プロテイン 寝る 前。 プロテイン摂取のタイミングは「寝る前と朝」が効果的な理由

筋トレの効果を最大限に引き出したい人は必見!寝る前に飲めば筋肉が増えるカゼインプロテイン!

プロテイン 寝る 前

本日はプロテインを夜中に、寝る前に飲むと効果的?それについてお話ししたいと思います。 さて、プロテインといえばただのタンパク質ですから、一度に大量に飲むことがない限り体にとってそんなにデメリットもありませんから分割して飲んでいるならいつ飲んでもいい。 そんな風に思えます。 私たちトレーニーからすればプロテインなどのサプリメントは筋肉増強が一番の目的でしょう。 他には体力増進、健康維持といったところでしょうか。 美容家、健康オタクもプロテインは飲んでいる人は結構います。 やはり、プロテインは細胞を作るものですから、基本です。 免疫細胞、体内酵素なども原材料はアミノ酸です。 だから本質的に考えるとまずはここなのです。 そのうえでいろいろなサプリメントを摂取することで効果が発揮されるのではないか? 僕は経験上そんな風に思っています。 そのプロテインなんですが先ほどはタイミングはいつでもよいといいましたけど、「夜飲んだほうがいい。 」と見解する人もいます。 また、私の通うジムのインストラクターもそのようにいいます。 その理由についてお話ししますね。 夜眠る前にプロテインを飲むことで得られる効果とは? 眠る前にプロテインを飲んだほうが良いとアドバイスするトレーナーも多いと思います。 実際のところはケースバイケースだと思いますが、確かに夜飲めば大きな効果は期待できるのではないかと思います。 その理由についてまとめてみました。 1.血中のアミノ酸濃度を保つ 眠る時間というのは人によって異なるでしょう。 最近は4時間も寝ていない気がします。 一方で10時間以上眠らないと活動に支障をきたしてしまうなど。 ここは睡眠の方法によって短時間になるか?長時間になるか?変わってきます。 ただ、言えることは寝ている間というのは何も食べないので空腹を強いられることになります。 寝ているからお腹が減っているかどうなのかはわかりません。 睡眠ダイエットなんてものがあって寝ている間は空腹を感じないことを利用して食事の摂取量を抑えるなどあります。 だけど、わからないだけで実際は体の中で起こっているのは筋肉を分解して糖に変えたり、血中のアミノ酸濃度を整えたりしているのです。 つまりは、夕食を終えてから10時間以上も何も食べない時間が続くので、「筋肉の成長」という意味ではあまりよろしくないのです。 そこで、睡眠の前にプロテインやアミノ酸サプリメントを摂取しておくことで筋肉の分解を抑えることができる仕組みです。 この時間帯はゴールデンタイムといわれています。 美容を意識されている人も肌の新陳代謝を狙ってここに間に合うように就寝します。 人によってゴールデンタイムは変わってくるらしいです。 入眠後の3時間が一番熟睡度が高いノンレム睡眠の状態なのでここで一番成長ホルモンが分泌されるという考えです。 いずれにしろ、一定時間は寝ないといけませんし、熟睡することが重要なので眠りを浅くする行為はマイナスになるわけです。 この成長ホルモンは筋肉の成長にも関わってきます。 プロテインをここで摂取しておくと体の中がアナボリックな状態になりますので損傷された筋肉が再生しやすい環境を作ることができます。 3.新陳代謝が活発になるのは睡眠時 寝ている間って一見すると休んでいるだけで何もしていないように思われますよね?体重にもよりますが400kcalも消費するといわれているのです。 コップ一杯分の汗を流すというのはそういうことです。 人によってはそれ以上の汗を流すでしょう。 なぜ、これほどまでにカロリーを消費することができるのでしょうか?私たちは何もしなくてもある程度はカロリーは消費されます。 基礎代謝というのですが、血液は体中を流れている。 内臓も動きます。 皮膚も入れ替わります。 これが日常行われているので何もしなくてもある程度はカロリーは消費されます。 それが寝ている間は成長ホルモンの影響で活発になります。 休んでいてほかにエネルギーを使わないからここで集中して体の修復を行うのです。 筋肉だけではなく、活性酸素などにより傷つけられたDNAも寝ている間に修復されるといわれているのです。 ここでプロテインを摂取しておけばタンパク質が細胞の再生。 もちろん、筋肉の再生にも使われるので効果的なのです。 夜眠る前にプロテインを飲む上での注意点とは? 1.寝る直前はやめたほうがいい 夜寝る前というと「眠る直前」ととらえてしまう人がいますが、これはやめておいたほうがいいです。 なぜなら、胃の中にものが入っている状態で寝てしまいと、胃に血液が集中してし舞います。 その結果、本来眠るはずなのに胃腸は起きているときと同じく活発に動きます。 これにより熟睡ができないのです。 あなたも経験はあるのではないでしょうか?ご飯をたくさん食べた後に眠りに入る。 朝起きてみるとなんだか眠りが足りていない。 10時間も寝ているのに全然疲れが取れないとか。 これは胃にものが入っている状態で起きることです。 だから、眠りにつくなら胃の中を空っぽにしておく必要があるのです。 では、プロテインやサプリメントを飲むタイミングはいつが良いのでしょうか?眠る1時間ぐらい前に飲んでおくと丁度良く胃が整いますので睡眠を妨害しにくくなります。 2.眠る前にプロテインを飲むと太る? 一説によれば、眠る前にプロテインを飲むと太るのではないか?と言われています。 実際、私は栄養のセミナーに参加した際にそのようなことを言われました。 最低でも4時間空けて飲まないと太るとか。 もちろん、プロテインを一度に大量に飲むのではなく間隔を空けることはとても重要なポイントにはなります。 しかしながら、だからと言って眠る前に飲んではダメなのか?これについてははっきりと言えませんが、私自身よく眠る前に飲みます。 だけれども、それで体脂肪率が増加したとか、体重が増えたとか、そういった経験はありませんのでおそらくですがプロテインを寝る前に飲んでも太ることはないのではないだろうかと思います。 3.サプリメントを併用する 「眠る前」に限ったことではありませんが、サプリメントと併用して飲むことで吸収率を高めることができるのです。 たとえば、プロテインだけ飲むのと、マルチビタミンを併用して飲むのでは吸収率が異なります。 ここにフィッシュオイルなどもプラスしておくともっといいですね。 夜眠る前のプロテイン摂取まとめ いかがでしたか?本日は眠る前のプロテインと摂取についてお話ししました。 成長ホルモンの力を使うと同時に、丁度新陳代謝が盛んな頃なのでここでタンパク質を摂取することで筋肉の成長に大きく関係しているのです。 眠る前にプロテインを飲む目的としては筋肉細胞の再生、筋肉の分解を抑えることです。 そのため、長時間かけてゆっくりと吸収されていくソイプロテイン、カゼインプロテイン。 そして、短時間で吸収されるアミノ酸サプリメント。 これを組み合わせるとよいのではないかと思いました。 結局のところ、筋肉細胞の再生、あとは分解を抑えることが増強につながるので、必要があればぜひ眠る前にプロテインを飲んでみてください。

