塩化 バリウム 化学式。 化学反応式一覧

イオン式一覧

塩化 バリウム 化学式

日本工業規格 JIS K 1414-1992 塩化バリウム Barium chloride BaCl2・2H2O FW : 244. 26 1. 適用範囲 この規格は,工業用の塩化バリウムについて規定する。 備考1. 化学名は,塩化バリウム二水和物である。 この規格の引用規格を,付表1に示す。 品質 塩化バリウムの品質は,4. によって試験したとき,表1のとおりとする。 5 以上 塩化ストロンチウム SrCl2・2H2O 1. 0 以下 水不溶分 0. 05 以下 鉄 Fe 0. 001 以下 よう素還元性物質(Sとして) 0. 001 以下 3. 試料採取方法 品質が同一とみなすことができる1ロットから,全体を代表するようランダムに,2 インクリメント以上を採取し,均質に混合したものを試料とする。 試験方法 4. 1 一般事項 一般事項は,次のとおりとする。 1 試験において共通する一般事項は,JIS K 0050による。 2 分析用ガラス器具は,JIS R 3503及びJIS R 3505に規定するものを用いる。 3 原子吸光分析法については,JIS K 0121の規定による。 4 分光光度計又は光電光度計については,JIS K 0115の規定による。 5 数値の丸め方は,JIS Z 8401による。 2 塩化バリウム 4. 1 試験方法の種類 塩化バリウムの試験方法は,次の2種類とし,そのいずれかによる。 1 重量法 2 EDTA滴定法 4. 別に4. 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 塩酸 2+1 JIS K 8180に規定する特級を用いて調製したもの。 2 硫酸 JIS K 8951に規定するもの。 3 硫酸 1+200 JIS K 8951に規定する硫酸を用いて調製したもの。 2(試薬溶液)に規定するもの。 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 0. 1mgのけたまではかれるもの。 2 ヒーター 電気,ガスなどを熱源にして加熱できるもの。 5 ろ紙 JIS P 3801に規定する5種C。 6 磁器るつぼ JIS R 1301に規定するB形20ml。 7 デシケーター 適宜な大きさで乾燥剤としてシリカゲル又は塩化カルシウムを入れたもの。 4 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約0. 6gを0. 1mgのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し,水約30mlに溶かした後ろ過 し,水で十分に洗う。 ろ液及び洗液を合わせ,水で液量を約100mlとする。 6 冷却後,その質量を0. 1mgのけたまではかり,るつぼの質量を減じて沈殿(硫酸バリウムと硫酸ス トロンチウムの合量)の質量を求める。 5 計算 塩化バリウムは,次の式によって算出する。 100 047. 1 1 944. 944 1: 塩化ストロンチウム1gに相当する硫酸ストロンチウム の量 g 1. 047: 硫酸バリウム1gに相当する塩化バリウムの量 g 3 K 1414-1992 4. 3 EDTA滴定法 1 要旨 試料を水に溶かし,pH値の調整を行った後,一定量のマグネシウム標準液を加えエリオクロム ブラックT指示薬を用いてEDTA溶液で滴定する。 別に4. 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 0. 5 3. 2 (0. 2 0. 5 4 (0. 3 アンモニア性塩化アンモニウム緩衝液 JIS K 8001の4. 2に規定するもの。 4 エリオクロムブラックT溶液 JIS K 8736に規定するエリオクロムブラックT0. 5gとJIS K 8201に 規定する塩化ヒドロキシルアンモニウム4. 5gにJIS K 8891に規定するメタノールを加えて100ml にするか,又はエリオクロムブラックT0. 2gをJIS K 8663に規定する2,2',2''-ニトリロトリエタ ノール15ml,メタノール5mlの順番に加える。 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 4. 2 3. 1 による。 2 全量フラスコ 250ml 3. 3 全量ピペット 25ml 4 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約2. 5gを0. 1mgのけたまではかり取り,ビーカー200mlに移し,これに水約50mlを加えて溶 解する。 