新潟 県立 精神 医療 センター。 TOP

新潟県立精神医療センターの天気

新潟 県立 精神 医療 センター

虐待の舞台となったのは閉鎖病棟であるA3病棟ですが、ここに勤務する看護師は24名です。 第3者委員会の報告書によると8名の看護師が骨折した患者に暴行した疑いがあるとされて います。 患者は閉鎖病棟にいるので、ほかの病棟の看護師が暴行することは考えられませ ん。 すべてA3病棟の看護師です。 つまり実に3分の1の看護師が虐待していたのです。 これは 「一部の」看護師がしたというレベルではありません。 組織的といってもよいでしょう。 これだけ の割合の看護師が暴行しているのですから残りの3分の2も当然気づいています。 しかし、報 告書にあるように「出る杭は打たれる」ので見て見ぬふりして黙っていたのです。 事件が明るみ に出なければ永久に口をつぐんでいたでしょう。 過去には入院患者を平手打ちしたり、雑巾がけなどの雑務を強要したり、看護師の肩をもま せたりしてることもあります。 そして事件発覚後も過去の患者への虐待をまるで武勇伝のよう に得意に語る看護師も大勢います。 まるで反省がないのです。 大体が看護への熱意がないの です。 精神科の看護に意欲を燃やして精神医療センターに来たのではなく、県立病院中でも勤 務が楽という定評があるので希望して来るのです。 一般病院のように手術もなく、身体疾患で 容態が急変することも少ない。 注射を打つことも少ないので看護技術が未熟な者が多いので す。 極端にいえば、できるだけ楽をして過ごしたい、面倒を起こしそうな患者は時々痛めつけて こちらの言うことをきかせて大人しくさせておけば、仮に何か訴えてきても精神科の患者など 「頭がおかしいから」と誰も相手にしないから大丈夫と思っているのです。 悲しいですがこれが 現実です。 看護師同士の飲み会では患者のことを話の肴にして皆で笑い者にしています。 閉鎖病棟の長期入院患者は帰る家もないのです。 どこかでいじめられても、帰れば暖かく迎え てくれる別の場所があるわけではない。 病院で虐待されてもその病院しか居場所がないので す。 唯一の居場所が、暴行を続ける看護師と見て見ぬふりをする看護師しかいない場所だとし たらその絶望感はどれほどかと思います。 心の安まる暇もないでしょう。 患者にとっても、看護 師の顔ぶれがかわって一新することが安心につながるのです。 一新するといっても解雇するわ けではありません。 そんなことは公務員なので身分が守られておりできません。 ただ、ほかの 病院に異動すればいいのです。 新潟県は県立病院が15もあるのですから異動先はたくさんあ ります。

次の

新潟県立精神医療センターの天気

新潟 県立 精神 医療 センター

愛知県では、28日夜のはじめ頃まで急な強い雨や落雷に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から東海道沖を通って、日本の東にのびています。 東海地方は、おおむね曇りで、雨や雷雨となっている所があります。 28日の東海地方は、梅雨前線や上空の寒気の影響により、曇りで雨や雷雨となる所があるでしょう。 岐阜県では夜のはじめ頃にかけて、激しく降る所がある見込みです。 29日の東海地方は、高気圧に覆われるためおおむね晴れますが、気圧の谷や湿った空気の影響で雲の広がる所があるでしょう。 上越では、29日昼前まで濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から南西諸島付近を通り、東日本にのびています。 県内は、曇りで雨の降っている所があります。 28日は、梅雨前線は次第に南下しますが、上空の寒気の影響を受ける見込みです。 このため、曇りで、雨や雷雨となる所があるでしょう。 29日は、梅雨前線は日本の南に南下し、高気圧が日本海に張り出してきますが、上空の寒気や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、おおむね曇りで、昼前まで雨の降る所があるでしょう。 <天気変化等の留意点> 29日の留意点(雨、風、雷)は、特にありません。

次の

新潟こころの発達クリニックとは?|新潟こころの発達クリニック

新潟 県立 精神 医療 センター

年 悪性 黒色腫 基底 細胞癌 有棘 細胞癌 ボーエ ン病 日光 角化症 乳房外 パジェ ット病 皮膚附 属器癌 軟部肉 腫、他 合計 2000 9 31 14 14 18 5 2 2 95 2001 12 21 15 21 15 7 2 3 96 2002 14 32 19 14 23 5 5 1 113 2003 10 34 22 22 13 6 2 3 112 2004 22 44 33 23 27 6 4 4 163 2005 18 46 26 23 34 5 5 5 162 2006 22 46 39 31 33 8 8 9 196 2007 17 54 40 30 27 8 8 11 195 2008 22 67 31 34 31 5 5 13 208 2009 18 61 47 32 45 11 5 9 228 2010 20 61 41 36 36 8 9 10 221 2011 19 54 36 37 37 8 10 10 211 2012 22 67 55 35 55 7 16 6 263 2013 36 87 57 28 42 6 18 4 278 2014 35 77 67 39 55 7 17 4 300 2015 25 86 71 32 57 8 8 3 290 2016 48 94 80 33 70 11 13 9 355 2017 55 90 75 27 75 10 13 5 350 2018 32 101 74 36 79 10 12 8 352 診療内容 診断 皮膚腫瘍の確定診断には病理組織検査が必要ですが、その前段階の鑑別診断にはダーモスコピーと呼ばれる光学検査法を用いています。 これは皮膚の表面に特殊なスコープを直接当てて拡大観察する方法で、黒色調を呈するホクロ・イボなどの良性病変と悪性黒色腫・基底細胞がんといった皮膚がんとの鑑別に非常に有用です。 また、超音波診断装置(エコー)を外来に備えており、皮膚・皮下腫瘍やリンパ節の診断に役立てています。 治療 皮膚腫瘍の治療は手術療法が主体であり、その多くは切除のみで根治します。 局所麻酔で縫縮が可能な大きさであれば日帰り手術で十分ですが、切除後の欠損が大きくて植皮や皮弁を要する場合は1週間から10日程度の入院が必要となります。 悪性黒色腫をはじめとする皮膚がんでは、がん自体の確実な切除に加えてリンパ節の切除(リンパ節郭清)が必要な場合もあります。 以前は'疑わしきは罰する'の原則で予防的にリンパ節郭清を行っていましたが、最近の検査法の進歩により、入口に当たるリンパ節の転移の有無を調べることにより(センチネルリンパ節生検といいます)、不要なリンパ節郭清の省略が可能になっています。 病診連携 県内各地域の皮膚科診療所や病院皮膚科医との連携が緊密であり、日帰り手術等の治療を当院で受けられる遠方の患者さんには、通院の負担を減らしていただくために手術自体は当院で行い、その後の処置は地元の診療所でお願いする、といった形の病診連携を積極的に取り入れています。 皮膚科のがん• 外来診療 スタッフ•

次の