次の

イマドキ女子は寝る前のプロテインで美活!3つの効果とおすすめプロテイン|美容プロテインの教科書

プロテイン 寝る 前

2019年4月4日発売の雑誌『ターザン』の特集は「実は、カラダに悪いこと 2019」。 筋トレからダイエット、SEXまで、最新常識を特集した本誌より、選りすぐりをウェブでも紹介! 肝臓を休めないと、次回の筋トレの質が下がる。 筋肉を作るタンパク質はつねに分解と合成を繰り返す。 筋合成を促すシグナルは2つ。 タンパク質の多い食事と、運動である。 睡眠中は食事も運動もしないから、筋肉は分解優位になる。 寝ている間に筋肉が減るなんて我慢ならん!という熱血タイプには、眠る前に筋肉の原料となるタンパク質をプロテイン(牛乳などを精製したタンパク質サプリ)で補う人も少なくない。 果たしてそれはアリかナシか? 「タンパク質は分解と吸収に手間暇がかかり、内臓のなかでも肝臓と腎臓の負担になります。 肝臓も腎臓も四六時中働いていますから、寝ている間は休ませないとダメ」(栄養とサプリに詳しい、コンディショニングスペシャリストの桑原弘樹さん)。 とくに肝臓は運動のエネルギー代謝の要。 眠る前のプロテインで肝臓が休めないと次回の筋トレの質が下がる。 眠る前には消化吸収が終わるように、就寝時刻の2時間前までにタンパク質豊富な夕飯を摂ろう。 こちらもチェック! 関連記事:.

