)」に登場する魚人ワダツミも同様。 「波濤(はとう)」とは、大きな波、大波のこと。 関連アルバム ジャケット写真:永久保存盤 軍艦マーチのすべて 関連ページ 激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ 日本の有名な戦時歌謡曲・軍歌・流行歌・行進曲の歌詞と解説・YouTube動画まとめ。

次の