2 全量フラスコ250mlに移し,水を標線まで加える。 3 この中から全量ピペットを用いて25mlをビーカー300mlに移し入れ,これに0. 4 指示薬の色の赤味が消えた点を終点とする。 5 計算 塩化バリウムは,次の式によって算出する。 256. 1 100 250 25 21 012. 012 21: 0. 256: 塩化ストロンチウム1gに相当する塩化バリウムの量 g 4. 3 塩化ストロンチウム 4 K 1414-1992 1 要旨 試料を水に溶かし,ストロンチウムの量を原子吸光分析装置を用いて標準添加法によって求め る。 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 ストロンチウム標準液 0. 3 2 (原子吸光法,炎光光度法用)に規定 する標準液 0. 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 1mgのけたまではかれるもの。 2 原子吸光分析装置 3. 3 ヒーター 4. 2 3. 2 による。 4 全量フラスコ 100ml,250ml 3. 5 メスピペット 25ml 3. 6 全量ピペット 5ml 4 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約5gを1mgのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し,これに水約100mlを加えて加熱 溶解する。 2 冷却後,全量フラスコ250mlに移し,水を標線まで加える。 3 この中から数個の全量フラスコ100mlに全量ピペットを用いてそれぞれ5ml 1 ずつ分取する。 この 全量フラスコにストロンチウム標準液 0. 4 原子吸光分析装置を用いて波長460. 7nmで吸光度を測定し,ストロンチウムの濃度と吸光度の関係 を示す検量線を作成する。 5 計算 塩化ストロンチウムは,次の式によって算出する。 100 221. 221: ストロンチウム1gに相当する塩化ストロンチウムの量 g 4. 4 水不溶分 1 要旨 試料を水に溶かしてろ過後,ろ過器上の残分から水不溶分を求める。 2 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 るつぼ形ガラスろ過器 1G4 2. 2 化学はかり 4. 2 3. 1 による。 3 乾燥器 4. 3 3. 3 による。 4 デシケーター 4. 2 3. 7 による。 3 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約10gを0. 01gのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し,水約100mlに溶かす。 2 この液を質量既知のるつぼ形ガラスろ過器を用いてろ過する。 5 K 1414-1992 3. 4 デシケーター中に入れ,放冷した後,その質量を0. 1mgのけたまではかり,るつぼ形ガラスろ過器 の質量を減じて水不溶分の質量とする。 4 計算 水不溶分は,次の式によって算出する。 5 鉄 4. 1 試験方法の種類 鉄の試験方法は,次の2種類とし,そのいずれかによる。 1 吸光光度法 2 原子吸光分析法 4. 2 吸光光度法 1 要旨 試料を水に溶かし,溶液中の鉄を塩化ヒドロキシルアンモニウム溶液によって還元し,1,10-フ ェナントロリン溶液を加えて生成する1,10-フェナントロリン鉄錯体の吸光度を測定して鉄を求める。 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 塩酸 2+1 JIS K 8180に規定する特級を用いて調製したもの。 2 硝酸 1+2 JIS K 8541に規定する硝酸を用いて調製したもの。 3 フェノールフタレイン溶液 JIS K 8001の4. 4(表7)(中和滴定用)に規定するもの。 4 アンモニア水 1+4 JIS K 8085に規定するアンモニア水を用いて調製したもの。 2に規定するもの。 6 酢酸 1+2 JIS K 8355に規定する酢酸を用いて調製したもの。 9 1, 10-フェナントロリン溶液 0. 2に規定するもの。 5mlを加えた後,水を 標線まで加えて調製したもの。 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 4. 2 3. 1 による。 2 光度計 光電光度計又は分光光度計。 3 pH計 JIS Z 8802の4. (pH計の種類及び形式)に規定する形式II。 