次の

寝る前のプロテイン 摂取は筋肥大を加速させるか、それとも太るか

プロテイン 寝る 前

プロテインを飲むのは夜寝る間が効果的な理由 成長ホルモンの影響 人は睡眠中に、たくさんの成長ホルモンが分泌されています。 成長ホルモンは脳下垂体から分泌され、体の機能をコントロールしたり筋肉の修復や増大をする働きをもっています。 このため、 睡眠中というのは筋肉を成長させるために非常に重要な時間になります。 成長ホルモンが大量に分泌されているときに、たんぱく質を補給すると、より筋肉量の増大効果が上がります。 筋肉の栄養の源であるたんぱく質は、成長ホルモンと合わさることで、より吸収力が高まるのです。 それゆえ、睡眠中の筋肉の修復や増大させる効果を最大限にするためには、 寝る前に充分な栄養補給をしておくことが重要になります。 肉や魚などの食事からたんぱく質を摂ることもできますが、寝る前に食べるのは大変ですよね?食事からだと消化に時間がかかるため、たんぱく質が体内に吸収されるのにも時間がかかります。 だからといって、睡眠中に食事を摂ることもできません。 プロテインだと、たんぱく質の体内への吸収時間も早いのです。 寝る前に飲むのに適したプロテインの種類は? プロテインには動物性のホエイプロテイン、カゼインプロテイン、植物性のソイプロテインの3種類があります。 ホエイプロテインは必須アミノ酸の含有率が高く、たんぱく質の吸収効率からいってもとても良質なものになります。 筋肥大にはもっとも適したプロテインといえるでしょう。 しかしホエイプロテインには、体内への吸収速度が速いという特徴があります。 睡眠中の成長ホルモンによる筋肉の修復や増大を、少しでも長い時間効果を上げたいのであれば、吸収速度の遅いプロテインを飲んだほうがいいです。 このため、 寝る前に飲むプロテインの選択肢としては、カゼインプロテインかソイプロテインが適しているといえます。 寝るどれくらい前に飲む? 睡眠中に大量に分泌される成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではありません。 分泌のピークは、睡眠直後の3時間になります。 このため、 寝てから3時間の間に、体内にたんぱく質が充分にある状態が、筋肉のために理想的になります。 プロテインは食事よりもたんぱく質を体内へ吸収する時間は早いですが、それでも飲んですぐにというわけにはいきません。 このため、 プロテインを飲むタイミングは、寝る30分~1時間前がいいでしょう。 しっかりと睡眠をとることは筋肉の成長だけでなく、脂肪の燃焼や食欲のコントロールにも繋がります。 夜寝る前にプロテインを飲んで、たっぷりと寝るようにしましょう。 プロテインを飲む量はどのくらい? どのくらいの量のプロテインを飲めばいいのかは、その人の運動量によって異なります。 運動量による1日に必要なたんぱく質の量の目安があります。 自分の体重1kgに対して、たんぱく質が何g必要かで考えるので参考にしてください。 特に運動をせずにふつうに生活している人は、体重1kgに対して約1g• ダイエット目的などで軽い運動をしている人は、体重1kgに対して約1. 5=90g」のたんぱく質が1日に必要になるということです。 3食の食事でもたんぱく質は摂取できていると思うので、不足分をプロテインで補うようにしましょう。 ただし、一度に飲んでいいプロテインの量には上限があります。 プロテインを飲んで一度に体に吸収できるたんぱく質の量は、20gが限度だといわれています。 これ以上飲んでも効果はないばかりか、肝臓や腎臓などに負担がかかるのでやめましょう。 夜寝る前にプロテインを飲むと太る? 夜寝る前にプロテインを飲むと太るという話がよくあります。 その真相はというと、これは誤った情報になります。 人が太ったり痩せたりというのは、あくまで1日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。 夜寝る前にプロテインを飲んで太ったという人は、単純に1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回っていただけです。 低カロリーであるとはいえ、プロテインにもカロリーがあるので注意しなければいけません。 ダイエット目的で痩せたいと思っている人は、1日の総摂取カロリーが消費カロリーを上回ることのないように気をつけましょう。 ここがきちんとクリアできていれば、夜寝る前にプロテインを飲んでも太ることはありません。 まとめ いかがでしたか? なぜ夜寝る前にプロテインを飲むのが効果的か、ご理解いただけたと思います。 あなたも寝る前にプロテインを飲んで、寝ている間にしっかりと筋肉を成長させてください。 こちらの記事もおすすめです。

次の