4 全量フラスコ 50ml 3. 5 ヒーター 4. 2 3. 2 による。 6 メスピペット 2ml 4 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約10gを0. 01gのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し,水約40ml,塩酸 2+1 3ml及 び硝酸 1+2 0. 5mlを加えて約5分間煮沸した後,冷却する。 6 K 1414-1992 4. 2 pH計を用い,アンモニア水 1+4 を加えてpH値1〜2に調整する。 4 1,10-フェナントロリン溶液 0. 5 この溶液について光度計を用い,波長510nm付近の吸光度を測定する。 この場合,対照液は水とす る。 6 全操作にわたって空試験を行い 4. 5 で測定した吸光度を補正する。 7 鉄標準液 0. 3 〜 4. 5 によって操作し,鉄量と吸光度との関係を示す検量線を作成する。 5 計算 鉄は,次の式によって算出する。 3 原子吸光分析法 1 要旨 試料に塩酸,硝酸を加え,加熱溶解する。 液中の鉄をジエチルジチオカルバミン酸ナトリウム でキレート化し,これを4-メチル-2-ペンタノンで抽出する。 原子吸光分析装置を用いて吸光度を測定 し,鉄を求める。 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 塩酸 2+1 JIS K 8180に規定する特級を用いて調製したもの。 2 硝酸 1+2 JIS K 8541に規定する硝酸を用いて調製したもの。 3 メチルオレンジ溶液 JIS K 8001の4. 4(表7)に規定するもの。 4 アンモニア水 1+1 JIS K 8085に規定するアンモニア水を用いて調製したもの。 5 緩衝液 JIS K 8359に規定する酢酸アンモニウム約50g及びJIS K 8355に規定する酢酸約16mlを 水200mlに加え溶解し,pH値を5に調整したもの。 2に規定するもの。 8 4-メチル-2-ペンタノン JIS K 8903に規定するもの。 9 鉄標準溶液 0. 3 2 に規定するもの。 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 4. 2 3. 1 による。 2 原子吸光分析装置 3. 3 全量フラスコ 250ml 3. 4 全量ピペット 50ml 3. 5 メスピペット 1ml,2ml 4 操作 操作は,次のとおり行う。 7 K 1414-1992 4. 1 試料約5gを0. 01gのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し水約100mlと塩酸 2+1 5ml,硝 酸 1+2 1mlを加え,5分間煮沸し,放冷する。 2 全量フラスコ250mlに移し入れ,水を標線まで加える。 3 分液漏斗4本に全量ピペットを用いてそれぞれ50mlを分取し,鉄標準液 0. 5ml,1. 0ml及び2. 0ml添加する。 6 4-メチル-2-ペンタノンを全量ピペットを用いて5ml加え,1分間振り混ぜる。 7 約10分静置後,4-メチル-2-ペンタノン層を分液採取して直ちに原子吸光分析装置を用いて波長 248. 3nmの吸光度を測定する。 このときの対照液は,4-メチル-2-ペンタノンを用いる。 8 全操作にわたり空試験を行い, 4. 7 で測定した各吸光度を補正する。 9 鉄の量と吸光度との関係を示す検量線を作成する。 5 計算 検量線から鉄の量を求め,次の式によって算出する。 6 よう素還元性物質 1 要旨 試料を水に溶かし,でんぷん溶液を指示薬としてよう素溶液で滴定し,その消費量からよう素 還元性物質を求める。 2 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 でんぷん溶液 JIS K 8001の4. 4(表8)(沈殿滴定,酸化還元滴定,錯滴定用など)に規定するも の。 2 0. 5 24 (0. 3 装置及び器具 装置及び器具は,次のとおりとする。 1 化学はかり 0. 1gのけたまではかれるもの。 4 操作 操作は,次のとおり行う。 1 試料約20gを0. 1gのけたまではかり取り,ビーカー300mlに移し,水約100mlを加えて溶かす。 2 指示薬としてでんぷん溶液2mlを加え,0. 5 計算 よう素還元性物質は,次の式によって算出する。 100 3 160 000. 000 160 3: 0. 検査 検査は,4. によって試験し,表1に適合しなければならない。 表示 塩化バリウムの容器には,次の事項を表示しなければならない。

次の

硫酸バリウム

塩化 バリウム 化学式

化学式 分子をつくっている物質• 水素…H 2• 酸素…O 2• 窒素…N 2• 塩素…Cl 2• 水…H 2O• 二酸化炭素…CO 2• アンモニア…NH 3• 塩化水素…HCl• 硫酸…H 2SO 4• メタン…CH 4• エタノール…C 2H 5OH• 硫化水素…H 2S 分子をつくらない物質• カルシウム…Ca• ナトリウム…Na• マグネシウム…Mg• 鉄…Fe• 銅…Cu• 銀…Ag• 亜鉛…Zn• アルミニウム…Al• バリウム…Ba• 酸化銅…CuO• 酸化マグネシウム…MgO• 酸化銀…Ag 2O• 硫化鉄…FeS• 水酸化ナトリウム…NaOH• 塩化ナトリウム…NaCl• 炭酸水素ナトリウム…NaHCO 3• 炭酸ナトリウム…Na 2CO 3• 塩化銅…CuCl 2• 硫酸バリウム…BaSO 4• 水酸化バリウム…Ba OH 2 化学反応式• 水の電気分解• 塩化銅の分解• 水素と酸素の化合• 鉄と硫黄の化合• マグネシウムの燃焼• 塩酸と水酸化ナトリウムの中和• マグネシウムと塩酸の反応• 銅がさびる• 炭素の燃焼• 炭酸水素ナトリウムの加熱分解 解答•

次の

塩化バリウム

塩化 バリウム 化学式

の 塩化バリウム BaCl式の化合物です 2 それは無水および二水和型で存在する(BaCl 2・2H 2 O). それは、水溶性の無色の結晶から成り、可溶性の硫酸塩を沈殿させるための化学試薬として、熱処理浴や実験室で使用されています(Hanusa、2017)。. 図1塩化バリウムの構造 それは最も水溶性のバリウム塩の一つです。 他のバリウム塩と同様に、それは有毒であり、炎に黄緑色を与えます。 吸湿性もあります. 塩化バリウムの製造方法はいくつかありますが、そのうちの1つは炭酸バリウム中の塩酸の作用によるものです。 、2005)。. その外観は図2に示されています. 図2:塩化バリウムの外観 この化合物は、その無水物形態について208.23g / molの分子量、そしてその二水和形態について244.26の分子量を有する。. それは、無水形態については3.856g / ml、二水和形態については3.098g / mlの密度を有する。 塩化バリウムは水に非常に溶けやすく、35. 8グラムの化合物を100 mlの溶媒に溶かすことができます(Royal Society of Chemistry、2015). 近隣の塩化物はBrFと激しく反応することがある 3 およびその無水型の2-フランペルカルボン酸(CAMEO、2016). 反応性と危険性 塩化バリウムは非常に有毒で有毒です。 その摂取は臓器に損傷を与えます。 塩化バリウムは、カリウムイオンを選択的に透過する細胞膜の糖タンパク質を阻害する薬剤であるため、カリウムチャネルを遮断します。. 目にも深刻なダメージを与えます。 可燃性ではなく、他の化学物質と反応しません(国立労働安全衛生研究所(NIOSH)、2015年)。. 目に入った場合は、コンタクトレンズを着用しているかどうかを確認して、すぐに取り外してください。 まぶたを開いたままにして、眼を流水で少なくとも15分間すすぐべきです。 冷たい水を使うことができます。 軟膏は目には使用しないでください. 化学物質が衣服と接触した場合は、自分の手と体を保護してできるだけ早くそれを取り除いてください。. 犠牲者を安全シャワーの下に置きます。 手のような被害者の露出した皮膚に化学物質が蓄積した場合は、流水と研磨剤の入っていない石鹸で汚染された皮膚を優しく慎重に洗ってください。. 冷たい水を使うことができます。 刺激が続く場合は、医師の診察を受けてください。 再使用する前に汚染された衣類を洗う. 皮膚との接触が深刻な場合は、消毒石鹸で洗い、抗菌クリームで汚れた皮膚を覆ってください。. 吸入の場合、被害者は換気の良い場所で休憩することを許可されるべきです。 吸入がひどい場合は、被害者をできるだけ早く安全な場所に避難させてください。. シャツの襟、ベルト、ネクタイなどの衣類の締め付けを緩めます。 被害者が呼吸が困難であると感じた場合は、酸素を投与する必要があります。 犠牲者が呼吸していない場合は、口対口蘇生術が行われる. 吸入した物質が有毒、感染性または腐食性である場合、口から口への蘇生を行うのを助ける人が危険をもたらす可能性があることを常に考慮に入れて. 摂取した場合、嘔吐は被害者が意識している場合にのみ誘発されるべきです。 シャツの襟、ベルト、ネクタイなどのゆったりとした服はゆるめてください。 犠牲者が呼吸をしていない場合は、口対口蘇生を実施する. どのような場合でも、直ちに医師の診察を受けてください. 塩化バリウムは、特に水生生物にとって環境に有害な物質であるため、確立された基準と規制に従って取り扱われ、廃棄されなければならない(化学物質等安全データシート塩化バリウム二水和物、2013年). 用途 塩化バリウム二水和物は廃水の処理、PVC安定剤、オイル潤滑剤、バリウムクロメートおよびフッ化バリウムの製造に使用されます。. 安価で可溶性のバリウム塩として、塩化バリウムは実験室で広い用途があります。 硫酸イオンのテストとして一般的に使用されています. 工業的には、塩化バリウムは主に苛性塩素プラントにおけるブライン溶液の精製に、そして熱処理塩の製造、鋼の硬化、顔料製造およびその他の塩の製造に使用されている。 バリウム. 花火でも明るい緑色を出すのに使われます。 しかしながら、その毒性はその適用性を制限する(Solvay、S.F。 塩化バリウムは以前に完全な心臓ブロックの治療の医学で使用されていました。 通常の服用量は1日に3〜4回30mg、または約1. その薬物の使用は、主にその毒性のために放棄された。 以前はストークス - アダムス攻撃の対症療法に使用されていました。 今この治療法は時代遅れです。 放射性化合物は実験的骨探索薬として使用されます. 獣医学では、塩化バリウムがウマの着床の治療に使用されてきました。 0.5gの静脈内注射は徹底的なパージを生じる。 致命的な心臓ブロックを生じる危険性が高いため、その使用はお勧めできません(米国国立医学図書館、2012)。. 参考文献• (2016年). 塩化バリウム. cameochemicalsから得られたもの:cameochemicals. noaa. gov. EMBL-EBI (2015年6月24日). 塩化バリウム. ChEBIからの引用:ebi. Hanusa、T. (2017年2月22日). バリウム(Ba). ブリタニカから撮影:britannica. com. 化学物質等安全データシート塩化バリウム二水和物. (2013年5月21日)。 sciencelabから取得しました:sciencelab. com. 国立バイオテクノロジー情報センター(2005年3月26日). PubChem化合物データベース。 PubChemからの引用:pubchem. ncbi. nlm. nih. gov. 化学の王立協会。 (2015年). 塩化バリウム. chemspiderから撮影したもの:chemspider. com. 塩化バリウム. ソルベイから取得しました:solvay. com. 労働安全衛生研究所(NIOSH)。 (2015年7月22日). 塩化バリウム. cdc. govから得られたもの:cdc. gov. アメリカ国立医学図書館。 (2012年5月3日). 塩化バリウム. toxnetから取られる:toxnet. nlm. nih. gov.

次の